テニス 部活

メンタル

メンタルが強い人は「これを打てば大丈夫」、と思える人

どうしても、試合になるとメンタルが弱いと感じる人。

実際、人の心の強さなんてそう大差は無い、と思いますよ。

試合でメンタルが強い人って、要はこういうこと。

しっかり準備して、結論を出している。

そして良い意味で、割り切りも出来ている人だと思います。

 

メンタルが強い人は「これを打てば大丈夫」、と思える人

 


 

1.今の自分、を認めてあげることが大事

そりゃ、強い人は強い。

自分が劣っている部分、はあって当然。

大事なのは、そこで落ち込んだり意固地にならないことです。

速いサーブに憧れるのは良いですが、打てない自分を卑下する必要は全くない。

試合でコートに立ったら、まず今の自分を客観視して受け入れること。

そして、しっかり相手に向かって「良いショット」を打っていくことに集中すれば良いんです。

 

2.「これを打っていれば大丈夫」を、試合で見つけよう!

例えば、バックハンド狙い。

とにかく相手のバックハンドを狙っておけば、大丈夫と思えれば強い。

もし相手がバックが得意そうだったら、他を探してみる。

ストロークが強い人でも、ネットプレーは怪しいかもしれない。

女性なら、スライスに弱いかもしれない。

ただ試合を進めるだけじゃなくて、「あ、これで良いんだ」を見つけたいんですよね。

「いや、それって結局弱い人が相手の時だけ、でしょ?」と思うかも知れません。

いや、強い相手でも一緒ですよ。

せめて、攻撃されない、相手がちょっと嫌がっているようなショット、戦術はあるはずです。

そこを探す工夫、がテニスの試合では大事なんですよ。

 

3.メンタルが弱い人は、打開策を見出せない人

ミスが早い人って、技術が無い?

そうでも無いと思いますよ。

練習だったら気持ち良く打てている人も、試合になると急に固くなるじゃないですか。

こういう人は、メンタルが弱い・・・というより、打開策がイメージ出来ていないだけ。

どう試合を進めて良いのか。

自分は何をすれば良いのか、全く「大丈夫」なポイントが無い。

そりゃ、辛いですし周りから見れば「メンタルが弱い人」になりますよね。

 

4.相手にやられない為の要素は、決まっている

相手が打って来るときに、どんなボールにしておけば大丈夫、なのか。

まずは深さ。

しっかりベースラインに深く、またはハッキリ浅く、が相手は取り辛い。

それから打点の高さですね。

スライスのように低く滑るか、または高く弾ませて両手バックハンドの打ち辛いところを狙うのか。

このあたりを考えるだけでも、自分で大丈夫なショットは作れる。

「うん、これを打っておけば、そう攻められないな」と思えたら、楽になるじゃないですか。

楽になるからこそ、アナタ自身も前に出れるし攻撃にもバリエーションが生まれる。

ずっと試合で余裕が無い人、はやっぱり勝てないでそのまま終わります。

 

意外と、今の自分のショットをそのまま使えば大丈夫。

きっと試合の中で、相手を観察する余裕が無いだけだと思います。

よーく、見てみて下さいよ。

もしかしたら、アナタ以上に困っている、全然大丈夫じゃないような人ばかり、かもしれませんよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス 客観視

    メンタル

    テニスの試合前、「トイレに行って鏡を見て」自分の時間を作ることをオススメします

    あと少しで、自分の試合が始まる。そんなときに皆さんは、どんな過…

  2. メンタル

    「ネットインはラッキー?アンラッキー?」という発想は、テニスの試合では捨ててしまいましょう

    テニスの試合、ラリー戦の中ではネットインは有効。深く来る!と思…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    一度の成功体験にしがみ付いている人ほど、面倒臭い人はいない

    成功体験、大事です。ですが、世の中にはそれを上手く活かせない人…

  4. メンタル

    「今日はテニスの調子が悪い・・・」と感じたら、試合中に実践したい修正方法について

    テニスは「調子」に左右されるスポーツだと言われています。プロテ…

  5. テニス 並行陣

    メンタル

    テニスにやる気が出ない・・・ときにモチベーションをコントロールする方法5つ

    毎日暑い時期になりました。どれだけ高いモチベーションでテニスを…

  6. テニス 練習

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 試合

    その他

    「知らないうちに、やってるかも・・・」テニスの試合会場で見かける、マナー違反な行…
  2. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスの前衛なら、「連続して2回触るプレー」でポイントを獲りにいこう
  3. テニス サーブ

    サーブ

    流れるような美しいサーブ、はどうやったら打てるのか?
  4. テニス ストローク

    スマッシュ

    「下がらないから打てないだけ」テニスでスマッシュに苦手意識がある人の一番の特徴
  5. テニス リターン

    ボレー

    ストローク主体のプレイヤーは、「前におびき出して、ボディ狙い」で簡単に調理出来ま…
PAGE TOP