テニス 準備

シングルス

シングルスでのパッシングショット、クロスが基本

シングルスの試合、私たちの試合ではネットに出る機会・・・どの程度あるでしょうか?

実際、少ないと思うんですよね。

だからこそ、相手が前に出て来る時には勝負をかけて前に出て来る。

そこで慌てず、パッシングショットで対抗するなら、コースを準備しておきたい。

クロスへしっかり、打てれば何も恐れる必要はありません。

 

シングルスでのパッシングショット、クロスが基本

 


 

1.相手が前に来ること、を歓迎しよう

シングルスの試合は、どうしてもストロークラリー中心になる。

お互いにベースライン上で勝負が決することが多い、ですよね。

でも、要所ではネットに出て来る、そんな相手も多いでしょう。

そんな時に、まずは慌てないこと。

一番まずいのは、慌ててミスをして相手が触るまでもなく失点してしまうことですから。

相手が前に出て来ても、慌てずにクロス、に返球出来ればそれで良いんです。

 

2.クロスに打てば、時間が作れる

クロスに打つことが出来れば、何が良いのか。

しっかりと時間が作れること、なんですよね。

自分が打って、相手が触るまでの時間。

それをクロスに打つことで、ストレートよりも断然時間の余裕があるんですよ。

これは試合で実際にパッシングショットを打っている人、なら理解出来るはず。

ほんの0.数秒だと思いますが、この差があるから余裕が生まれる。

相手に触らせる、くらいで良いと思えますからね。

 

3.相手に触らせて、仕留めれば良い

私たちは、相手の横を瞬時に抜いていくようなショット、は打てない。

ベースラインからはスピードショット、打つのすごく危険だと思います。

まず、無理せずクロスに打って、相手に触らせる。

その次の浅いボールで、抜きにかかるくらいでちょうど良いでしょう。

相手に触られたくないと思うと、その時点でプレッシャーに負けてしまう。

クロスに打って、浅いボールを引き出す。

これで充分だと気付ければ、楽だと思いますよ。

 

4.自分が前に出た時には、クロスへ誘おう

実際、自分が前に出たときにはどうでしょうか。

クロス方向へのパッシングショット、を誘う。

誘ってしっかり、ボレーで仕留めるつもりで待つ。

ストレートにナイスなパッシングショットを打たれたら、それは仕方ないでしょう。

クロスの安全圏、で勝負されて失点すること、が一番嫌ですからね。

クロスへのショットを警戒する意識、を持っておくだけで、かなりネットでは戦いやすいと思いますよ。

 

プロ選手の試合を観ていると、パッシングショットがスパンスパン抜けていくじゃないですか。

でも、私たちの試合はそうじゃないはず。

もっと泥臭く、遅いボールをクロスに使ったり、2発、3発でネットにいる相手を仕留めにいく意識、が求められますよね。

その覚悟、があればきっとシングルスの試合はもっと戦いやすくなるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    シングルス

    「シングルスではポジションによって、異なる力がある」攻撃と守備、一人でこなすバランス感覚とは?

    シングルスを戦うときに、ポジションごとに攻撃力・守備力を意識したことは…

  2. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合で「スライスを使って粘る相手」には、ネットプレーは必ず必要です

    人それぞれ、試合ではプレースタイルがある。パッと見てまずはっき…

  3. テニス フットワーク

    シングルス

    「走れないからシングルスには出ない」人ほど、ダブルスの試合も走れてない

    社会人、特に40代以上の方はほとんどがダブルスプレイヤー。試合…

  4. テニス 練習

    シングルス

    「格下相手に確実に勝つ」テニスのシングルスの試合で必要な配球の心得4つ

    シングルスの試合に出て勝ち進みたい、と考えている方は多いはず。…

  5. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で使える、相手を前後に振り回すロブボレー術

    シングルスの試合で、使えるテクニックの1つ、をご紹介。ドロップ…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、パッシングショットの使い方の大原則とは?

    パッシングショット、シングルスで打つ場面を考えてみて下さい。き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. その他

    一緒に練習するテニス仲間が、「いつの間にか画一化された集団」になっていないか、立…
  2. サーブ

    試合でサービスエースを狙うなら、まずはこのコースが基本
  3. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを打ち終わった後に「フラフラしない」で、打ててますか?
  4. ストローク

    「軸足の使い方、間違ってない?」テニスの試合でつなぐだけでなく、勝ち切るストロー…
  5. ストローク

    「早い準備とはこういうこと」しっかり貯めの効いたストロークを試合で打つには・・・…
PAGE TOP