その他

「今のはイレギュラーしたから、仕方ない・・・」と思っていては、そこで成長が止まってしまいます

テニスの上達が遅い、試合で勝てない人にはある共通点があります。

それは、「イレギュラーに弱い」ということ。

「いやー今のはイレギュラーだったから、仕方ないよね」と、平気で笑っている。

もし、大事な試合のマッチポイントで同じことが起きても、同じことが言えますか?

イレギュラーに対して、100%効く薬なんてもちろんありません。

しかし普段から意識を高く持って、「絶対にイレギュラーバウンドにも喰らい付く!」と思って練習している選手はいる。

そしてそんな選手は、本番でも身体から反応してイレギュラーバウンドのボールにも対応できてしまうのです。

 

「今のはイレギュラーしたから、仕方ない・・・」と思っていては、そこで成長が止まってしまいます

 


 

■イレギュラーバウンドが100%起きないテニスコートなんて、無い

クレーコートはもちろんのこと、使い込んだオムニコート、ヒビが入ったハードコートなど、試合にイレギュラーは付き物。

そもそも、コートが傷みやすい場所は、よくボールが飛ぶ、人が動く場所。

つまりは普通に試合をしている限り、絶対にイレギュラーバウンドは発生してしまうのです。

こういった大前提を、まずは頭に入れて受け入れておきましょう。

 

■膝を柔らかく、目線を低く、速く準備、が基本

この3つを実践していれば、必ず多少のイレギュラー変化には反応出来るようになります。

特に意識したいのが、速いテイクバック。

テイクバックさえ完了していれば、フォロースルーである程度修正できるのです。

そして膝を曲げて目線を下げていれば、最悪ボールの「下側」にラケットを入れて山なりでも返球できるはず。

諦めずにしぶとく、この1球返球できるかどうかが、試合での勝敗を大きく左右します。

 

■でも一体、どんな練習をすれば良いのか・・・?

分ったけど、実際に「イレギュラーバウンドへの反応」、についてどうやって練習すれば良いのでしょうか?

まずはラケットを使わず、バウンドの変化に身体で反応できるようにトレーニングしてみてはどうでしょう。

オススメは、「リアクションボール」と呼ばれる、いびつな形をしたゴムボール。

見ての通り、バウンドが不規則になりますので、このボールでワンバウンドのキャッチボールから始めてみると良いでしょう。

実際やってみると・・・もうイレギュラー以上の変化が、そこには発生し、激しいトレーニングになります。

結構、集中力が鍛えられますし、楽しみながら部活などで練習が出来ると思います。

 

 

「当たり前」と思っていることを、ときには疑ってみることもテニスでは必要です。

コードボール、イレギュラーバウンド、風による変化・・・。

これらは、もう起きてしまったら「どうしようもないもの」、なんでしょうか?

私は違うと思っています。

一緒にテニスの可能性を、どんどん拡げていきませんか?

厳しい道ですが、頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ダブルス

    その他

    内容に満足出来ないけど勝ったという試合は、立派な試合

    皆さんも、経験ありませんか?やりたいテニスは出来なかったけど、…

  2. テニス メンタル

    その他

    「テニス強豪校の部室って、どんな感じ?」試合に強いテニス部に共通するポイント5つ

    今年もインターハイ、全日本ジュニアが終わり、ジュニア選手はこれでひと段…

  3. テニス メンタル

    その他

    大学テニスの大会を観ていて感じる、「閉塞感の源はどこにあるのか?」を考えてみる

    連休中は縁あって、有明テニスの森公園にいる日が多かった。そこで…

  4. テニス ミス

    その他

    テニスの試合でオムニコートに潜む罠、「ベースラインからストロークエース狙い」には要注意です

    オムニコートの特性、日本にいるとつい麻痺してしまいます。その是…

  5. テニス 目

    その他

    「何でもテニス目線」を養えば、アナタの試合力は必ず上がります

    普段何気なく見ているテレビや、他のスポーツ、受けている授業・・・。…

  6. テニス メンタル

    その他

    良い意味で「対戦相手を認める」ことが出来れば、試合はもっと楽に戦える

    ネットを挟んだ相手は、倒すべき相手。もちろん、倒す為には対戦相…

特集記事

  1. テニス リターン

    その他

    なぜ、世界のテニス界のトップ選手は負け始めたのか?を考えてみる
  2. ストローク

    相手の足元に沈めるストロークを打つには、「縦方向にラケットを使う」ことを意識しま…
  3. テニス セルフジャッジ

    その他

    テニスの試合中に、「熱中症かも知れない・・・」と気付くべきシグナルは、必ず知って…
  4. テニス ストローク

    その他

    テニスが楽しい、と思えている時は成長期
  5. メンタル

    強くなるテニス選手は、「これくらいで良いか・・・」の「これくらい」が、ものすごく…
PAGE TOP