テニス 準備

シングルス

シングルスでのパッシングショット、クロスが基本

シングルスの試合、私たちの試合ではネットに出る機会・・・どの程度あるでしょうか?

実際、少ないと思うんですよね。

だからこそ、相手が前に出て来る時には勝負をかけて前に出て来る。

そこで慌てず、パッシングショットで対抗するなら、コースを準備しておきたい。

クロスへしっかり、打てれば何も恐れる必要はありません。

 

シングルスでのパッシングショット、クロスが基本

 

1.相手が前に来ること、を歓迎しよう

シングルスの試合は、どうしてもストロークラリー中心になる。

お互いにベースライン上で勝負が決することが多い、ですよね。

でも、要所ではネットに出て来る、そんな相手も多いでしょう。

そんな時に、まずは慌てないこと。

一番まずいのは、慌ててミスをして相手が触るまでもなく失点してしまうことですから。

相手が前に出て来ても、慌てずにクロス、に返球出来ればそれで良いんです。

 

2.クロスに打てば、時間が作れる

クロスに打つことが出来れば、何が良いのか。

しっかりと時間が作れること、なんですよね。

自分が打って、相手が触るまでの時間。

それをクロスに打つことで、ストレートよりも断然時間の余裕があるんですよ。

これは試合で実際にパッシングショットを打っている人、なら理解出来るはず。

ほんの0.数秒だと思いますが、この差があるから余裕が生まれる。

相手に触らせる、くらいで良いと思えますからね。

 

3.相手に触らせて、仕留めれば良い

私たちは、相手の横を瞬時に抜いていくようなショット、は打てない。

ベースラインからはスピードショット、打つのすごく危険だと思います。

まず、無理せずクロスに打って、相手に触らせる。

その次の浅いボールで、抜きにかかるくらいでちょうど良いでしょう。

相手に触られたくないと思うと、その時点でプレッシャーに負けてしまう。

クロスに打って、浅いボールを引き出す。

これで充分だと気付ければ、楽だと思いますよ。

 

4.自分が前に出た時には、クロスへ誘おう

実際、自分が前に出たときにはどうでしょうか。

クロス方向へのパッシングショット、を誘う。

誘ってしっかり、ボレーで仕留めるつもりで待つ。

ストレートにナイスなパッシングショットを打たれたら、それは仕方ないでしょう。

クロスの安全圏、で勝負されて失点すること、が一番嫌ですからね。

クロスへのショットを警戒する意識、を持っておくだけで、かなりネットでは戦いやすいと思いますよ。

 

プロ選手の試合を観ていると、パッシングショットがスパンスパン抜けていくじゃないですか。

でも、私たちの試合はそうじゃないはず。

もっと泥臭く、遅いボールをクロスに使ったり、2発、3発でネットにいる相手を仕留めにいく意識、が求められますよね。

その覚悟、があればきっとシングルスの試合はもっと戦いやすくなるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    テニス選手として一気に成長したければ、「次の大会は本気で戦う」と周りに宣言してみよう

    少し早いですが、今年ももうすぐ終わり。アナタ自身、どんな一年を…

  2. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合で、「ポイント間に自分と会話する」ことが出来ると、メンタル面が安定します

    シングルスの試合について、よく「メンタルが弱いのですが、何か対策はあり…

  3. テニス フットワーク
  4. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で最初に実践したい「バックハンドを攻める」基本戦術を確認!

    シングルスの試合は、どうプレーして良いのか分からない・・・という初中級…

  5. シングルス

    シングルスの試合で使える、左右に走らされた時のボールへの入り方の基本

    シングルスの試合は、どうしても左右への動き、が多くなりますよね。…

  6. シングルス

    ドロップショット、シングルスの試合ではこう使おう

    相手に触らせて、自分がポイントを取る。こういうイメージがあると…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合は、「自分の力だけで勝てる試合なんて1試合も無い」と思っておこう
  2. テニス 人脈

    メンタル

    「アイツ、苦手なんだよな・・・」と思う苦手意識は、ココから意識を変えていきましょ…
  3. テニス ストローク

    ダブルス

    困ったときのロブ頼みの癖を直さないと、ダブルスの試合では絶対に上にいけない
  4. テニス メンタル

    メンタル

    自分の膿を出してくれる、その人との付き合いを大事にしよう
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの後衛の選手、センターに戻り過ぎてない?
PAGE TOP