テニス リターン

ボレー

アプローチショット、「ボレーのフィニッシュイメージも持って」前に出よう

テニスの試合で、ネットに出ていくプレー、大事ですよね。

何度も推奨して来ましたが、実際に「前に出て、どんなプレーをするの?」というところまで、早くイメージ出来ているかどうか。

これって結構、大事なのに見落とされやすいポイントです。

アプローチショットの構えた段階、が肝ですね。

 

アプローチショット、「ボレーのフィニッシュイメージも持って」前に出よう

 


 

1.アプローチのテイクバック、でネットプレーのイメージを!

早く、とはこれくらい早くです。

浅いボールを打つ、アプローチショットのテイクバック時に、しっかりネットプレーもイメージする。

なぜなら、アプローチのコースとその後のネットプレーはセット、ですからね。

アプローチのコースをイメージ出来たら、同時に次のボレーまでイメージする。

この癖が付くと、テニスのプレーにすごく連動性が出て来ます。

上手い選手って、プレーが続いていく、連動していく。

その練習には、アプローチショットからのネットプレー、を磨くのが一番効果的です。

 

2.アプローチショットを打った方向に詰めて、空きスペースにボレーが基本

アプローチショットで、相手をどこに動かすのか。

そして動いた場所から打って来るショットを、ボレーでどこに返球するのか。

難しく考える必要はありません。

基本的には相手を動かして、空いたスペースにボレーしていくだけ。

打った方向にしっかり詰めて、ボレーを打つ軌道までイメージする。

何度も繰り返し、反復練習することで脳に刻まれていくでしょう。

特にシングルスのプレーでは、こうやって迷いを無くすことが大事です。

 

3.やることの「型」を決めれば、試合でも怖く無い

ビビッてしまう、不安になってしまう人は、「型」が無いから。

何度も試合で使えば、自分なりに型が見えてくるしパターンが分かって来る。

そうなれば、もう試合で緊張することも無いでしょう。

「あ、浅いボールだね、いつも通りにはい、こんな感じでボレーまでいこう・・・」という感じで、落ち着いて頭の中で整理出来る。

上手い選手も、実はやってることって毎回一緒だったりする。

アプローチからネットプレーまで、テイクバック時にイメージして実行出来るようにしていきましょう!

 

型が出来れば、それで応用が効く。

型が無いと、ずっとバタバタしたまま。

「まず、技術が足りない・・・」という方ほど、意識を変えて実践していきましょう。

早くイメージ出来れば、そこに技術が伴って来ますからね。

ぜひ、練習から皆さんでやってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス 戦術

    ボレー

    試合で効果的な、「サービスラインより深いボレー」を安定させる5つのコツ

    ボレーを深く、安定させること。もしかしたら、今のアナタにとって…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰める勇気を持った人だけが、本物のアングルボレーが打てる

    アングルボレー、特にダブルスでは求められるテクニックです。テニ…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    相手が打つ度に、「毎回蓋を開けてビックリ」の前衛だと、そりゃ勝てないですよ

    ダブルスの試合、前衛で「落ち着いている人」いますよね。すごく上…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでのボールとの距離感、どっちの足基準?

    ネットプレーでバシッと良いボレーを打つ。これ、上手い人のボレ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    相手のスライスは、全てポーチチャンス!

    ダブルスの試合、皆さんもっと、チャンスに貪欲にならないと。相手…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    ハイボレーをしっかり決めるには、〇〇を意識すれば大丈夫!

    ハイボレーが、チャンスで決まらない。ダブルスで、これは大きな問…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ダブルス

    「ダブルスペアとのポイント間の話し合い」って、実際の試合でどうやってますか?
  2. テニス メンタル

    その他

    「強い選手になりたければ、強い選手と一緒に過ごす時間を作る」ことがテニス選手にと…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルス並行陣を検討中のアナタへ」テニスの試合で強みを発揮するのはディフェンス…
  4. テニス ストローク

    テニススクール

    試合後に結果をコーチに報告するときには、「なぜなら」という言葉を前に付け加える癖…
  5. テニス スライス

    ストローク

    横に走ってストローク、を少し膨らませたフットワークにして攻撃的に
PAGE TOP