テニス知識

伸びるボールが打ちたいなら、ガットを緩めに調整が基本

ボールの飛びを、ガットで調整する。

これ、意外と頭に無い方が多いですよね。

みなさんが思っている以上に、テニスにおいてガットって大事。

ボールと自分が接することが出来る、唯一の部分ですからね。

しっかり考えて、準備して、投資しましょう。

 

伸びるボールが打ちたいなら、ガットを緩めに調整が基本

 


 

1.ガットは贅沢に、しっかり投資しよう

私は、ガットだけはケチらない方が良いと思ってます。

普段のプレーで切れない方でも、3ヵ月に1回は張り替える。

これを習慣にして頂くだけで、私はテニスがかなり「上達」すると思います。

確かに、ガット代と張り替え代を合わせると5,000円前後かかりますから、負担は大きい。

でも、それで良いプレーが出来る、上達出来るなら、私は必要な投資だと思います。

打てれば良い、じゃダメ。

自分の良い感覚で打てて、上達していく、そのためのガットのカスタマイズの基本を考えていきましょう。

 

2.「硬め」に貼り過ぎてませんか?

私が気になるのは、この部分。

「もっとボールに伸びが欲しい!」という社会人、シニアの方が張っているガットのテンションが高い方が多いような気がします。

標準が55ポンドくらい、という意識がある方も多いと思いますが、これは少し硬めでしょう。

あくまで私の感覚ですが、最近のマシンで55ポンド、これは一昔前のガット貼り機の58ポンドくらいだと思います。

これくらいパリっと張ると、ガットがたわんでくれないのでボールが伸びない。

少し緩めに張っておく、これでアナタのテニスは変わります。

技術を変えることも大事ですが、ギアに無関心になってはダメ。

ギアのカスタマイズも、実力の一部、いや大部分です。

 

3.コーチ任せは、卒業しよう!

ガットは全部、コーチ任せ・・・は、卒業しましょう。

何より大事にして欲しいのは、アナタ自身の感覚なんです。

「何ポンド落としたら、これくらい違うのか」というのを、感じて欲しい。

感じないと、テニスは上手くなれません。

それくらい、テニスってガットで変わりますから。

多少の失敗は、必要ですよ。

投資していくことで、学べることがテニスではたくさんあります。

もちろんコーチからアドバイスをもらったりすることはあるでしょうが、決めるのはアナタ自身です。

 

4.技術はギアで、カバー出来るのがテニス

例えばゴルフでも、距離によって打つ道具を変えますよね。

テニスは基本は1本のラケットですが、アナタ自身がどういうプレーをしたいのか、が大事。

ゆったりしたスウィングでボールに伸びを出したいなら、ガットは緩くないと。

逆に学生の方でガンガン振っていきたい、という方は硬いガットでたわまないようにしないとアウトばかりになりますよね。

基本のようで、実は見落としがちな部分。

技術を変えるのは、ギアの要素も大きいのがテニス。

悩んでいる方も、一気に解消されるかも知れませんよ。

 

ラケット選び、と同じくらいガットも選びましょう。

それからテンションも、ですね。

なぜなら、それがアナタ自身のテニスに直結していくから、です。

まだまだ上手くなるし、ボールに伸びは出ます。

それを、自分主体で動かして変えていけるかどうか、です。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. 製氷機

    テニス知識

    これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

    これからの時期、とにかく暑い毎日・・・ですよね。部活でもサーク…

  2. テニス知識

    テニス動画をたくさん撮影したいなら、「スマートフォンバッテリーケース」が断然オススメです!

    自分のテニスの動画、練習でも試合でも、撮影することで成長につながる。…

  3. テニス ダブルス

    テニス知識

    テニスの試合でありがちな、「デュース有りとノーアドバンテージ形式を間違えた」ときには?

    草トーナメントの試合では、進行を速くする為に「ノーアドバンテージ形式」…

  4. テニス メンタル

    テニス知識

    「今さら聞けない・・・」テニスの試合で必要な用語をまとめてみました

    テニスの試合に初めて出るときは、誰しも緊張するもの。なるべく周…

  5. テニス知識

    KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」をサポートしよう

    みなさんは、テニスを続けている中で怪我に苦しんだとはありませんか?…

  6. テニス バッグ

    テニス知識

    Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ

    以前に、「試合に強いテニス選手の、ラケットバッグは美しい」という記事を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    ボレー

    深いボレーで相手を追い込んだら、頭の8割はドロップボレーで待つこと
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュ直後の構え直し」の速度を磨く為の練習メニュー
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    「出来ない」のではなく、「やっていない」だけ
  4. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスを前にするというのは、「着地で完全にコートの内側に入る」ということで…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインはフラット、という勘違い
PAGE TOP