テニス ガット

テニス知識

モノ、マルチ?ポリ、ナイロン?ガットの種類の基本を覚えましょう

たくさん種類があって、どれを選んだら良いのか・・・。

ガットは本当、悩みますよね。

ラケットと違って、何回か張り替えるときに選択肢があるのは嬉しいけど、皆さん自分の「知識」を溜めていかないと。

せっかく好きで始めたテニス。

ギアにも自分なりにこだわって、いきませんか?

 

モノ、マルチ?ポリ、ナイロン?ガットの種類の基本を覚えましょう

 


 

1.ガットの種類って・・・どんなのがあるの?

(今回は、私の専門外・・・の分野ですので、細かい部分で誤った情報である可能性があり、あくまで個人の見解である旨、ご了承下さい)

ガットの要素は、大きく分けると素材と構造、に分けられます。

素材の中でも、みなさんも聞いたことがあると思いますが「ナチュラル素材」と「ナイロン素材」は大きくことなり、ここが最初の区別の入り口、みたいな感じです。

「ナチュラル」は文字通り、昔は動物の腸などの自然の素材を使っていたのですが、実はこの定義はあいまいだったりしてどこまでを「ナチュラル素材」とするのかは、微妙なところ。

皆さんが張っているガットはほとんどが、「ナイロン素材」だと思います。

ではこのナイロン素材、についてもう少し分類していきましょう。

 

2.構造の差は、フィーリングの差に直結する

ナイロン系ストリングは、その構造から「モノフィラメントタイプ」と「マルチフィラメントタイプ」の二つに大別されます。

私はマルチガットを張っていますが、マルチガットとは文字通り「複数の構造」を持っているガット。

1本の線を複数のガットで巻いて、さらにそうやって出来上がった線を組み合わせて・・・と、複雑な構造で「柔らかい打感」を生み出している製品が多いです。

逆に「モノ」系のガットは単一の線、1本の芯のガットと考えて良いでしょう。

男性が好むようなズッシリした打感、が欲しい、パーンと弾くような打感はモノフィラメントタイプの得意とするところです。

このあたりは好みだったり、肘のケアに応じて使い分けていくと良いでしょう。

 

3.最近よく聞く、「ポリエステルガット」って何?

実は私も、1回か2回しか張ったことがありません。

ここ10年で急激に進歩して、ナチュラル、ナイロン、そして「ポリ」という新しいジャンルを確立しているように思います。

主にプロ選手が張っていることで注目されていますが、ポリエステル素材を用いていてその長所、短所は比較的はっきりしていると言われています。

まず長所はその性能。

切れにくく、コントロール性やスピン性能に優れていて、かつて高額だったナチュラルガットに代わるものとして注目されています。

短所は、テンションの持ちが短いこと、ある程度スウィングスピードがある上級者でないと性能を活かし切れない点、などがあります。

ガンガン張り替えて技術のあるプロ選手なら、効果的に使いこなせるガットと言えますが、競技者志向の学生や社会人の方も試してみる価値はあると思います。

 

今回は、本当にザーッとした概要のご紹介だけですみません。

もっと私も勉強して、色々試して皆さんにレビュー出来るように、これから準備していきたいと思います。

ガットなんて、何を張っても大差ない・・・と思っている方、私は違うと思いますよ。

むしろラケット選びよりも大事、だったりします。

この機会にぜひ、自分なりのガット探してみてくださいね!

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

関連記事

  1. テニス 練習

    テニス知識

    「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

    個人でも部活の練習でも、「ボールカゴ」で何を使うか・・・は皆さん悩みの…

  2. テニス知識

    これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

    益々寒くなる、これからの時期。テニスの練習や試合、トレーニング…

  3. テニス ダブルス

    テニス知識

    テニスの試合でありがちな、「デュース有りとノーアドバンテージ形式を間違えた」ときには?

    草トーナメントの試合では、進行を速くする為に「ノーアドバンテージ形式」…

  4. テニス 練習

    テニス知識

    テニスの試合、大会に必要な危機管理項目7つ

    試合の前の準備、どこまで想像力を拡げて考えられるか。それが、準…

  5. テニス ボレー

    テニス知識

    「毎日のテニス、身体の疲れが抜けない・・・」ときには、どんな食事が効果的?

    平日は練習に、土日は試合・・・。高校や大学でテニスを頑張ってい…

  6. テニス知識

    テニス動画をたくさん撮影したいなら、「スマートフォンバッテリーケース」が断然オススメです!

    自分のテニスの動画、練習でも試合でも、撮影することで成長につながる。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 練習メニュー

    「試合に勝つ為のテニスの練習」では、徹底的に効果を求めるチーム全体の姿勢が大切
  2. テニス 知識

    練習メニュー

    基本とは、あくまで9割の人に共通する理屈のこと
  3. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出てボレーするときには、「相手のアウトを誘う」のが基本
  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    ジャンピングスマッシュの基本、「コートを蹴る足、着地する足」はどちらかをしっかり…
  5. テニス 構え

    メンタル

    試合中にイラッとしたら、自分と会話しよう
PAGE TOP