リターン

相手がトスを上げた瞬間、はポジションチェンジのチャンス!

アナタ自身が、リターンのときに。

このチャンスタイムを使わない手はないですよ。

リターンのポジション、はもっと巧みに変えて良い。

それも、相手にばれないように変えることが出来れば、相当優位に立てる・・・と思いませんか?

 

相手がトスを上げた瞬間、はポジションチェンジのチャンス!

 

1.相手のサーブ、大体来るコースは決まっている

実際の試合、どうでしょう?

みなさんの対戦相手、しっかりサーブを両コーナーに打ち分けてくる選手、どの程度いるでしょうか?

セカンドサーブになったら、ほとんどが決まったコース、なはず。

だったら、予測して回り込んだり、前に出たり、色々な形でプレッシャーをかけることが有効ですよね。

リターンゲーム、きっともっと、動いて良い。

そして動くなら、相手の目線が切れるこのタイミング、がベストでしょう。

 

2.トスアップの瞬間、でポジションは変えられる

まず、基本は前に入る。

相手がトスアップしたら、前に入ってよりリターンを速いタイミングで打てる場所にポジションチェンジ、することがベスト。

そして、更に相手のコースの傾向を読んで、フォアハンドで回り込むのも良いですよね。

私は、相手のセカンドサーブのときには結構、これを大胆にやります。

そうすることで、相手は打つ前には普通のポジションにいると思った相手も・・・サーブが「打ちごろ」な場所に移動している。

こういうポジション、は自分から動くことで作れます。

相手が目線を切る、トスアップの瞬間が一番有効ですから。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

3.1メートル横にずれるだけで、全然違うのがリターン

基本は、前に入りながらフォアハンドで回り込みましょう。

1メートル、フォアハンド側に回り込むだけで、かなりリターンは返しやすくなるはずです。

トスアップからサーブを打つ、までの間の時間は、実は結構長い。

相手が見ていないところで動く、なら大胆にいきましょう。

バックハンドリターンが苦手なら、なおさらですね。

打たない、打つ必要が無い場所、に自分から動けば良いだけの話ですから。

 

4.逆を突かれたら、それは仕方ない

勝負に出ている訳ですから、逆を突かれたらもうしょうがない。

そこを気にしていると、大胆に動けないですよ。

捨てるところ、は捨てる。

特にセカンドサーブでは、鋭いサーブは入らない、と思って捨てましょう。

むしろ、置きに来るようなサーブをしっかり叩くことを最優先する。

そのために、相手がトスアップして打つまでの間の時間、このゴールデンタイムを使わない手はないですよ。

 

ぜひ、プロ選手の動画もチェックしてみて下さい。

私たちはついサーブを打つ相手、を見てしまいますが、リターンの選手をしっかり見るべきなんです。

細かいステップ、心理戦、とても見応えがあると思いますよ。

そして、リターンならたくさん真似出来るポイントがあるはず。

要チェックです!

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. リターン

    確実にクロスに返球する、リターンに必要な身体の向きについて

    リターンを確実にクロスに返す。この意識、よりダブルスで必要にな…

  2. テニス ボレー

    リターン

    ミスしても、セカンドサーブをアタックしていく重要性について

    リターンゲームの、基本スタンス。試合に勝ちたいなら、これをしっ…

  3. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合のリターンは、パートナーに「どう返す予定か」は伝えよう

    ダブルスの試合、リターンで大事なこと。それは、レベルに限らずコ…

  4. テニス ストローク

    リターン

    逆クロス方向へのリターン、を磨けば試合で強くなる

    特に、ダブルスの試合で勝ちたい、と頑張っているみなさんへ。リタ…

  5. テニス ロブ

    リターン

    テニスの試合で使えるリターンダッシュの一番のコツは、コンパクトな打ち終わりに尽きる

    リターンダッシュで、ネットを取る。サーブを打ち終えて安心してい…

  6. テニス リターン

    リターン

    テニスの試合で「リターンが安定しない人」は、最初の一歩目で膝を曲げて目線を落としましょう

    試合の流れを大きく左右するのが、リターンの精度。サーブもそうで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    大事なポイントでのスマッシュは、打った後も空を見続けよう
  2. テニス 確率

    サーブ

    ダブルフォルトが多い人は、まず「ファーストとセカンドの差」を小さくしていく努力か…
  3. テニス 雨

    メンタル

    テニスの試合では、「やらないといけないこと」よりも「やらないで良いこと」をハッキ…
  4. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合、やっぱり「ミスしてもポーチに出て来る前衛」って、嫌じゃないですか…
  5. テニス リターン

    ストローク

    自分の武器は、「徹底的に試合で使う」くらいの強引さがあっても良い
PAGE TOP