テニス リターン

リターン

テニスの試合で勝ち抜くには思い切って踏み込んで、「逆クロスのフォアハンドリターン」を身に付ける必要があります

「自分のテニスにはこれと言って特徴も武器も無い・・・」

そんな言葉を、先週ある高校生プレイヤーから聞く機会がありました。

本当に、そうでしょうか?

仮にもしそうだとしても、テニスの試合で使える武器はいつでも自分で編み出して作ることができます。

今回は、一番効果的でやってみる価値があると思われる、リターンの攻撃パターンを考えてみましょう。

難しい技術の話はさておき、攻撃していく姿勢こそが、アナタの最大の武器になります!

 

テニスの試合で勝ち抜くには思い切って踏み込んで、「逆クロスのフォアハンドリターン」を身に付ける必要があります

 


 

■トッププロ選手も使う、思い切った攻撃パターン

リターンゲームで、アナタはどんなポイントパターンを持っていますか?

ダブルスでもシングルスでも、ここぞという場面での作戦は攻撃的に展開していきたいところ。

その為には、「はっきりと、分かりやすく」攻撃の姿勢を相手に示す必要があります。

特に相手のセカンドサーブに対しては、甘くなる傾向にありますのでどんどん攻撃して相手にプレッシャーをかけていきたい。

その為のヒントは、逆クロスのフォアハンドにあります。

 

■相手がサーブを打つ前に、態勢を整えよう!

相手がサーブを打つ前に、もう完全にフォアハンドで回り込んだポジションを取ってみて下さい。

はっきり、横向きを作るくらいでも良いでしょう。

相手がサーブのトスアップの動作に入ったらこちらのコートは見えませんので、動くチャンス!

セカンドサーブですから、さほど厳しいコースにも来ませんし、浅くなる可能性も台。

コートの内側に入って、SABR並みにライジングショットでリターンしていくくらいのテンションで臨みましょう。

ポイントは、「失敗を恐れないで、思い切りアタックしていくこと」です。

相手に対して、「甘いセカンドサーブは、絶対に見逃さない!」というメッセージを送ることが大事です。

 

■フォアハンドの逆クロスが、なぜ有効なのか?

フォアハンドの逆クロスリターンは、本当にお勧めです。

なぜなら、多少打点が遅れてもしっかりコースに飛んでくれる。

そしてフォームがダイナミックなので、攻撃している感がすごく伝わって相手にプレッシャーをかけられる、からです。

想像してみて下さい。

セカンドサーブを打って、相手が待ってましたとばかりに「フォアハンドで大きなフォーム」で構えられると、誰だって嫌ですよね。

逆クロス方向に打つことができれば、それは相手のバックハンドになる可能性も高く、そのままネットに詰めてボレーにもつなげやすい。

難しい技術と考えないで、まずは「早めにはっきり、準備する」そして、「大きなフォームでコンパクトなスィングでアタックする」ことを実践していきましょう。

 

リターンは良いショットが1本あるだけで、相手は「攻撃的な選手だな・・・」という印象を持ってくれる特別なショットです。

失敗しても、めげずにまた攻撃していきましょう。

もちろん確実にラリーにつなげていく姿勢も大事ですが、レベルが高い試合でのリターンゲームでは、どこかで思い切った姿勢を見せることがとても大事。

思い切ったトライの結果、失敗したりしてもそれはそれで成功とも言えます。

ぜひ、実際の試合で試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. リターン

    リターンダッシュでのプレッシャーのかけ方、が上手い人の共通点5つ

    「一番得意な戦術、は何ですか?」と聞かれたら、私は迷わずこう答えます。…

  2. テニス メンタル

    リターン

    ボディへの速いサーブは、「脇を締めてラケット面を被せる」ことで返球出来る

    ボディへのサーブ、きっと最近増えています。こう感じるのは、男子…

  3. テニス 練習

    リターン

    緩くて深いリターンは、シングルスの試合で効果的

    実は、怖いようで有効な攻撃。シングルスの試合で、ぜひ試して欲し…

  4. テニス ガスケ

    リターン

    ボールをよく見る、とは、「ボールに書いてある文字を読む」くらいのつもりで

    リターンでボールをよく見ること。大事ですね。でも、これ…

  5. テニス ガスケ

    リターン

    セカンドサーブを叩くこと、がファーストサーブの力を削ぐことにつながる

    相手のサーブがなかなか攻略出来ないとき。まず大事なことって、何…

  6. テニス 目

    リターン

    「睨みを利かせる」ことで、ポーチ予防になる!

    ダブルスの試合で、相手の前衛がどんどん動いて来る。当然、こうい…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの安定感をアップさせるには、一瞬苦しいと感じるくらいの身体の使い方で良い
  2. テニス メンタル

    その他

    「社会人になって、プロを目指す訳では無いけど・・・」テニスを頑張る、その理由につ…
  3. テニス メンタル

    テニススクール

    テニスコーチに教わっている人は、コーチの本音を引き出そう
  4. テニス 水分補給

    水分補給

    テニスの試合に勝つ為に必要な、「水分補給」に関する基本的な考え方とは?
  5. スマッシュ

    スマッシュとサーブの違いを考えると、「少しだけスマッシュが楽になる」考え方につい…
PAGE TOP