テニス 練習

リターン

緩くて深いリターンは、シングルスの試合で効果的

実は、怖いようで有効な攻撃。

シングルスの試合で、ぜひ試して欲しいリターンがあります。

一見、攻撃されそうですが・・・実はそうでも無い。

相手のミスを誘いながら、リターンミスを減らせる。

私たちのレベルの試合でも、充分に活躍してくれると思いますよ。

 

緩くて深いリターンは、シングルスの試合で効果的

 

1.やり方は簡単!

深く、山なりに、ポワーンとリターンしてみる。

狙わなくても、速いサーブをスライスでリターンするとこうなりますよね。

この次、相手はどう打って来るでしょうか?

強打してくる?サイドの厳しい箇所を狙って来る?

きっと、両方共入る確率は少ないと思うんです。

なぜなら、センターの深い場所からは攻撃が難しい、のがテニス。

嬉しいことに、これを知らない人がとっても多いんですよね。

 

2.自信たっぷりに打つけど、実はハイリスクローリターン

私は、こうだと思います。

浅くなったら、危ないですけど。

センターの深い位置、から強打してもらっても、全然怖くない。

それに、厳しい場所を狙ってミスしてくれる可能性も高いし、角度が付かないので走らされる心配も無い。

例え、走らされても大丈夫。

きっと、アナタ自身に攻撃のチャンス、が訪れるでしょう。

 

3.テニスは、実はカウンター側の選手が戦いやすい

私は、シングルスの試合は特にそうだと思います。

結構、先に展開して相手を走らせた方が、逆に反撃されてしまうケース、ありますよね。

走りながら、実はテニスは攻撃しやすい。

今回のように、相手がセンター深くにいて、自分がサイドに走る、ような場面をイメージしてみて下さい。

追い付くことが出来れば、クロス方向にも打てるしダウンザラインも有効。

相手はセンター深く、にいるだけ。

一球の攻撃をしっかり返球出来れば、ラリーの主導権は必ず握れるはずです。

 

4.「攻撃しないといけない!」と、相手に思わせよう

この作戦のコツは、これです。

力無いリターン、のように見せて、相手に攻撃を促す。

そして、それにしっかり対応する。

これだけで、かなりの確率でアナタはポイントの主導権を握れるはずですよ。

攻撃しないといけない、という焦りが、きっとミスを生む。

そして攻撃した、サイドに展開したとしても、待ち構えて逆襲する。

緩く深い、山なりなリターンは本当に有効です。

 

これも、実は全豪オープンの男子シングルス決勝の試合からヒントを得てみました。

チリッチ選手、このミスが多かったですよね。

フェデラー選手のスライスが切れている、のもあると思いますが、センター深くからの強打は難しい。

それを実証してくれた試合、だと思います。

私たちも、参考にしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    「ダブルスでリターンのサイドはどうやって決める?」参考にしたいテニスの試合巧者の考え方

    皆さんは、ダブルスで得意なサイドはありますか?組むペアによって…

  2. リターン

    相手がトスを上げた瞬間、はポジションチェンジのチャンス!

    アナタ自身が、リターンのときに。このチャンスタイムを使わない手…

  3. リターン

    リターンの時に「動いた前衛」が目に入っても、やることは変わらない

    ダブルスの試合の中で、リターンのその瞬間。相手の前衛が動いてき…

  4. テニス リターン

    リターン

    シンプルな方法で動体視力を高めて「リターン最強軍団」を、一緒に作りませんか?

    リターンを苦手にしていると、試合自体が嫌になる。早いサーブが苦…

  5. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合の現場では、「振り遅れてエース」になった時こそ堂々としていよう

    「やばっ!」と思ったら、良いところに入った。リターンとか、結構…

  6. テニス フットワーク

    リターン

    ミックスダブルスは、「女性がリターンをストレートに打てるだけ」で勝率は上がる

    ミックスダブルスの試合、今日私自身もプレーしてきました。何度か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「自分が対戦相手より格上か、格下か?」を測るには、セカンドサーブが良い基準になる…
  2. テニス 練習

    戦術

    自分の形を作るとは、戻れる型を作るということ
  3. ダブルス

    テニススクールでは教えてくれない、男子ダブルスの最前線
  4. テニス ストローク

    戦術

    「コイツは、いつ試合しても変わって無いな」と思われた時点で、アナタの負けです
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    模倣に模倣を繰り返した人にこそ、強いオリジナリティは宿り始める
PAGE TOP