テニス メンタル

メンタル

メンタルに原因を求める人こそ、メンタルが弱い人

「自分はメンタルが弱い・・・」という悩みの声、よく相談で頂きます。

何度か書いてきましたが、私はこの悩みはいつもモヤっとしていて、気持ち悪く感じてしまう。

もちろん、本人は真剣に悩んでいるし、強くなりたいと思っている。

だったら全てを具体化していくしか、道は無いんです。

 

メンタルに原因を求める人こそ、メンタルが弱い人

 

1.全ては技術不足が要因、でしかない

私は、こう思いますよ。

セカンドサーブが入らないのも、メンタルが弱いのではなく技術が不足している。

効率の良いセカンドサーブの打ち方を、知らないだけ。

知って練習すれば、確実に技術は身に付く。

精神論に問題をすり変えても、結局何も解決しないですからね。

まずは自分のサーブを、動画で観てみる、それも真剣勝負の試合の場面のモノ、で。

そこから全ては始まるはずです。

 

2.精神的に成熟した人なんて、すごく少ない

プロ選手だって、すごく少ないと思いますよ。

本当に精神的に安定している選手、ですら大舞台ではいきなり脆くなったりもする。

メンタルが弱い、という言葉で片付けるなら、強い人なんていないでしょう。

弱い自分を、どうコントロールするのか。

それには具体的に「技術をどうするのか?戦術をどうするのか?」しか、やることは無いでしょう。

 

3.モヤッとした「メンタルの弱さ」に、逃げないだけで強くなれる

私は、そう思います。

メンタルの話をするから、メンタルが弱くなる。

そこに原因を求めて、逃げたくなる。

「メンタルが弱いだけで・・・(実は本当は、テニス上手いんですよ)」という、カッコの中の部分を言い訳にしたい。

そんなこと、無いですか?

高校時代の私は、そうだったと思います。

実力を発揮できない自分、でいたかったんですよね。

学生の皆さん、社会人の皆さんも是非一度、自分の技術と向き合って欲しい。

メンタルが弱いとか、そういう話はもう卒業しましょう。

 

本気になれば、きっと見えてくる。

テニスが上手いけど、試合に弱い人は・・・本当に上手い?と思いますか?

メンタルの弱さを口にする時点で、どこか人は逃げている。

厳しいようですが、この意識は大事だと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    備えあれば、憂いなし!「雨の日のテニスの試合」で有効な戦い方5つ

    まだまだ梅雨で雨の日が続いていますが、オムニコートでのテニスの試合は小…

  2. テニス センス

    メンタル

    「テニスの悔しさは、テニスでしか埋められない」ことの現実を、しっかり理解しておこう

    テニスの試合、負けた悔しさは誰もが味わうこと。その悔しさを、ど…

  3. メンタル

    絶対無理だよ、という鴨的な発想

    「絶対に無理だよ」と思うのか、「やってみよう」と思うのか。ハッ…

  4. テニス サイト

    メンタル

    リードすること、勝利することを恐れてはいけない

    相手に勝つ、凌駕する。これって、簡単なこと・・・でしょうか。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    対戦相手に感謝出来るようになると、試合の緊張感から開放される

    どうしても、試合で緊張して力を発揮出来ないと悩んでいる人。ネッ…

  6. テニス 試合

    メンタル

    「なぜ、アナタは見た目だけでテニス選手の実力」を判断してしまうのか?という問題は深刻です

    試合会場に着いて、自分の名前が呼ばれる、または控えの試合に入る。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ボレー

    ストローク

    シングルスの試合では、浅いボールを深く打っても損するだけ
  2. テニス ストローク

    シングルス

    全力で前にダッシュして目の前に落とす、のはテニスでは難しい技術
  3. テニス スライス

    リターン

    「速いサーブを打ち返せ」ビッグサーブ相手にしたときのテニスの試合で必要なリズム感…
  4. テニス メンタル

    戦術

    「視野を広げたい」テニスで相手にコースを読ませないショットには回転量が不可欠
  5. テニス ストローク

    リターン

    リターンで粘りを出すには、「ココに厳しいのが入ったら、ロブ」を先に決めておく
PAGE TOP