テニス サーブ

メンタル

「自分はメンタルが弱い」と思っているなら、「メンタルの強さ」が求められる場面を作らなければ良い

テニスの試合、特に苦しい場面ってどこだと思いますか?

私が感じるのは、「絶対に落とせないポイント」の場面です。

ブレークポイントや、相手のマッチポイント、緊張した場面ではメンタルの強さが求められるのは事実だと思います。

「自分はメンタルが弱い・・・」と感じている人がいれば、言い方を変えれば「苦しい場面」を作らないようにする、ことが出来ればOK、という発想にはなりませんか?

そんなおいしい話は無いと思う前に、まず考えてみる価値はあると思います。

 

「自分はメンタルが弱い」と思っているなら、「メンタルの強さ」が求められる場面を作らなければ良い

 


 

■相手のブレークポイントでセカンドサーブ・・・なんて絶対嫌だ

私も経験がありますが、セカンドサーブを相手のブレークポイント、マッチポイントで打つのは辛い。

どうしても「入らなかったら、どうしよう・・・」ということばかり、考えてしまう。

なので結果的に入ってもそこで集中力を使い切ってしまっているので、もうラリーにならない。

メンタルに弱い人、こういう場面は出来るだけ避けたいですよね。

その工夫は、テニスというスポーツでは出来るのです!

 

■ゲーム序盤のポイント、ファーストサーブ、が鍵

当たり前・・・と思うかも知れません。

そんなに上手くいったら、苦労はしないよ!という声も聞こえてきそうですが・・・。

ゲーム序盤、0-0の状態、最初に集中してポイントを獲る、まずはリードする。

リード出来ていれば、ほとんどプレッシャーは無いですし、メンタル的な負担も少ない。

サーブも、ファーストサーブを入れておけばセカンドサーブは打つ必要が無い。

ゆっくりでも良いと思います。

それくらい、セカンドサーブを打つのって、負担も大きいしポイントを失うリスクも高いのです。

 

■メンタルの強さを磨きたければ、想定力を磨くこと

試合を常にリードしたりファーストを入れる、ことでメンタルの弱さを克服する。

これって、想定力の問題です。

「自分のメンタル弱さが出るのは、こういう場面だから、ここは避けよう・・・」という風に、試合前からイメージ出来ている。

そんな人は、結果的に周りから見るとメンタルが強い人、になって見えます。

実はメンタルが弱いのを、工夫して隠しているだけなんですけどね。

実はアナタの周りでも、そんな人多いと思いますよ。

 

試合の競った場面で緊張するな、なんて無理な話。

であれば自分の中で想定している幅を広げ、しっかり準備してメンタル的な要素を洗い出しましょう。

メンタルの強さが求められる、自分が追い込まれる場面は、出来るだけ避ける。

もし巡ってきたら・・・もう覚悟を決めて、楽しみましょう。

どんな結果になっても、競った時点で勝負は分からない、という割り切りも大事。

一度自分の中で、整理してみることをオススメします!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「自分のテニスについて、悩んでいる」人は、テニスを始めた頃の仲間に会いに行こう

    初めてラケットを握ったとき。その頃の感覚、アナタは思い出せます…

  2. テニス 戦術

    メンタル

    自分には応援してくれる人がいる、ということを忘れてはいけない

    皆さん、これだけは覚えておいて下さい。どこかの学校、地域の代表…

  3. テニス 雨
  4. メンタル

    「今日もスランプ、明日もスランプ」と口ずさむテニス選手は・・・?

    皆さんの周りでも、こんな人はいませんか?周りに「自分のテニスは…

  5. テニス シングルス

    メンタル

    「今日はどうしても、テニスに集中出来ない!」と思ったときに、自分を取り戻せる対策5つ

    毎日毎日、精神も身体も充実してテニスの練習が出来ている人。私は…

特集記事

  1. ストローク

    「ロブで抜かれても諦めない!」テニスの試合で後ろ向きから返球するコツとは?
  2. スマッシュ

    テニス試合でのネットプレー、「最後はスマッシュでフィニッシュする」という意識を持…
  3. テニス フットワーク

    シングルス

    相手を3歩以上走らせたときには、「ポジションを1メートル前」に上げておくこと
  4. スマッシュ

    高いロブでのスマッシュは、「自分のイメージよりも早く」上方向にラケットを降り出そ…
  5. ダブルス

    ダブルスの試合では、相手が自信を持っているボールを前衛が潰せば勝てる
PAGE TOP