テニス ダブルス

スマッシュ

センターロブは早めの声掛けで、スマッシュチャンスを逃さない!

ダブルスで2人がネットに付く並行陣でプレーをしていると、2人の間に上がるセンターロブの対応が必要になります。

ここで穴を見せてしまうと、相手は厳しいときにはセンターロブ、で逃げて反撃を狙ってきます。

しっかり準備して、鉄壁のダブルスを見せ付けましょう!

 

センターロブは早めの声掛けで、スマッシュチャンスを逃さない!

 


 

■打ちやすい側が打つ、またはスマッシュ自体得意な側が打つを決めておく

ハッキリ担当を分けておくのも手です。

スマッシュに得手不得手があるのであれば、片方のペアに任せてしまう。

または「フォア側」に位置する選手が打つ、という作戦を決めておきましょう。

迷いを無くすことが、一番の成功の基です。

 

■「お願い!」は極力発したくない言葉

ロブが上がって、「お願い!」と叫んでいるペアは強くありません。

相手も楽。

だからこそ、この言葉を発さないような準備をしたい。

「ハイ!」という言葉を、打つ担当の選手が発すると良い雰囲気になって試合を進められます。

 

■譲り合いは一番NG、相手を精神的に楽にさせる

譲り合いが最もNG。

テニスにおいてセンターが弱いダブルスは、相手にとって本当にやりやすいのです。

メンタル的にもダメージが大きいですよね。

その為にも、ハッキリと決断して片方の選手が打つ、もう片方の選手は次のボールに備える、という形を作りましょう。

特にセンターロブは2人が近い場所にいることになるので、スマッシュの邪魔をしないように前にいる選手はしっかり低い態勢になる。

これができていないと、打つコースが絞られてミスに繋がります。

 

センターロブのスマッシュは、本来コースを狙い辛い。

つまりは、まだまだラリーがつながっていくということ。

これを覚悟して、スマッシュを打っていないペアの選手が、いかに相手にチャージできるか。

傍観していては、すぐに反撃を喰らいます。

センターロブはチャンスでもあり、ピンチでもあるという認識を持ってプレーしましょう!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュの基本、右利きの人はすぐ左手を上げる!」は、状況によって使い分けることで守備範囲が拡がる…

    スマッシュの基本でまず大事なのは、ラケットを持っていない腕を上げること…

  2. スマッシュ

    「とにかく決定力のあるスマッシュが打ちたい!」なら身に付けたい腕と手首の返し方

    テニスを始めた頃、硬式でも軟式でもまずは「スマッシュ」に憧れた人は多い…

  3. テニス ボレー

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人は、無理やりにでも自分に余裕を作ってみよう

    試合でスマッシュが入らない、大事なところでミスをする。もう、こ…

  4. テニス ボレー
  5. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    右利きの方のスマッシュは、ラケット右上で打ち終わるから安定感が出てパンチも生まれる

    イメージは、バドミントンです!テニスのスマッシュって、結構力が…

  6. スマッシュ

    「ダブルスのスマッシュ、打っていない方は何してる?」細かい意識の差が、ダブルスの実力差です

    ダブルスのペアでスマッシュが強い、という印象はどういう時に抱きますか?…

特集記事

  1. その他

    テニスの試合前に、「相手のテニスウェアの色から、性格やプレースタイルを推測してみ…
  2. テニス ポジショニング

    ロブ

    ポイント前に、「女性の上に上げられたロブは、どうするのか?」を決めておくのがミッ…
  3. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、「弱い側から動く」ことが出来ないから勝てないんです
  4. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュはコース勝負!のために必要な、「打つコースを見ないで振り切る」練習は大…
  5. テニス 気付き

    メンタル

    テニス選手として、「普通であろうとする自分」に危機感はあるか?
PAGE TOP