テニス 攻撃

ボレー

浮いたボールこそ、肩を入れたボレーで入って打てば効果的!

ボレーを打つ時に、意識したいこと。

試合の中で、前に詰めてハイボレーの時にはしっかりコレ、出来ていますか?

速いボールなら余裕が無いので、自然にシンプルなボレーになる。

でも、つい余裕があると・・・人は余計なことばかり、してしまうものです。

 

浮いたボールこそ、肩を入れたボレーで入って打てば効果的!

 


 

1.前に詰めるボレー、しっかり打てる?

みなさん、意外と怪しくないですか?

前に詰めて、フワッと浮いたボールをしっかりハイボレーで打つ。

これが、意外とテニスでは難しいんですよ。

焦ってもダメ出し、待っていたらどんどん打点が低くなる。

しっかり足を動かして前に入りながら、意識したいのは肩の入れ方です。

ハッキリ、しっかり入れるとコースも隠せるのでお勧めです。

 

2.クロス、逆クロス、どっちでも打てる形で入ろう

ハイボレー、実際の試合ではどちらにでも打てるように。

相手の動きも視界に入れながら、最後に選択できるように自分で余裕を持っておく。

そのために、ハッキリと肩を入れて横向きで入るんです。

右利きの方のフォアボレーなら、左肩をボールにぶつけていくようなイメージ。

少し窮屈に感じますが、相手からすると打たれるコースが分からないので予測が出来ない。

実際のボールの威力以上に、ボレーを打たれたら追い込まれてしまう。

試合で使えるのは、こういうボレーです。

 

3.ラケットは頭の上にセットするだけ

余裕があっても、ラケットは引かない。

自分の頭の上、にセットするだけでOK。

しっかり、肘を身体の前にセットして、テイクバックしないように意識してみて下さい。

走り出したらすぐにセット、で最後に踏み込み足を合わせていく。

これだけで、シンプルなハイボレーの完成です。

 

4.ボールの下に入り過ぎないようにだけ、意識すること

つい、焦ってしまうとこうなります。

スマッシュでもそうなんですが、ボールの真下に入る感じになると、ハイボレーも上手く打てない。

最後、前に踏み込むスペースを残しておく、ことを意識してみましょう。

ボールが落ちて来る、ところに最後踏み込んで、顔より少し高い位置、で打てればベスト。

肩を入れて入る基本、意識して練習してみて下さい。

きっと、ハイボレーでコースの広がり、が見えてくるはずですよ。

 

遅いボール、ネット際こそ丁寧に。

チャンスを作って決める、場面でこそやることをハッキリさせておきたいですね。

ハイボレーで正面向き、ボールの下に入ってふかしてしまう人は、試合で勝つのは難しい。

前に詰めてハイボレー、攻撃的テニスの基本中の基本、ですからね。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    頭が突っ込んだボレーになったときには・・・?

    態勢を崩されても、しっかりボレーを返球する。低い打点でも、しっ…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    自分が思っている以上に、ボレーでは手首をこねている

    ボレーが上手い人は、本当にどこにでも打てるような雰囲気がある。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーで顔を残すことが出来れば、打てるコースは自然に拡がる

    試合で最後、ポイントを取る場面。これって、多い例としてはハイボ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    「下がりながらやっと届いたバックハンドハイボレー」から態勢を戻しつつ攻撃する、アングルの発想とは?

    バックハンドのハイボレーは、テニスで一番打つ時に力が入り辛い場所。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    バックハンドボレーを逆クロスに打つには、ラケットをグリップから出していくこと

    バックハンドボレーを逆クロス方向に打つ。聞くだけで、難しく感じ…

  6. テニス ポジショニング

    ボレー

    「伸びてくるスライス」のハイボレー、本当に難しい!

    簡単そうに見えて、難しいボール。テニスの試合では、たくさんあり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. 戦術

    踏み込んでのミス、はミスじゃない
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュでネットミスが多い人は、「ラケット面下半分」にボールが当たっている可能…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    定期的に「自分自身と対戦する」ことをイメージすると、テニスの成長は早くなる!
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負けた後に、またすぐ試合が入る・・・ときにメンタルを切り替える術5…
  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    出る杭は打たれるけど、出ない杭は腐っていく
PAGE TOP