テニス 攻撃

ボレー

浮いたボールこそ、肩を入れたボレーで入って打てば効果的!

ボレーを打つ時に、意識したいこと。

試合の中で、前に詰めてハイボレーの時にはしっかりコレ、出来ていますか?

速いボールなら余裕が無いので、自然にシンプルなボレーになる。

でも、つい余裕があると・・・人は余計なことばかり、してしまうものです。

 

浮いたボールこそ、肩を入れたボレーで入って打てば効果的!

 


 

1.前に詰めるボレー、しっかり打てる?

みなさん、意外と怪しくないですか?

前に詰めて、フワッと浮いたボールをしっかりハイボレーで打つ。

これが、意外とテニスでは難しいんですよ。

焦ってもダメ出し、待っていたらどんどん打点が低くなる。

しっかり足を動かして前に入りながら、意識したいのは肩の入れ方です。

ハッキリ、しっかり入れるとコースも隠せるのでお勧めです。

 

2.クロス、逆クロス、どっちでも打てる形で入ろう

ハイボレー、実際の試合ではどちらにでも打てるように。

相手の動きも視界に入れながら、最後に選択できるように自分で余裕を持っておく。

そのために、ハッキリと肩を入れて横向きで入るんです。

右利きの方のフォアボレーなら、左肩をボールにぶつけていくようなイメージ。

少し窮屈に感じますが、相手からすると打たれるコースが分からないので予測が出来ない。

実際のボールの威力以上に、ボレーを打たれたら追い込まれてしまう。

試合で使えるのは、こういうボレーです。

 

3.ラケットは頭の上にセットするだけ

余裕があっても、ラケットは引かない。

自分の頭の上、にセットするだけでOK。

しっかり、肘を身体の前にセットして、テイクバックしないように意識してみて下さい。

走り出したらすぐにセット、で最後に踏み込み足を合わせていく。

これだけで、シンプルなハイボレーの完成です。

 

4.ボールの下に入り過ぎないようにだけ、意識すること

つい、焦ってしまうとこうなります。

スマッシュでもそうなんですが、ボールの真下に入る感じになると、ハイボレーも上手く打てない。

最後、前に踏み込むスペースを残しておく、ことを意識してみましょう。

ボールが落ちて来る、ところに最後踏み込んで、顔より少し高い位置、で打てればベスト。

肩を入れて入る基本、意識して練習してみて下さい。

きっと、ハイボレーでコースの広がり、が見えてくるはずですよ。

 

遅いボール、ネット際こそ丁寧に。

チャンスを作って決める、場面でこそやることをハッキリさせておきたいですね。

ハイボレーで正面向き、ボールの下に入ってふかしてしまう人は、試合で勝つのは難しい。

前に詰めてハイボレー、攻撃的テニスの基本中の基本、ですからね。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーが上手そうな相手でも、「球速が遅いスライス」が打てれば泳がせてミスを誘える

    遅いボールは打ちやすい?きっとテニスをやっている人は、この答え…

  2. ボレー

    ポーチに出るタイミング、勘ではダメ

    ダブルスの試合。ポーチに出る場面。これをどうやって、決めてい…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの前衛は、「相手の視界に入って動く」から意味があることを再確認しよう!

    ダブルスの試合で、私が一番嫌だったこと。それは、「相手の前衛が…

  4. ボレー

    ボレーの基本中の基本、「ラケット面を上に向けてフォロースルー」を徹底すれば、試合でミスは激減します

    ネットプレーが苦手なプレイヤーの多くの共通点は、ラケット面が安定してい…

  5. テニス ロブ

    ボレー

    ボレー対ボレーのラリーになったら、バックボレーが主役!

    この意識、大事です。ボレー戦のようなラリーになったときに、自分…

  6. テニス ポジショニング

    ボレー

    バックボレーの方が、実は簡単です

    「とにかく、バックボレーが苦手なんです・・・」という、みなさん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    戦術

    リードしているその瞬間も、「相手だったら何を考えるか」を想像しよう
  2. テニス 客観視

    シングルス

    テニスのシングルスの試合、結局相手のどこをチェックすれば良い?
  3. ボレー

    練習慣れって、怖い
  4. テニス 粘り

    スマッシュ

    アウトミスを怖がっていたら、スマッシュは深く打てない
  5. テニス 仲良し

    メンタル

    恵まれた環境が、テニス選手としての知恵や執念を無くしていく
PAGE TOP