テニス ポジショニング

ボレー

ハーフボレーに必要なコツは、思い切ってラケット面を下に向けてボールに被せること

「ハーフボレーが難しくて・・・」という声を、たくさんの方から頂きます。

意外と、ちゃんと練習したり考えたりする機会、無いんじゃないですかね?

でも、このハーフボレーが打てないとテニスでは「前後に動く」ようなポジショニングが難しい。

ワンバウンドなんだけど、ボレーのような感覚。

このショットが打てるようになると、テニスのプレーの幅は飛躍的に拡がるでしょう。

 

ハーフボレーに必要なコツは、思い切ってラケット面を下に向けてボールに被せること

 

1.ハーフボレーって、どんなボレー?

改めて、ハーフボレーってどんなボレーでしょう。

皆さんも何となく・・・は分かっているけど、という感じの方も多いと思います。

ハーフボレーは、ハーフバウンドのボレー。

ハーフを半分、だとすると、半分バウンドしている、というようなボール。

つまり、バウンドして直後、のボールをタターン!と打っていく、ライジングショトに近いショットですね。

難しい技術・・・ですよね。

でもコツを掴めば、きっと誰にでも打てるショットなんです!

 

2.思い切って、ラケット面を被せてみよう

このショット、まず難しいのが「ボールに勢いがある」点。

バウンド直後ですので、結構重たい感じで腕にくる。

だからこそ、大事なのはその向きを変えて、力をそのまま利用してあげること。

ラケット面を下に向けて、被せ気味に打ってみると・・・ボールは良い「直線」で飛んでいく。

これ、ネットミスの恐れもありますが、ぜひ試して欲しいコツなんです。

だって、ボールの勢いに負けて浮いてしまうと、そのまま詰められて失点になってしまう。

いかに、浮かせないでしっかり深く、または浅く、返球出来るのかが試合で使えるポイント。

フォア側もバック側も、基本的には考え方は同じです。

 

3.バックハンドのハーフボレー・・・難しい!

私も、いまだに苦戦しています。

でも、片手のバックハンドボレー、ハーフボレーはしっかり打てるようにしておかないと狙われますからね。

力が入り辛い、だからこそ、ボールの勢いに負けない工夫が大事。

ラケット面を下に向けて、タターンと合わせていく。

慌てる必要はありません。

打点もしっかり前、に確保して力を伝えられる場所で触る。

ネットから遠い場所でのボレー、はいつでもこのハーフボレーの準備をしておきましょう。

 

4.沈んで来るボールに、ボレーで突っ込んだら取れない

前に出ると、ついノーバウンドで打つボレーしか頭になくなってしまう。

でも、テニスではワンバウンドでもOK、のルールがありますからね。

しっかり引き付ける、沈めてくるボールは、「バウンドさせて良い」くらいの心構えでいましょう。

「絶対に全部、ノーバウンドで!」というコーチ、指導方法もあるでしょう。

でも、私は積極的に、早い判断でハーフボレーにしていく。

それを浮かないようにコントロールしていく、練習をしておく方が実戦的だと思いますよ。

 

5.積極的に、ネットから離れた位置でもボレーを練習しよう

これが、なかなか出来ないんですよ。

つい練習だと、「気持ち良く打てる場所」で打ってしまう。

それって、試合で使えますか?

ダブルスの並行陣の後衛、しっかりプレー出来ますか?

ハーフボレーが苦手な人って、打っている量が絶対的に少ないんですよね。

練習から、ちょっとネットから離れてボレーする。

足元に沈めてもらって、ハーフボレーを打つ。

特に男性のショットはしっかりラケット面を下に向けないと、弾かれてしまいますからね。

意識して練習内容から変えてみましょう!

 

ハーフボレー、を見ればテニスが分かる。

こういう部分、しっかり出来るのか。

普段の練習、テニス観がどうなのか・・・が、よく分かるショットですからね。

ラケット面を、思い切って被せてみる。

そこからまた、調整して練習していけば良いと思います。

打てるようになると、本当にテニスが変わりますよ。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリーでは、ボレー側は常に「ストローク側が後ろ足体重で打つ瞬間」を見逃さないこと…

    ボレー対ストロークのラリー練習、ただつなげるだけでは試合で使えない。…

  2. ボレー

    バックボレーで前に踏み込む、ことが出来れば試合でも勝てる

    ボレーの上達に悩んでいる方の、ほとんどがこれを克服できていません。…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    試合で使えるドロップボレーは「腕の形を作ってしまって下半身で滑り込む」を実践すると打ちやすい!

    今回は、ドロップボレーを打つ際のコツ、アイデアを一つご紹介。腕…

  4. ボレー

    ハイボレーをいつもふかしてアウトする人は、「テイクバックのときに膝が伸びない」ようにチェック!

    テニスの試合で、ミスして落ち込むのがハイボレー。ダブルスでもシ…

  5. テニス ダブルス
  6. テニス 戦術

    ボレー

    試合で効果的な、「サービスラインより深いボレー」を安定させる5つのコツ

    ボレーを深く、安定させること。もしかしたら、今のアナタにとって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    相手のサーブは1種類しかない、と思えばリターンは楽
  2. テニス ラケット

    メンタル

    「ガットを見つめて集中力アップ!」は、やらないと損
  3. テニス メンタル

    戦術

    テクニカルな技術を使う人ほど、テニスの試合では攻略しやすい
  4. テニス リターン

    リターン

    ブロックリターンがシングルスの試合で有効な理由5つ
  5. テニス 観察

    戦術

    全仏オープンを、「テニス選手らしい観点でチェック」したい5つのポイント
PAGE TOP