テニス 練習

リターン

緩くて深いリターンは、シングルスの試合で効果的

実は、怖いようで有効な攻撃。

シングルスの試合で、ぜひ試して欲しいリターンがあります。

一見、攻撃されそうですが・・・実はそうでも無い。

相手のミスを誘いながら、リターンミスを減らせる。

私たちのレベルの試合でも、充分に活躍してくれると思いますよ。

 

緩くて深いリターンは、シングルスの試合で効果的

 

1.やり方は簡単!

深く、山なりに、ポワーンとリターンしてみる。

狙わなくても、速いサーブをスライスでリターンするとこうなりますよね。

この次、相手はどう打って来るでしょうか?

強打してくる?サイドの厳しい箇所を狙って来る?

きっと、両方共入る確率は少ないと思うんです。

なぜなら、センターの深い場所からは攻撃が難しい、のがテニス。

嬉しいことに、これを知らない人がとっても多いんですよね。

 

2.自信たっぷりに打つけど、実はハイリスクローリターン

私は、こうだと思います。

浅くなったら、危ないですけど。

センターの深い位置、から強打してもらっても、全然怖くない。

それに、厳しい場所を狙ってミスしてくれる可能性も高いし、角度が付かないので走らされる心配も無い。

例え、走らされても大丈夫。

きっと、アナタ自身に攻撃のチャンス、が訪れるでしょう。

 

3.テニスは、実はカウンター側の選手が戦いやすい

私は、シングルスの試合は特にそうだと思います。

結構、先に展開して相手を走らせた方が、逆に反撃されてしまうケース、ありますよね。

走りながら、実はテニスは攻撃しやすい。

今回のように、相手がセンター深くにいて、自分がサイドに走る、ような場面をイメージしてみて下さい。

追い付くことが出来れば、クロス方向にも打てるしダウンザラインも有効。

相手はセンター深く、にいるだけ。

一球の攻撃をしっかり返球出来れば、ラリーの主導権は必ず握れるはずです。

 

4.「攻撃しないといけない!」と、相手に思わせよう

この作戦のコツは、これです。

力無いリターン、のように見せて、相手に攻撃を促す。

そして、それにしっかり対応する。

これだけで、かなりの確率でアナタはポイントの主導権を握れるはずですよ。

攻撃しないといけない、という焦りが、きっとミスを生む。

そして攻撃した、サイドに展開したとしても、待ち構えて逆襲する。

緩く深い、山なりなリターンは本当に有効です。

 

これも、実は全豪オープンの男子シングルス決勝の試合からヒントを得てみました。

チリッチ選手、このミスが多かったですよね。

フェデラー選手のスライスが切れている、のもあると思いますが、センター深くからの強打は難しい。

それを実証してくれた試合、だと思います。

私たちも、参考にしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. リターン

    セカンドサーブにプレッシャーをかける方法5つ

    試合の中で、相手にプレッシャーをかける。これは勝ちたいなら、…

  2. テニス ストローク
  3. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で相手から「ダブルフォルトをもらう」リターンのときの秘策とは?

    正直なところ、試合の中で「このポイント、ダブってくれないかな・・・」と…

  4. テニス リターン

    リターン

    「左利きのサーブが苦手…」な人に贈る、すぐできるリターン意識改革術

    「左利きのサーブにやられた!」そんな経験、ありませんか?でも後…

  5. テニス スライス

    リターン

    「速いサーブを打ち返せ」ビッグサーブ相手にしたときのテニスの試合で必要なリズム感

    200キロのサーブを受けたことがある?俺の場合、正式に計ったサ…

  6. テニス フットワーク

    リターン

    ダブルスの試合でリターンのコースをギリギリまで隠して打ち分ける、ある裏ワザを考えてみた

    ダブルスの試合、リターン。目の前にはまず、相手の前衛がいる。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. メンタル

    「自分の弱さを知らない」選手は、いつまで経っても強いテニス選手にはなれない
  2. テニス ストローク

    シングルス

    バックハンドは「クロスに振り切る!」と決めておくだけで、シングルスの試合は楽に戦…
  3. テニス メンタル

    戦術

    他人の土俵で戦わないことは、逃げでは決して無い
  4. テニス メンタル

    戦術

    準備する戦術が、アナタ自身の勝手な願望になってはいないか?
  5. テニス メンタル

    メンタル

    相手のダブルフォルトを期待する、のは応援に任せましょう
PAGE TOP