テニス ガット

テニス知識

モノ、マルチ?ポリ、ナイロン?ガットの種類の基本を覚えましょう

たくさん種類があって、どれを選んだら良いのか・・・。

ガットは本当、悩みますよね。

ラケットと違って、何回か張り替えるときに選択肢があるのは嬉しいけど、皆さん自分の「知識」を溜めていかないと。

せっかく好きで始めたテニス。

ギアにも自分なりにこだわって、いきませんか?

 

モノ、マルチ?ポリ、ナイロン?ガットの種類の基本を覚えましょう

 


 

1.ガットの種類って・・・どんなのがあるの?

(今回は、私の専門外・・・の分野ですので、細かい部分で誤った情報である可能性があり、あくまで個人の見解である旨、ご了承下さい)

ガットの要素は、大きく分けると素材と構造、に分けられます。

素材の中でも、みなさんも聞いたことがあると思いますが「ナチュラル素材」と「ナイロン素材」は大きくことなり、ここが最初の区別の入り口、みたいな感じです。

「ナチュラル」は文字通り、昔は動物の腸などの自然の素材を使っていたのですが、実はこの定義はあいまいだったりしてどこまでを「ナチュラル素材」とするのかは、微妙なところ。

皆さんが張っているガットはほとんどが、「ナイロン素材」だと思います。

ではこのナイロン素材、についてもう少し分類していきましょう。

 

2.構造の差は、フィーリングの差に直結する

ナイロン系ストリングは、その構造から「モノフィラメントタイプ」と「マルチフィラメントタイプ」の二つに大別されます。

私はマルチガットを張っていますが、マルチガットとは文字通り「複数の構造」を持っているガット。

1本の線を複数のガットで巻いて、さらにそうやって出来上がった線を組み合わせて・・・と、複雑な構造で「柔らかい打感」を生み出している製品が多いです。

逆に「モノ」系のガットは単一の線、1本の芯のガットと考えて良いでしょう。

男性が好むようなズッシリした打感、が欲しい、パーンと弾くような打感はモノフィラメントタイプの得意とするところです。

このあたりは好みだったり、肘のケアに応じて使い分けていくと良いでしょう。

 

3.最近よく聞く、「ポリエステルガット」って何?

実は私も、1回か2回しか張ったことがありません。

ここ10年で急激に進歩して、ナチュラル、ナイロン、そして「ポリ」という新しいジャンルを確立しているように思います。

主にプロ選手が張っていることで注目されていますが、ポリエステル素材を用いていてその長所、短所は比較的はっきりしていると言われています。

まず長所はその性能。

切れにくく、コントロール性やスピン性能に優れていて、かつて高額だったナチュラルガットに代わるものとして注目されています。

短所は、テンションの持ちが短いこと、ある程度スウィングスピードがある上級者でないと性能を活かし切れない点、などがあります。

ガンガン張り替えて技術のあるプロ選手なら、効果的に使いこなせるガットと言えますが、競技者志向の学生や社会人の方も試してみる価値はあると思います。

 

今回は、本当にザーッとした概要のご紹介だけですみません。

もっと私も勉強して、色々試して皆さんにレビュー出来るように、これから準備していきたいと思います。

ガットなんて、何を張っても大差ない・・・と思っている方、私は違うと思いますよ。

むしろラケット選びよりも大事、だったりします。

この機会にぜひ、自分なりのガット探してみてくださいね!

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス メンタル

    テニス知識

    テニスの練習では、「自分が打ったボールは凶器と化している」

    テニスは楽しいスポーツ。ですが、あるときにその雰囲気は一変する…

  2. テニス知識

    飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

    まだまだ寒い毎日、が続いています。テニスの試合の朝も、結構キツ…

  3. テニス コントロール

    テニス知識

    ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸

    T-PRESS読者の皆さんの中には、漫画「ベイビーステップ」を購読して…

  4. テニス知識

    痙攣は、慌てなければおさまることも多い

    みなさんも試合の中で、経験あるんじゃないでしょうか?足が痙攣し…

  5. テニス 縄跳び

    テニス知識

    テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

    効率的にトレーニングをしたい、それも1日5分くらいで筋力、持久力までし…

  6. テニス知識

    暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

    今は梅雨の時期ですが、これが来月になるともう真夏。みなさんも、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    戦術

    自分のプレッシャーが相手に通じなくなるのは、当たり前
  2. サーブ

    サーブで身体が開かないようにするには、「上げた腕をキープする」だけで簡単に出来ま…
  3. 戦術

    試合で出せる技、が全て
  4. テニス メンタル

    ストローク

    ラケットは常に、「利き腕でない方の腕」を意識
  5. テニス 部活

    テニススクール

    コーチの教えをなかなか実践出来ないのは、「大きく振り切れる」ことが出来ないから
PAGE TOP