テニス 練習

ボレー

ネットプレーでハイボレーが安定しない人は、「高い位置でラケットをキャッチ」して打ち終わろう

ネットプレーの実力、それはハイボレーで図るのが一般的です。

なぜか?それは、ハイボレーが上手ければしっかりポイントを「締める」ことが出来るから。

逆にハイボレーが打てないと・・・もうそれは、悲惨なことになるのです。

どんなにチャンスを作って頭上にボールを呼び込んでも、ポイントを獲れない訳ですからね。

 

ネットプレーでハイボレーが安定しない人は、「高い位置でラケットをキャッチ」して打ち終わろう

 


 

■上で打って上で打ち終わる、のがハイボレーの基本!

今一度、基本を確認しましょう。

ハイボレーは簡単なようで、非常に難しい技術です。

ラケットを上に上げれば上げるほど、実はコントロールしたり真ん中に当てるのが難しいのがテニス。

上で打って「打ち下ろす」のではなく、上でパチンとはたいて「そのままの位置」にラケットを残すようにしましょう。

そこでキーワードになるのは、フォアボレーであればラケットを持っていない側の手、です。

 

■フォアハンドボレーが、ハイボレーは難しい

自由に打てる分、片手のフォアハンドボレーが難しいのがハイボレー。

ですが、反対の手、ラケットを持たない手を使えばバッチリです。

打った後に、すぐにラケットをその手でキャッチする。

つまり、打点に両方の手を近づけていくようなイメージで、しっかり準備しましょう。

片手のフォアボレーでも、準備するのは両手、の意識が大事です。

 

■ラケットを動かす幅は20cmくらいでちょうど良い

ハイボレー、はしっかり決めたい!と思うと力が入る。

力が入るとラケットの振り幅が大きくなっていくので、注意が必要です。

振る幅自体は、20cmくらいで全然OK。

「それだと、飛ばないしパワー不足じゃ・・・?」と思った方、打ってみて下さい。

両手でボールを挟み込むようなフォアハンドボレー、が打てれば充分にパンチの効いた良いボレーが打てるはずです。

 

今回はフォアハンドボレーについて書きましたが、バックハンドも同じです。

振り幅は小さく、コンパクトに。

男性の方は、反対の腕を後ろに引いて、横振りにならないように注意しましょう。

ハイボレーに自信が持てると、試合での組み立ても楽になる。

勝てるネットプレーに、仕上げていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

関連記事

  1. ボレー

    ボレーが軽いのは、打点が遠いから

    ただ当てて返すだけのボレーだと、試合で厳しくなる。でも強打し…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーで身体が開く人は、ラケットを持たない手のひらを使おう!

    ボレーを打つときに、安定感に欠ける人は考えて欲しい問題。きっと…

  3. ボレー

    テクニカルなアングルボレーも、狙いは常に身体の近くに

    試合の中で、相手がいない場所にアングルボレー!カッコイイですよ…

  4. ボレー

    「ネットにガン詰めしたボレー」とストロークのラリー練習、は試合を想定すると無意味です

    先日あるテニスコートで練習している風景を観て、感じた疑問。ボレ…

  5. ボレー

    ネットプレーでのラケットセットの位置は、「ネットから近くでは上、離れれば少し低め」、に構えると安定し…

    ネットプレー、ボレーと一言で言っても、テニスで求められる技術は様々です…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    こねればこねる程、ボレーは点でしか合わせられなくなる

    ボレーに安定感が無い人は、何を変えていけば良いのか。この問題は…

特集記事

  1. テニス 部活

    メンタル

    メンタルが強い人は「これを打てば大丈夫」、と思える人
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合において、「ダブルスでペアの連携力を高める」ことができるオンコートで…
  3. テニス 練習

    ボレー

    なぜ、上級者のドロップボレーは触れないのか?
  4. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「相手が前に出てきても慌てない」パッシングショットを打つため…
  5. シングルス

    「ただ粘るだけじゃ、試合に勝てない!」相手からミスを誘うシングルスの試合での粘り…
PAGE TOP