テニス 攻撃

ボレー

浮いたボールこそ、肩を入れたボレーで入って打てば効果的!

ボレーを打つ時に、意識したいこと。

試合の中で、前に詰めてハイボレーの時にはしっかりコレ、出来ていますか?

速いボールなら余裕が無いので、自然にシンプルなボレーになる。

でも、つい余裕があると・・・人は余計なことばかり、してしまうものです。

 

浮いたボールこそ、肩を入れたボレーで入って打てば効果的!

 


 

1.前に詰めるボレー、しっかり打てる?

みなさん、意外と怪しくないですか?

前に詰めて、フワッと浮いたボールをしっかりハイボレーで打つ。

これが、意外とテニスでは難しいんですよ。

焦ってもダメ出し、待っていたらどんどん打点が低くなる。

しっかり足を動かして前に入りながら、意識したいのは肩の入れ方です。

ハッキリ、しっかり入れるとコースも隠せるのでお勧めです。

 

2.クロス、逆クロス、どっちでも打てる形で入ろう

ハイボレー、実際の試合ではどちらにでも打てるように。

相手の動きも視界に入れながら、最後に選択できるように自分で余裕を持っておく。

そのために、ハッキリと肩を入れて横向きで入るんです。

右利きの方のフォアボレーなら、左肩をボールにぶつけていくようなイメージ。

少し窮屈に感じますが、相手からすると打たれるコースが分からないので予測が出来ない。

実際のボールの威力以上に、ボレーを打たれたら追い込まれてしまう。

試合で使えるのは、こういうボレーです。

 

3.ラケットは頭の上にセットするだけ

余裕があっても、ラケットは引かない。

自分の頭の上、にセットするだけでOK。

しっかり、肘を身体の前にセットして、テイクバックしないように意識してみて下さい。

走り出したらすぐにセット、で最後に踏み込み足を合わせていく。

これだけで、シンプルなハイボレーの完成です。

 

4.ボールの下に入り過ぎないようにだけ、意識すること

つい、焦ってしまうとこうなります。

スマッシュでもそうなんですが、ボールの真下に入る感じになると、ハイボレーも上手く打てない。

最後、前に踏み込むスペースを残しておく、ことを意識してみましょう。

ボールが落ちて来る、ところに最後踏み込んで、顔より少し高い位置、で打てればベスト。

肩を入れて入る基本、意識して練習してみて下さい。

きっと、ハイボレーでコースの広がり、が見えてくるはずですよ。

 

遅いボール、ネット際こそ丁寧に。

チャンスを作って決める、場面でこそやることをハッキリさせておきたいですね。

ハイボレーで正面向き、ボールの下に入ってふかしてしまう人は、試合で勝つのは難しい。

前に詰めてハイボレー、攻撃的テニスの基本中の基本、ですからね。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの駆け引きで必要な、「フェイントを入れて誘うプレー」では、戻ったときのバランス感が大事

    テニスでは、他のスポーツほど「フェイント」に対する意識が低い。…

  2. テニス リターン

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレーの基本はラケットヘッドを立てる」だけだと、低いボールの処理が難しい

    低い位置でのボレー、出来ることなら打ちたくないショットですよね。…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    「ロブじゃない!って思ったら・・・」ネットへのダッシュが求められるスポーツ

    ボレーは、攻撃としてかなり有効に使える。ストロークよりもポイン…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    テニスにおいて、「移動中の相手を、襲う」という発想、ありますか?

    テニスの試合、試合が上手い選手は決してボールは速くない。でも効…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    「下がりながらやっと届いたバックハンドハイボレー」から態勢を戻しつつ攻撃する、アングルの発想とは?

    バックハンドのハイボレーは、テニスで一番打つ時に力が入り辛い場所。…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーが上手く打てない人は、「外側から内側へ」ラケットを動かしてみよう

    ボレーが上手くコントロール出来ない方に、オススメしたいコツ。色々あ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    主語を変える、ということ
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    打点が後ろになってしまったスマッシュは、「絶対に振り切ってはいけない」ことを覚え…
  3. テニス スマッシュ

    戦術

    テニスの試合に勝つためには、「スタートダッシュが大原則」である
  4. テニス 戦術

    戦術

    試合で関節にサポーターを付けている人は、それなりの理由がある
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で格上シード選手と戦うときに、一番の強敵は間違いなく「自分自身」です…
PAGE TOP