テニス 準備

シングルス

シングルスでのパッシングショット、クロスが基本

シングルスの試合、私たちの試合ではネットに出る機会・・・どの程度あるでしょうか?

実際、少ないと思うんですよね。

だからこそ、相手が前に出て来る時には勝負をかけて前に出て来る。

そこで慌てず、パッシングショットで対抗するなら、コースを準備しておきたい。

クロスへしっかり、打てれば何も恐れる必要はありません。

 

シングルスでのパッシングショット、クロスが基本

 


 

1.相手が前に来ること、を歓迎しよう

シングルスの試合は、どうしてもストロークラリー中心になる。

お互いにベースライン上で勝負が決することが多い、ですよね。

でも、要所ではネットに出て来る、そんな相手も多いでしょう。

そんな時に、まずは慌てないこと。

一番まずいのは、慌ててミスをして相手が触るまでもなく失点してしまうことですから。

相手が前に出て来ても、慌てずにクロス、に返球出来ればそれで良いんです。

 

2.クロスに打てば、時間が作れる

クロスに打つことが出来れば、何が良いのか。

しっかりと時間が作れること、なんですよね。

自分が打って、相手が触るまでの時間。

それをクロスに打つことで、ストレートよりも断然時間の余裕があるんですよ。

これは試合で実際にパッシングショットを打っている人、なら理解出来るはず。

ほんの0.数秒だと思いますが、この差があるから余裕が生まれる。

相手に触らせる、くらいで良いと思えますからね。

 

3.相手に触らせて、仕留めれば良い

私たちは、相手の横を瞬時に抜いていくようなショット、は打てない。

ベースラインからはスピードショット、打つのすごく危険だと思います。

まず、無理せずクロスに打って、相手に触らせる。

その次の浅いボールで、抜きにかかるくらいでちょうど良いでしょう。

相手に触られたくないと思うと、その時点でプレッシャーに負けてしまう。

クロスに打って、浅いボールを引き出す。

これで充分だと気付ければ、楽だと思いますよ。

 

4.自分が前に出た時には、クロスへ誘おう

実際、自分が前に出たときにはどうでしょうか。

クロス方向へのパッシングショット、を誘う。

誘ってしっかり、ボレーで仕留めるつもりで待つ。

ストレートにナイスなパッシングショットを打たれたら、それは仕方ないでしょう。

クロスの安全圏、で勝負されて失点すること、が一番嫌ですからね。

クロスへのショットを警戒する意識、を持っておくだけで、かなりネットでは戦いやすいと思いますよ。

 

プロ選手の試合を観ていると、パッシングショットがスパンスパン抜けていくじゃないですか。

でも、私たちの試合はそうじゃないはず。

もっと泥臭く、遅いボールをクロスに使ったり、2発、3発でネットにいる相手を仕留めにいく意識、が求められますよね。

その覚悟、があればきっとシングルスの試合はもっと戦いやすくなるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみよう

    少し早いですが、今年ももうすぐ終わり。アナタ自身、どんな一年を…

  2. シングルス

    シングルスの試合ではまず、「70点のショットを3連続」を意識しよう

    シングルスの試合で、最初の入り方。サーブからでもリターンからでも、…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合は、勝っても負けてもその結果を一人占め出来る

    シングルスの試合、に出ているみなさん。ならこのイメージが凄く湧…

  4. テニス 練習

    シングルス

    「初めてシングルスの3セットマッチの試合を戦う」うえで、気を付けたい5つのポイント

    普段の試合の多くは、1セットマッチか8ゲーム先取だと思います。…

  5. テニス スライス

    シングルス

    シングルスの試合の基本、「ドロップショットはドロップショット返し」が出来ないと試合で辛い

    今日からデビスカップの初戦、日本対イギリスの試合が始まりました。…

  6. シングルス

    攻撃的なプレイヤーならあえて、「粘るイメージ」でシングルスの試合に入るのも悪くない作戦です

    アナタ自身、どんなプレーでシングルスの試合に入っているのか。意識し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 試合

    メンタル

    「試合になると練習と別人になる・・・」人はココを意識して、変えてみよう!
  2. テニス フェデラー

    メンタル

    試合で自分を盛り上げたいなら、「長いラリーのポイントを獲った後」には声を出して自…
  3. テニス サーブ

    メンタル

    「相手が諦めたな」と思った瞬間から、自分の何かが狂い始めるのがテニスの試合
  4. テニス 不安

    戦術

    アナタ自身が楽しいと思えること、にテニスも未来がある
  5. テニス ボレー

    ストローク

    グリグリのフォアハンドストロークで押してくる相手には、シンプルな対策で準備しよう…
PAGE TOP