テニス ガット

テニス知識

学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

今回も、私の独断と偏見、そして使ってみた感じでレビューさせて頂きます。

テニスにおいて、ガットの選び方って大事。

ここ最近、新しいガットも増えてきましたが、あくまで私の好みでチョイスさせて頂きました。

基本的にはタッチ系のテニス、ネットプレーで試合をコントロールしていきたい皆さんに、オススメです!

 

学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

 

1.バボラ エクセルパワー

 

テニス ガット

ちょっとお値段が高いですが、このガットは本当に優秀。

バボラのガットって、私が学生時代の頃から出て来て一気にブームになって、最近また改良されて良い感じになったように思います。

どうしても学生向け、硬いハードヒッター向けなイメージがありますが、このエクセルは柔らかくて色々なテニスに対応可能。

肘にも優しい打感、という印象です。

 

 

2.テクニファイバー XR3

 

テニス ガット

柔らかいマルチガットと言えば、テクニファイバー。

正直、この打感に慣れてしまうと他のガット、使えません。

言い方を悪くすればねっとり、じわっとした感じ、でもしっかりボールを掴んで飛ばしてくれる。

ただ、難点は少しコーティングの剥がれるのが早い、という部分。

マルチガットなのでパチン!と切れることは無いですが、3ヶ月も使えば表面のコーティングが剥がれて来るので気になる方も多いと思います。

でも、剥がれてからでもすぐには切れずに、結構持ってくれますよ。

 

 

3.ウィルソン NXT

 

テニス ガット

 

15年前、私がまだアルバイトコーチをしていた頃、ガットと言えばウィルソンでした。

ナチュラルガットを張るのは緊張したし、でもやっぱりすごく良い打感・・・でも高い・・・という感覚、今でも覚えています。

ナイロン系ガットでも、このNXTシリーズは昔から私の中で「ほぼナチュラル」に近いガット。

だからこそ、打感も柔らかい、けどしっかりと芯のある打感になって飛んでくれる。

ここぞ、という試合の前にはこのNXTを張って試合に臨んでました・・・懐かしい・・・。

今でもその性能は、ガットの中でトップクラスだと思いますよ。

 

 

 

改めて、かなり個人の感想で書かせて頂きました。

学生の皆さんからすると、「柔らかいガットは好みじゃないな・・・」という方もいるでしょう、良いと思います。

とにかく限られた予算、お小遣いの中で、選ぶのが楽しいんですよね。

ぜひガットに関して、皆さんもどんどん研究してみて下さいね!

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

関連記事

  1. テニス 知識

    テニス知識

    「テニスをよく知っている」選手になる為に、何が必要なのか?

    全豪オープン、残念ながら大坂なおみ選手は2回戦敗退。ですが敗退…

  2. テニス アームカバー

    テニス知識

    暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

    秋、試合が多い時期は季節の変わり目。みなさんは、試合のときにど…

  3. テニス

    テニス知識

    急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

    テニス選手にとっても、また学生、社会人の皆さんにとっても、体調管理は重…

  4. 練習

    テニス知識

    「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

    試合と練習で、テニスで一番違うもの。たくさんありますが、まず大…

  5. テニス メンタル

    テニス知識

    初心者でもテニスの試合に出て恥をかかない、「カウントの数え方とコールの仕方」について

    テニスの試合は、ほとんどの試合がセルフジャッジで選手自身で試合を進めて…

  6. テニス 部活

    テニス知識

    部活で頑張る高校生、大学生の皆さんにオススメしたい「部活前の栄養補給」について

    夏休みも、もうすぐ終わり。これから秋にかけて、テニスの試合や練…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合でいつも、「シード選手に名前負けしてしまう・・・」人にオススメな、ス…
  2. 戦術

    相手が強気で来る場面は、冷静に「動いてくる逆」を突いていこう
  3. テニス メンタル

    サーブ

    アナタのサーブの成長を阻害している一番の要因、それはズバリ「虚栄心」です
  4. ストローク

    「ショートラリーを試合で活かそう」テニスの試合で必要な技術がそこに詰まっている
  5. テニス ダブルス

    シングルス

    シングルスの展開方法は、横の動きだけだとワンパターンになるので注意が必要
PAGE TOP