リターン

相手がトスを上げた瞬間、はポジションチェンジのチャンス!

アナタ自身が、リターンのときに。

このチャンスタイムを使わない手はないですよ。

リターンのポジション、はもっと巧みに変えて良い。

それも、相手にばれないように変えることが出来れば、相当優位に立てる・・・と思いませんか?

 

相手がトスを上げた瞬間、はポジションチェンジのチャンス!

 


 

1.相手のサーブ、大体来るコースは決まっている

実際の試合、どうでしょう?

みなさんの対戦相手、しっかりサーブを両コーナーに打ち分けてくる選手、どの程度いるでしょうか?

セカンドサーブになったら、ほとんどが決まったコース、なはず。

だったら、予測して回り込んだり、前に出たり、色々な形でプレッシャーをかけることが有効ですよね。

リターンゲーム、きっともっと、動いて良い。

そして動くなら、相手の目線が切れるこのタイミング、がベストでしょう。

 

2.トスアップの瞬間、でポジションは変えられる

まず、基本は前に入る。

相手がトスアップしたら、前に入ってよりリターンを速いタイミングで打てる場所にポジションチェンジ、することがベスト。

そして、更に相手のコースの傾向を読んで、フォアハンドで回り込むのも良いですよね。

私は、相手のセカンドサーブのときには結構、これを大胆にやります。

そうすることで、相手は打つ前には普通のポジションにいると思った相手も・・・サーブが「打ちごろ」な場所に移動している。

こういうポジション、は自分から動くことで作れます。

相手が目線を切る、トスアップの瞬間が一番有効ですから。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

3.1メートル横にずれるだけで、全然違うのがリターン

基本は、前に入りながらフォアハンドで回り込みましょう。

1メートル、フォアハンド側に回り込むだけで、かなりリターンは返しやすくなるはずです。

トスアップからサーブを打つ、までの間の時間は、実は結構長い。

相手が見ていないところで動く、なら大胆にいきましょう。

バックハンドリターンが苦手なら、なおさらですね。

打たない、打つ必要が無い場所、に自分から動けば良いだけの話ですから。

 

4.逆を突かれたら、それは仕方ない

勝負に出ている訳ですから、逆を突かれたらもうしょうがない。

そこを気にしていると、大胆に動けないですよ。

捨てるところ、は捨てる。

特にセカンドサーブでは、鋭いサーブは入らない、と思って捨てましょう。

むしろ、置きに来るようなサーブをしっかり叩くことを最優先する。

そのために、相手がトスアップして打つまでの間の時間、このゴールデンタイムを使わない手はないですよ。

 

ぜひ、プロ選手の動画もチェックしてみて下さい。

私たちはついサーブを打つ相手、を見てしまいますが、リターンの選手をしっかり見るべきなんです。

細かいステップ、心理戦、とても見応えがあると思いますよ。

そして、リターンならたくさん真似出来るポイントがあるはず。

要チェックです!

ピックアップ記事

  1. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. リターン

    ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です

    ダブルスの試合のリターンゲーム。みなさん、どういう戦い方がメイ…

  2. テニス サーブ

    リターン

    しっかり肩が入ったサーブのフォームからは、センター狙いの可能性大

    これは最近、私が意識しているポイントなんですが・・・リターンのときの、…

  3. テニス リターン

    リターン

    試合で使えるリターンが1種類?それじゃ、勝てないですよね

    シングルスでもダブルスでも、テニスの試合はリターンから始まる。…

  4. テニス ストローク

    リターン

    速いサーブにリターンが弾かれる人は、この基本を見直そう

    リターンゲームで、サーブが返せない。強い相手との試合だと、それ…

  5. テニス サーブ

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンゲームこそネットプレーを入れていきたい」4つの理由

    リターンゲームで、アナタは何か違いを作れる選手でしょうか。つい…

  6. テニス ストローク

    リターン

    「気持ちがこもった」プレーなら、相手前衛を気にする必要は無い

    ダブルスの後衛で、プレーをしているとき。調子が悪いときって、や…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 練習

    ボレー

    ボレー対ストロークのラリー練習、「実戦の試合を想定して」大事な要素とは?
  2. テニス メンタル

    ストローク

    ダブルスで後衛としての展開力を鍛えたいなら、相手の後衛をどんどん走らせよう
  3. テニス チーム

    メンタル

    「全然練習が出来ていないのに、久々のテニスの試合‥」のときに注意すべき4つのポイ…
  4. テニス メンタル

    その他

    テニスの技術は、「人それぞれ、個性的で良い」はテニスコーチの責任放棄だと思う
  5. テニス サイト

    日々の雑記

    LINEは便利だけど、慣れると怖いんじゃないかという話
PAGE TOP