テニス スマッシュ

シングルス

シングルスの試合、まずは前に出て相手にパッシングショットを打たせよう

シングルスの試合で、相手の実力や特徴を測ってみる。

それには、序盤に前に出るのが一番でしょう。

相手にプレッシャーをかけて、得意なコースやストローク力を把握出来る。

それに、性格的な部分もある程度分かりますしね。

 

シングルスの試合、まずは前に出て相手にパッシングショットを打たせよう

 

1.パッシングショットこそ、その人の実力の証

相手が前に来る、それを動きながらストロークで打って反撃する。

コントロール力と精神力、両方が高いレベルで問われるのがパッシングショット、です。

私は、このショットこそがその人の実力を如実に表している、と考えています。

だからこそ、早めに相手に打たせてみる。

そして、そのコースや雰囲気、をしっかり把握しておくことが大事です。

 

2.一発目のショットは、得意なコースに打って来る可能性が高い

きっと、試合の序盤にいきなりこういう場面になると、得意なコースしか打てない。

相手は、きっと自信のあるショットで応戦してくるでしょう。

そこコース、球種をしっかり覚えておく。

それに、必ずパッシングショット、とは限らないですよね。

ロブが来るかも知れませんし、それもまた相手の一つの特徴。

性格的に堅実だったり、少し臆病だったりするとロブ、というのも充分に考えられますね。

 

3.相手の実力が分かったら、戦い方を考えられる

実際に、私はいつもここから試合開始。

パッシングショットを打たせてみて、実力を把握してから考える。

ストロークが強力な相手なら、前に引っ張り出したりする工夫も必要。

ロブを使って来るような相手なら、前に出るフリをしてサービスラインくらいで待つ、スマッシュを軸にする作戦もできますね。

何も知らない状態、が長く続くと試合では危険。

良いんです、もし想定が外れても。

まずはアナタ自身から、動いて相手の特徴を引き出す、という意識が大事ですから。

 

4.アナタ自身も、相手の攻撃に準備しよう

これは、結構大事ですよ。

シングルスの試合、最初はゆったり始まって、相手は前に出て来ない・・・とか、思ってませんか?

それは、アナタ自身の希望です。

強い相手なら、序盤からきっと前で揺さぶりをかけてくる。

そこに対応する準備が出来ていないと、慌ててアナタ自身の弱点をさらすことになる。

そうならないために、相手は前に出てくる、その時にどうするのか、をしっかり考えておきましょう。

 

なかなか、シングルスの試合って序盤は動き辛い。

だからこそ、チャンスがあるんです。

相手だって、きっと少しびっくりしてくれる。

ボレーが苦手?そんなの、相手は知らないことですから。

序盤に動いておいて、損は無いですよ。

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で恥ずかしくない、「ネットプレーを入れて勝ち切る」実践アイデア5つ

    シングルスの試合で、しっかり結果を出したい。そう考えている人に…

  2. テニス 予測

    シングルス

    シングルスの試合で、中途半端に角度を付けたアプローチショットは危険過ぎる件

    シングルスの試合、やってしまいがちなパターン。浅いボールをアプ…

  3. テニス シングルス
  4. テニス 打点

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「我慢が必要な場面」を理解しておこう

    テニスの試合、特にシングルスの試合は「我慢」が必要な場面がある。…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合は「攻撃をしかけるタイミングが大事!」攻め急いでも自滅するだけ

    ジョコビッチ選手、またマレー選手に代表されるように、テニスのシングルス…

  6. テニス ストローク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. メンタル

    「練習上手は勝負好き」緊張感の無いテニスの練習は無意味です
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ローボレーをサイドスライスに変えれば、ダブルスでコートを広く使える
  3. その他

    テニス選手だったら、「テニス語」を使って海外の人とも仲良くなろう!
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーのコツは、少しラケット面を内側に向けること
  5. ストローク

    テニスの試合で「フォアハンドストロークを振り切れない」全ての人へ、意識したい4つ…
PAGE TOP