テニス スマッシュ

シングルス

シングルスの試合、まずは前に出て相手にパッシングショットを打たせよう

シングルスの試合で、相手の実力や特徴を測ってみる。

それには、序盤に前に出るのが一番でしょう。

相手にプレッシャーをかけて、得意なコースやストローク力を把握出来る。

それに、性格的な部分もある程度分かりますしね。

 

シングルスの試合、まずは前に出て相手にパッシングショットを打たせよう

 


 

1.パッシングショットこそ、その人の実力の証

相手が前に来る、それを動きながらストロークで打って反撃する。

コントロール力と精神力、両方が高いレベルで問われるのがパッシングショット、です。

私は、このショットこそがその人の実力を如実に表している、と考えています。

だからこそ、早めに相手に打たせてみる。

そして、そのコースや雰囲気、をしっかり把握しておくことが大事です。

 

2.一発目のショットは、得意なコースに打って来る可能性が高い

きっと、試合の序盤にいきなりこういう場面になると、得意なコースしか打てない。

相手は、きっと自信のあるショットで応戦してくるでしょう。

そこコース、球種をしっかり覚えておく。

それに、必ずパッシングショット、とは限らないですよね。

ロブが来るかも知れませんし、それもまた相手の一つの特徴。

性格的に堅実だったり、少し臆病だったりするとロブ、というのも充分に考えられますね。

 

3.相手の実力が分かったら、戦い方を考えられる

実際に、私はいつもここから試合開始。

パッシングショットを打たせてみて、実力を把握してから考える。

ストロークが強力な相手なら、前に引っ張り出したりする工夫も必要。

ロブを使って来るような相手なら、前に出るフリをしてサービスラインくらいで待つ、スマッシュを軸にする作戦もできますね。

何も知らない状態、が長く続くと試合では危険。

良いんです、もし想定が外れても。

まずはアナタ自身から、動いて相手の特徴を引き出す、という意識が大事ですから。

 

4.アナタ自身も、相手の攻撃に準備しよう

これは、結構大事ですよ。

シングルスの試合、最初はゆったり始まって、相手は前に出て来ない・・・とか、思ってませんか?

それは、アナタ自身の希望です。

強い相手なら、序盤からきっと前で揺さぶりをかけてくる。

そこに対応する準備が出来ていないと、慌ててアナタ自身の弱点をさらすことになる。

そうならないために、相手は前に出てくる、その時にどうするのか、をしっかり考えておきましょう。

 

なかなか、シングルスの試合って序盤は動き辛い。

だからこそ、チャンスがあるんです。

相手だって、きっと少しびっくりしてくれる。

ボレーが苦手?そんなの、相手は知らないことですから。

序盤に動いておいて、損は無いですよ。

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合は、テニスにおける健康診断

    シングルスの試合よりも、ダブルスの試合中心。そんな方も、実際多…

  2. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、「クロスロブ」の精度を上げていこう

    シングルスの試合で、相手がガンガン前に出て来るタイプだったら・・・どう…

  3. テニス クレーコート

    シングルス

    シングルスの試合が上手くいかないのは、いつもと景色が違い過ぎるから

    シングルスの試合で、なかなか自分の力を出せないとき。その要因は…

  4. テニス フットワーク

    シングルス

    足が速い対戦相手には、アングルショットのような「走らせるショットを打った後」が要注意

    しっかり打って相手を走らせても、油断は禁物。足が速い、走り慣れ…

  5. シングルス

    シングルスの試合で使える、左右に走らされた時のボールへの入り方の基本

    シングルスの試合は、どうしても左右への動き、が多くなりますよね。…

  6. テニス ダブルス

    シングルス

    諦めずにボールを追えば、空のコートに打つ難しさを味合わせることが出来る

    最後まで諦めずに、ボールを追う。これって、本当に難しいし、特に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 部活

    メンタル

    テニスの練習や試合でメモを取るのは大事だけど、「その場で強く頭に刷り込む」意識の…
  2. テニス 感覚

    メンタル

    テニスの試合で負けたとき、それは対戦相手からのメッセージだと受け止めよう
  3. テニス サーブ

    練習メニュー

    「テニスを教えて欲しい」と周りから頼まれたら、それはアナタが成長出来る最高のチャ…
  4. テニス ダブルス

    サーブ

    試合の現場で、「徹底したサーブからのバックハンド狙い」を実践出来るレベルが、がア…
  5. テニス テニスボール

    メンタル

    与えられた課題をこなすだけなら、試合に必要なメンタルが育つ訳が無い
PAGE TOP