テニス ボレー

メンタル

「クレーコートでの試合が苦手・・・」な人に意識して欲しい、試合前の準備と覚悟とは?

最近ではオムニコートがだいぶ増えてきましたが、元々日本に多かったのはクレーコート。

学校の校庭の延長で作ったようなコートも、クレーコートと言えるでしょう。

このサーフェス、皆さんはどんな印象ですか?

まず・・・「大好き!」という方は、少ないんじゃないでしょうか。

でも実際に、試合が行われるケースが多いのも事実。

ですからしっかり、どんなテニスで挑むのかを自分なりに対策として立てておく必要がありますね。

 

「クレーコートでの試合が苦手・・・」な人に意識して欲しい、試合前の準備と覚悟とは?

 


 

■「イレギュラーは自分のコートで3回は起こる」と覚悟しておく

クレーコートに、イレギュラーは付き物です。

チェンジコートを繰り返していくので平等・・・と思いきや、何も意識しないとつい「何で自分ばっかり!」と感じてしまう。

具体的に、3回は発生すると覚悟しておきましょう。

1回起きても、「まだあと2回はあるな・・・」と、精神的にも余裕を保てる。

具体的に「損をするシチュエーション」を想定しておくと、試合では有効です。

 

■「コートが遅い」という固定概念を捨てる

いつの間にか、クレーコートは「遅い」という認識が広まっています。

確かに全仏オープンのコートは球足が遅く、ラリーが長く続く傾向にありますが、これが全てに当てはまると思ったら大間違い。

カッチカチに堅いクレーコートもありますし、日本にはたくさんの種類のクレーコートがあるのです。

「ゆっくりラリーして粘るぞ!」という意識は大事ですが、バウンド後のボールが思ったより伸びてくる可能性もあるので、頭に入れておきましょう。

臨機応変なテニスが、実戦では求めれるのです。

 

■ボールマーク確認が出来る、というルールは活用する

クレーコートでは、バウンドしたボールのマークを両者で確認することが出来ます。

セルフジャッジの試合でも、その確認の後にポイントを修正することはルール上も認められている。

このことは、もしものときに備えて準備しておきましょう。

相手に確認を要望される、また自分が要望するときのイメージ、出来ているでしょうか?

大事なポイントで揉めたり、アナタが損をすることの無いように・・・。

 

クレーコートのテニスは、何も特別にすごく変える必要は無いと私は思います。

ですが、普段オムニコートやハードコートに慣れていると、どこか「しぶとさ」が抜けてしまっているようにも思います。

クレーコートでの練習機会、増やしてみませんか?

「何だこのコート、ボロボロじゃないか・・・」と思ってやるのも、良い経験。

それくらいの意識を持って、ぜひ取り組んでみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ

関連記事

  1. テニス 戦術

    メンタル

    「俺たちに、簡単に勝てると思うなよ」という気持ち、はすごく大事

    言葉には、力がある。みなさんも、普段からテニスの試合に挑むとき…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「自分はテニスが下手」という言葉は、謙遜でも口にしたり文章に書いてはいけない

    テニスの実力、皆さんは自分で自分をどう感じているのか。もちろん…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    自分でコントロール出来ない要素に言い訳、テニス選手の成長を阻害していく

    言い訳が多いテニス選手は、まず試合で結果を出せない。そういう選…

  4. メンタル

    2-5ダウンの場面でも、「3セットマッチなら次のゲームは大事」その理由について

    3セットマッチ、皆さんの中で経験したことがある方はどの程度いるでしょう…

  5. テニス ミーティング

    メンタル

    アナタに必要なのは、過去を手放すことかも知れない

    皆さんは試合の中で、「本当に苦しいとき」には、どんなことを考えています…

  6. メンタル

    嫉妬心や羞恥心の隙間に、人の弱さが生まれる

    いつの間にか、勝てなくなってしまった。テニスは頑張っている、…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ストローク

    ストロークのテイクバックは2段階、でいこう!
  2. テニス 構え

    戦術

    試合で動いている中で、自分のポジションが分からなくなってしまう方へ
  3. テニス ストローク

    ボレー

    相手ストロークをボレーするときは、「シンプルに同じ軌道」で返球出来ればOK
  4. テニス メンタル

    メンタル

    ダブルスの試合、ビビリはパートナーに伝染する
  5. テニス ストローク

    シングルス

    相手から時間を奪うテニス、に必要なのはライジングショットだけじゃない
PAGE TOP