テニス ボレー

ストローク

ネットプレイヤーの相手の正面を突けば、浮き球を引き出せる

特に、これはダブルスの試合で使えるテクニック。

無理に、空いているコースを狙うとミスが増える、時にはこういうショットが必要なのがテニスの試合です。

チャンスを引き出す、相手がネットにいるときに、上手くボディを突けるかどうか。

試合ですからね、遠慮なくいきましょう。

 

ネットプレイヤーの相手の正面を突けば、浮き球を引き出せる

 


 

1.センター守備、を徹底しているペアには・・・?

ダブルスの試合で強いペアって、とにかく守りが固い。

並行陣で2人の間、センターに打っても、両方で反応して防がれる。

2人の距離感も近いし、なかなか狙いどころが無いような時、試合でありますよね。

こういう時、私はストロークで相手の正面を一度突きます。

イメージは、本当に突く感じ。

狙いは、正面を突いて浮き球、を引き出すこと。

これが出来れば、試合で優位に展開出来ますから。

 

2.突き球、がなぜ有効なのか?

これについて、理由は簡単です。

まず、並行陣のような相手は絶対に意識がセンターの守備、に寄っています。

センターを守る、という意識があるから、自分の正面に打たれると反応が遅れる。

どうしても、人は「空いているスペース」を守りたくなるじゃないですか。

そこに打っても、上手い守備でかわされるだけ。

正面、相手が準備や想定していないような場所、に打つから反応が遅れる。

そして、返球がチャンスになるんです。

 

3.浮き球は、2人でチャージして攻撃!

ダブルスですから、ココで意識を合わせたい。

相手の正面を突いて、引き出したチャンスは2人で攻める。

前衛が触っても良いし、後衛が打って前に出ても良い。

とにかく、「ここで一気にチャージするんだ!」という意識が大事なんですよね。

浮き球を引き出してから、がヨーイドン!

そう思えたら、並行陣だって怖く無いですよね。

 

4.相手の顔に当てなければ、大丈夫

これが出来るかどうか、は意識次第。

「やっぱり、身体は狙えない・・・」と思っている方は、顔狙いだけ避ければOK。

それ以外なら、テニスはラケットがありますから、そう簡単に怪我はしません。

狙っていなくても正面、身体に当たることはありますからね・・・もし、そうなったら、試合中でも一言謝れば大丈夫。

そもそも、浮き球を引き出すボールなので、強打する必要は無いです。

強打すれば相手に見極められてアウト、になる可能性も高いですから。

コントロールショットとして、相手の正面をしっかり狙う。

この意識、絶対に試合で必要です。

 

相手のいないところ、を警戒している相手なら。

無理にそこを狙う必要は無いですよね。

狙いは、相手が想定していないような場所、じゃないと。

正面を突いてチャンスメイク、テニスの基本です。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  3. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ボレーヤーの足下に沈めるストローク、ラケットを低い位置でフィニッシュ!

    相手の足下に、ストロークでボールを沈める。しっかりスピンをかけ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    「両手バックハンドストロークのダウンザライン」をテニスの試合で打てるようになるポイント4つ

    ジョコビッチ選手にマレー選手、ナダル選手、そして錦織選手。トッ…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    「楽で便利なスライスショット」は学生のテニスの試合でも必要なテクニックです

    最近スライスショットをよく使うようになった。理由は簡単。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    バックハンドは、肘を伸ばした打点でパワーアップ!

    バックハンドストロークを、強化したいみなさんへ。打点での意識、…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    攻めのスライスと守備のスライス、はココを変えてメリハリを付けていこう

    スライスのストロークのメリット、それは攻撃と守備の両方で使えるというこ…

  6. テニス ストローク

    ストローク

    厳しいボールをスライスで返球するときほど、上からラケットを入れよう

    シングルスの試合では、厳しいボールを追いかけることも多い。2バ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    集中力を上げる、自分のポイントパターンを持っておこう
  2. テニス ロブ

    ボレー

    「深いボレーとドロップボレーを簡単に打ち分ける」テニスのネットプレーで役立つグリ…
  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュの決定力を上げるためには、「自分が打つ場所を、相手が打った瞬間に決める…
  4. テニス ボレー

    戦術

    イメージ通りのカウントを作っていく、ことがメンタルの安定につながる
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュに必要な「ラケットを持っていない腕の使い方」をマスターして試合に備える…
PAGE TOP