テニス メンタル

メンタル

メンタルに原因を求める人にこそ、メンタルが弱い人

「自分はメンタルが弱い・・・」という悩みの声、よく相談で頂きます。

何度か書いてきましたが、私はこの悩みはいつもモヤっとしていて、気持ち悪く感じてしまう。

もちろん、本人は真剣に悩んでいるし、強くなりたいと思っている。

だったら全てを具体化していくしか、道は無いんです。

 

メンタルに原因を求める人にこそ、メンタルが弱い人

 

1.全ては技術不足が要因、でしかない

私は、こう思いますよ。

セカンドサーブが入らないのも、メンタルが弱いのではなく技術が不足している。

効率の良いセカンドサーブの打ち方を、知らないだけ。

知って練習すれば、確実に技術は身に付く。

精神論に問題をすり変えても、結局何も解決しないですからね。

まずは自分のサーブを、動画で観てみる、それも真剣勝負の試合の場面のモノ、で。

そこから全ては始まるはずです。

 

2.精神的に成熟した人なんて、すごく少ない

プロ選手だって、すごく少ないと思いますよ。

本当に精神的に安定している選手、ですら大舞台ではいきなり脆くなったりもする。

メンタルが弱い、という言葉で片付けるなら、強い人なんていないでしょう。

弱い自分を、どうコントロールするのか。

それには具体的に「技術をどうするのか?戦術をどうするのか?」しか、やることは無いでしょう。

 

3.モヤッとした「メンタルの弱さ」に、逃げないだけで強くなれる

私は、そう思います。

メンタルの話をするから、メンタルが弱くなる。

そこに原因を求めて、逃げたくなる。

「メンタルが弱いだけで・・・(実は本当は、テニス上手いんですよ)」という、カッコの中の部分を言い訳にしたい。

そんなこと、無いですか?

高校時代の私は、そうだったと思います。

実力を発揮できない自分、でいたかったんですよね。

学生の皆さん、社会人の皆さんも是非一度、自分の技術と向き合って欲しい。

メンタルが弱いとか、そういう話はもう卒業しましょう。

 

本気になれば、きっと見えてくる。

テニスが上手いけど、試合に弱い人は・・・本当に上手い?と思いますか?

メンタルの弱さを口にする時点で、どこか人は逃げている。

厳しいようですが、この意識は大事だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    メンタル

    テニスのセルフジャッジの試合では、「いかに冷静さを保つか」が勝利のカギを握ります

    テニスの試合は、セルフジャッジ。選手同士が審判の役割も兼ねてい…

  2. テニス ダブルス

    メンタル

    人が本気になるには、本気で困るきっかけが無いと無理

    すごく極端な話ですけど・・・みなさんも毎回試合に出て、負けることは多い…

  3. テニス ミス

    メンタル

    自分を鼓舞して戦う選手は、「自然と周りも応援したくなる」から結果がついて来る

    テニスの試合、「応援されやすい」選手は、やっぱり試合でも強い。…

  4. テニス 戦術

    メンタル

    テニスの試合はリードを奪うのは簡単だけど、「リードを守るのは難しい」のはなぜなのか?

    テニスの試合、誰でもまくられた経験はあるはず。リードしていても…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの結果を安定させるには、精神論から脱却して仕組みを変えていかないと

    頑張っているのに、結果が出ない。そんな自分が嫌で、もうテニスや…

  6. テニス センス

    メンタル

    「こんな相手は嫌だ!」テニスの試合ではマナーを守りつつ、嫌がられることも大切

    試合の相手がこんなだったら嫌だ・・・って何?俺の場合は、う~ん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ストローク

    その他

    テニスの試合で、「高い打点からしっかりストロークで攻撃していく為」に必要な4つの…
  2. テニス 構え

    戦術

    ダブルスの試合、とにかく「相手前衛を避けよう」とは絶対に思わないこと
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「さぁ、この1本!」という勝負所で、最高のパフォーマンスを引き出すには・・・?
  4. テニス メンタル

    ボレー

    テニスのネットプレーがぎこちない人は、「肘をピーンと伸ばし過ぎ」ていることが多い…
  5. テニス リターン

    サーブ

    「相手のトスからサーブのコースを先読みする」ことが出来れば、もっとリターンゲーム…
PAGE TOP