テニス メンタル

テニス知識

テニスをやってて悩むことの一つ、「クレーコートで汚れたソックスの汚れ」を簡単に落とすための洗濯術とは?

高校時代、私はいつもクレーコートでの練習ばかり。

そこで問題になるのが、ソックスの汚れ。

普通に洗濯しているだけだと、白いソックスはどんどん汚れていくだけ。

新しいソックスを買うのもお金がかかるし、でも試合ではキレイなソックスで戦いたいし・・・と考えて、結構試行錯誤してました。

大学で一人暮らしを初めてから、色々試してみて一番効果的だった方法、お教えします!

 

テニスをやってて悩むことの一つ、「クレーコートで汚れたソックスの汚れ」を簡単に落とすための洗濯術とは?

 


 

■ソックスが汚いと・・・テンションが上がらない

最初は、仕方ないと思って諦めてました。

ソックスは汚れるもの、練習だし仕方ない・・・と。

でも実際は、汚れてきたソックスを履いていると気持ちが乗らないですよね。

決して汚いわけじゃないんだけど、白いソックスがだんだん茶色くなっていくのは気持ち悪い。

一緒に洗濯するのも何だか嫌になってくる。

ここは、簡単な洗濯術を身に付けて、なるべく白さが保てるようにしていきましょう!

 

■土や泥の汚れは、家庭用洗剤では落ちない

そもそも、クレーコートの汚れは土や泥に近い。

泥汚れが通常の家庭用洗剤で落とし辛いのには、理由があります。

家庭用洗剤では、水に溶かして落とすか、油汚れのように浮かして落とすのか・・・大きくはこの2つの方法でしか、汚れを落とすことが出来ないので、どちらにも当てはまらない泥汚れは落とせないのです。

じゃあ、どうするか・・・と考えると、事前に少し特別な対応をしてあげるだけでOK。

 

■固形洗剤とつけ置き洗いで、白さは保てる!

用意するのは、固形洗剤の「ウタマロ」と液体洗剤の「アリエール」。

ウタマロは泥汚れを落とすのに適した石鹸で、ドラッグストアにも置いてあることが多いです。

 

 

アリエールは液体洗剤のタイプを選択。

色々な洗剤で試しましたが、私の中ではアリエールが一番落ちたような気がします。

 

まずは土や泥を出来るだけはたいて落とし、ウタマロを水で泡立てながらこすり洗い。

このとき、使い古した歯ブラシなどがあると、汚れを掻き出せて便利。

掻き出さないと、泥汚れは落ちません。

そしてその後は、汚れがひどい箇所に液体洗剤のアリエール塗って、1時間くらい置いておきます。

家の流しでやってしまうと迷惑になるので、ビニール袋のようなものに入れると良いでしょう。

その後は、普通に洗濯機で洗えば完了!

10分くらいのこのひと手間、でみなさんもぜひ実感してみて下さい。

 

高校生の皆さん、家の洗濯機ではソックスの汚れは落ちません。

まずは自分の手でひと手間、加えてみませんか?

自己管理も、テニス選手の実力の一部。

ソックスを大事にできる選手は、絶対に試合でも強くなる。

節約にもなりますし、ぜひ一度試してみて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス 練習

    テニス知識

    自己流テニスで上達して来た人は、どこかで技術を削ぎ落とす作業を

    まず、私自身、自己流テニスに私は大賛成です。そもそもテニス、ス…

  2. テニス 書籍

    テニス知識

    テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

    私は、現役のテニスコーチでも教師でもありません。ですので、直接…

  3. ストレッチ

    テニス知識

    筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

    テニスを継続的に頑張っている人にとって、悩ましい問題が「筋肉痛」ですよ…

  4. ピラティスポール

    テニス知識

    テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメです

    テニスを長く続けていると、肩が上がらなくなる・・・。これは最近…

  5. テニス ラケット
  6. テニス メンタル

    テニス知識

    ラケットとボールが、喧嘩しない柔らかさ

    「柔らかいテニスって、どんなテニスですか?」というご質問を、よく頂きま…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス チャンス

    ダブルス

    「ロブは無い!」と思ったら、並行陣のポジションはここまで上げられる
  2. リターン

    相手のサーブを予測する、ことに貪欲になろう
  3. テニス メンタル

    メンタル

    自分がコントロール出来そうにない「何か」を目の前にしたときに、普通の人は否定から…
  4. ストローク

    今一度考えて欲しい、「速くて低いストロークと、山なりで深いストローク」は、どちら…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    身体正面に来たボレー、「利き腕の肘の位置」を思いっきり上げよう
PAGE TOP