テニス メンタル

ダブルス

試合中にミスを続けるダブルスペアに、「どういう言葉をかけることが出来るのか?」を考えよう

ダブルスの試合、ペアのミスがどうにも止まらない。

そんなときに、アナタはどんな言葉をかけることが出来ますか?

「変なこと言って、余計に調子を悪くさせたらどうしよう・・・」と思って、つい「ドンマイ!」みたいな言葉に終始しがちですよね。

それも悪くないのかも知れませんが、私なら何かひと工夫したい。

組みなれたペアでも、初めて組むペアでも、実は大事な要素って共通していると思います。

 

試合中にミスを続けるダブルスペアに、「どういう言葉をかけることが出来るのか?」を考えよう

 


 

■「うちらって、どういう試合したかったんだっけ?」という問いかけ

これは自分自身にも向けて、という自戒を込めて。

ペアが簡単なミスを繰り返す、ようなときにはまずこの確認から行っていく。

試合前に、話していたような内容と何が違うのか。

調子が悪いなら、それなりのテニスが出来るんじゃないの?という確認を行います。

全ては、目の前のポイントを獲って試合に勝つため。

ペアへの声掛けは、その確認が第一です。

 

■「ドンマイ!」って、より相手を緊張させる言葉かも・・・

私はあまり、「ドンマイ!」という言葉は使わないようにしています。

Don’t mind 心配するな!みたいな意味合いって、抽象的だしポイントを忘れさせようとしているだけ。

それよりは、「今の失敗をどう活かすか?」が大事です。

失ったポイントは、もう戻ってこない、活かすしか無いのです。

例えばフォアハンドの強打でミスしたなら、相手は「またミスさせよう・・・」と狙ってくるかも知れない。

そんなときにペアのアナタが、「多分相手はまたフォア、狙ってくると思うよ」と冷静に伝えてみる。

小さいきっかけが、調子を取り戻すきっかけになるかも知れません。

 

■いかに「冷静さ」を取り戻させて試合に集中させることが出来るか

どんな声掛けが有効か、を考えるときには、「結果的にどう導きたいか?」を意識したい。

私は、調子が上がらないペアに対してはとにかく冷静になって、相手に関心を置いて試合に入ってきてもらうように意識します。

調子が悪くて自分のことで頭がいっぱいになっているペアには、「今日の相手、大したことないよ」みたいなハッタリもかます。

すごく強い相手でも、「弱点見つけたんだけどさ、多分バックのリターンはずっとロブだよ」とか、ちょっとしたことを大げさに言ってみる。

そうすると、意識が対戦相手に向いて冷静になれる、なんてこともありました。

一つの手段ではありますが、自分のことでいっぱいいっぱいになっているペアには、早く戻ってきてもらいましょう。

 

試合が始まってみて、「ペアの調子が悪い」なんてことは、よくあること。

逆に自分自身でもそうですよね。

全てはアナタの想定内、にしないと試合では勝ち抜けない。

泥臭くても試合で勝ちを拾っていく、ために手段を選んではいられない。

色々試してみながら、せっかくのダブルスですから声掛け一つで雰囲気を良くしていける、そんな選手になりたいですよね。

アナタ自身、ちょっと考えてみるきっかけになると、嬉しいです!

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    なぜおじさん、おばさんのダブルスは並行陣主体なのか?

    テニスの面白いところって、年代で垣根なく試合が出来る、勝負出来るという…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ポジションを上手く移動出来れば、相手は勝手に自滅してくれる

    色々なスポーツには、「フェイント」という技術がある。サッカーや…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ドロップボレーが上手い並行陣プレイヤーは、強引に4アップの陣形に持ち込めば良い

    サーブ&ボレー、の相手に足元に沈めても・・・「ポトッ」と前に落とされて…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合、「ダブルスペアの力で試合に勝つ」為に必要な練習方法と考え方について

    今回アンケートを頂いた皆さんの中で、「ダブルスのペアで勝つ為に、どんな…

  5. ダブルス

    ダブルスの試合、セカンドサーブこそポーチチャンス

    普通に考えると、ピンチな状況。こういう場面にこそ、実はテニスで…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    並行陣でサーブ&ボレー、早めにファーストボレーをストレートに流しておこう

    ダブルスの並行陣、レベルに限らず意識して欲しいこと。実は、並行…

特集記事

  1. リターン

    リターンはボレー、で意識改革を
  2. メンタル

    空気を読んで、それを壊せる人が試合でも強い
  3. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で勝ち抜くには思い切って踏み込んで、「逆クロスのフォアハンドリターン…
  4. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュはコース勝負!のために必要な、「打つコースを見ないで振り切る」練習は大…
  5. 戦術

    窮地の中に、未来はある
PAGE TOP