テニス メンタル

メンタル

自分への疑いが晴れれば、自信に変わる

試合の中で、自分に自信を持ち続けること。

難しいですよ。

それは、当然の話。

だって、みなさん自身、自分自身のことをよく知っているから。

自分自身を信じる為に、乗り越えないといけないのはこの壁でしょう。

 

自分への疑いが晴れれば、自信に変わる

 

1.自分を疑うことは、成長への大事なステップ

一番経験するのは、サーブじゃないですかね。

「俺のサーブ、入るのかな・・・」と、不安になる。

自分で自分を疑って、試合の中で委縮していく。

メンタルが弱いとかって言うよりも、自分に対する疑いが晴れないんですよね。

これは当然、だと思います。

普段の練習からあまり入っていないのに、試合の大事な場面で入るのか、と。

そうやって考える思考、システムを、どこかで変えていかないといけないですよね。

 

2.自分への疑いを晴らすのに、必要なことって何だろう?

私は、「数字」だと思います。

自分は「こういう打ち方をすれば、8割は入るな」という事実、があるかどうか。

感覚、じゃダメです。

練習から記録して、「この形のセカンドサーブなら、8割は入る」という事実を、しっかり確認しておく。

私なら、打点を少し低くしたスライスサーブですね。

このサーブなら、8割入ってきたという事実があります。

残りの2割、になったらもう仕方ない。

その次からは4球連続で入る、今までそうだった、と考える。

これでしか、私は自分に対する疑いって晴れないと思うんですよね。

 

3.練習通り、に出来る人は2割しかいない

私は、試合会場でそう感じます。

みなさん、練習ではきっともっと、出来るはず。

なのに試合で力を発揮できないのは、自分自身を疑っているからです。

それを、晴らす方法を知らない。

「自分を信じろ!」というアドバイス、あんまり意味無いと思いますよ。

だって、自分を知っているからこそ、信じられない訳ですから。

知っている、というのは、何となく知っているというだけ。

事実をしっかり、整理しておくことが一番です。

 

4.練習とは、数値作りです

ただ、黙々と練習する。

それは、数値を作る為に。

確率という分かりやすい数値で、自分の実力を整理しておく。

サーブやリターンは、打つ前にしっかり自分の時間が取れますから、オススメです。

試合の中で、自分に対する疑いを晴らすために、数字ほど強力なものは無いですよ。

「練習でこの数値が出ているから、大丈夫だ」と思える何か、アナタにはありますか?

 

難しく考えると、面倒になります。

まず、普段のサーブ練習、リターン練習から、自分で記録していくのが良いでしょう。

上手くいくパターン、を具体的に数値化して試合に持っていく。

これも面倒だという方は、まずテニスノートをつけるところから始めてみて下さい。

人は、書いたことは覚えます、絶対。

騙されたと思って、やってみて損はないと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. メンタル

    格上相手の試合こそ、アナタのテニスの真の姿

    自分の本当の実力、どれくらいなんだろう。この疑問を常に持ち続け…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが恐れるべきは、対戦相手ではなく「臆病な自分」

    何度か書いて来ましたが、改めて。大事なことは、すみません、何度…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    決断しないから、言い訳ばかりが浮かんで来る

    決めて断つ、のが決断。決断出来る人は、テニスでも強いし、上達も…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合中に、「対戦相手に見せてはいけない」何気ない行動5つ

    試合の中で、相手を観察していると「おっ」と思うことがあります。…

  5. テニス リターン

    メンタル

    「試合内容が良くても結果が出せない」人に共通する、テニス選手の特徴について

    よく試合会場で聞くのが、「内容は良かったけど、勝てなかったね・・・」と…

  6. メンタル

    「ネットインはラッキー?アンラッキー?」という発想は、テニスの試合では捨ててしまいましょう

    テニスの試合、ラリー戦の中ではネットインは有効。深く来る!と思…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. その他

    「中学生なら高校生、高校生なら大学生」と、次のステージのテニスは早めに観て感じて…
  2. 戦術

    「あれを、盗もう」と、本気になれるかどうか
  3. テニス メンタル

    ボレー

    ハイボレーを、「力の入らない場所」で打ってないですか?
  4. サーブ

    テニスの試合では、「速くて深いサーブ、意味が無い」ような場面もある
  5. テニス アクセス

    その他

    2017年2月 アクセスが多かった記事ランキング TOP10
PAGE TOP