テニス ガット

テニス知識

学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

今回も、私の独断と偏見、そして使ってみた感じでレビューさせて頂きます。

テニスにおいて、ガットの選び方って大事。

ここ最近、新しいガットも増えてきましたが、あくまで私の好みでチョイスさせて頂きました。

基本的にはタッチ系のテニス、ネットプレーで試合をコントロールしていきたい皆さんに、オススメです!

 

学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

 


 

1.バボラ エクセルパワー

 

テニス ガット

ちょっとお値段が高いですが、このガットは本当に優秀。

バボラのガットって、私が学生時代の頃から出て来て一気にブームになって、最近また改良されて良い感じになったように思います。

どうしても学生向け、硬いハードヒッター向けなイメージがありますが、このエクセルは柔らかくて色々なテニスに対応可能。

肘にも優しい打感、という印象です。

 

 

2.テクニファイバー XR3

 

テニス ガット

柔らかいマルチガットと言えば、テクニファイバー。

正直、この打感に慣れてしまうと他のガット、使えません。

言い方を悪くすればねっとり、じわっとした感じ、でもしっかりボールを掴んで飛ばしてくれる。

ただ、難点は少しコーティングの剥がれるのが早い、という部分。

マルチガットなのでパチン!と切れることは無いですが、3ヶ月も使えば表面のコーティングが剥がれて来るので気になる方も多いと思います。

でも、剥がれてからでもすぐには切れずに、結構持ってくれますよ。

 

 

3.ウィルソン NXT

 

テニス ガット

 

15年前、私がまだアルバイトコーチをしていた頃、ガットと言えばウィルソンでした。

ナチュラルガットを張るのは緊張したし、でもやっぱりすごく良い打感・・・でも高い・・・という感覚、今でも覚えています。

ナイロン系ガットでも、このNXTシリーズは昔から私の中で「ほぼナチュラル」に近いガット。

だからこそ、打感も柔らかい、けどしっかりと芯のある打感になって飛んでくれる。

ここぞ、という試合の前にはこのNXTを張って試合に臨んでました・・・懐かしい・・・。

今でもその性能は、ガットの中でトップクラスだと思いますよ。

 

 

 

改めて、かなり個人の感想で書かせて頂きました。

学生の皆さんからすると、「柔らかいガットは好みじゃないな・・・」という方もいるでしょう、良いと思います。

とにかく限られた予算、お小遣いの中で、選ぶのが楽しいんですよね。

ぜひガットに関して、皆さんもどんどん研究してみて下さいね!

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった

関連記事

  1. バボラ ピュアドライブ

    テニス知識

    テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器になる

    私が大学に入ったころ、2001年くらいの頃は不思議な光景がテニスコート…

  2. テニス メンタル

    テニス知識

    ラケットとボールが、喧嘩しない柔らかさ

    「柔らかいテニスって、どんなテニスですか?」というご質問を、よく頂きま…

  3. テニス知識

    寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

    最近、急に寒くなって来ましたよね。テニスの練習をした後も、シャ…

  4. テニス 知識

    テニス知識

    「テニスをよく知っている」選手になる為に、何が必要?

    全豪オープン、残念ながら大坂なおみ選手は2回戦敗退。ですが敗退…

  5. テニス 指導

    テニス知識

    「これが出来ると、かっこいい!」テニスコートを借りて練習、必要なマナー5つ

    皆さんも、外でテニスコートを借りて練習する機会、あると思います。…

  6. テニス知識

    大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

    もうすっかり春、そしてこれからは暑い大会シーズンになっていきますね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    「シングルス、難しいっ!!」テニスの試合で苦手意識が浮き彫りになる理由とは?
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    ストロークで振り切れない時期は、あのラリーでイメージ回復
  3. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの長短の使い分けを、ミス無く打つ方法とは?
  4. リターン

    「いきなりブレイク出来た!」試合ほど、大変になります
  5. テニス 客観視

    フットワーク

    「テニスの試合で、手抜きは悪いこと?」自分の体力をコントロールするには意識改革が…
PAGE TOP