テニス ボレー

ストローク

ネットプレイヤーの相手の正面を突けば、浮き球を引き出せる

特に、これはダブルスの試合で使えるテクニック。

無理に、空いているコースを狙うとミスが増える、時にはこういうショットが必要なのがテニスの試合です。

チャンスを引き出す、相手がネットにいるときに、上手くボディを突けるかどうか。

試合ですからね、遠慮なくいきましょう。

 

ネットプレイヤーの相手の正面を突けば、浮き球を引き出せる

 


 

1.センター守備、を徹底しているペアには・・・?

ダブルスの試合で強いペアって、とにかく守りが固い。

並行陣で2人の間、センターに打っても、両方で反応して防がれる。

2人の距離感も近いし、なかなか狙いどころが無いような時、試合でありますよね。

こういう時、私はストロークで相手の正面を一度突きます。

イメージは、本当に突く感じ。

狙いは、正面を突いて浮き球、を引き出すこと。

これが出来れば、試合で優位に展開出来ますから。

 

2.突き球、がなぜ有効なのか?

これについて、理由は簡単です。

まず、並行陣のような相手は絶対に意識がセンターの守備、に寄っています。

センターを守る、という意識があるから、自分の正面に打たれると反応が遅れる。

どうしても、人は「空いているスペース」を守りたくなるじゃないですか。

そこに打っても、上手い守備でかわされるだけ。

正面、相手が準備や想定していないような場所、に打つから反応が遅れる。

そして、返球がチャンスになるんです。

 

3.浮き球は、2人でチャージして攻撃!

ダブルスですから、ココで意識を合わせたい。

相手の正面を突いて、引き出したチャンスは2人で攻める。

前衛が触っても良いし、後衛が打って前に出ても良い。

とにかく、「ここで一気にチャージするんだ!」という意識が大事なんですよね。

浮き球を引き出してから、がヨーイドン!

そう思えたら、並行陣だって怖く無いですよね。

 

4.相手の顔に当てなければ、大丈夫

これが出来るかどうか、は意識次第。

「やっぱり、身体は狙えない・・・」と思っている方は、顔狙いだけ避ければOK。

それ以外なら、テニスはラケットがありますから、そう簡単に怪我はしません。

狙っていなくても正面、身体に当たることはありますからね・・・もし、そうなったら、試合中でも一言謝れば大丈夫。

そもそも、浮き球を引き出すボールなので、強打する必要は無いです。

強打すれば相手に見極められてアウト、になる可能性も高いですから。

コントロールショットとして、相手の正面をしっかり狙う。

この意識、絶対に試合で必要です。

 

相手のいないところ、を警戒している相手なら。

無理にそこを狙う必要は無いですよね。

狙いは、相手が想定していないような場所、じゃないと。

正面を突いてチャンスメイク、テニスの基本です。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム

関連記事

  1. ストローク

    雁行陣のストロークで押していくには、バリエーションが欠かせない

    ダブルスの試合、雁行陣の後衛でのストローク。ここでしっかり、押して…

  2. テニス 練習

    ストローク

    テニス初心者の方にありがちな、「ストロークで肘が後ろに残る形」を修正しよう

    テニスで「手打ち」と呼ばれる現象。そのほとんどは、肘から先の腕…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    試合で攻撃的な重たいスライスは、コツさえつかめば女性でも簡単に打てます

    試合で重たいスライス、打って前にアプローチ・・・理想ですよね。…

  4. テニス サーブ

    ストローク

    ウィンブルドンの前に確認しておきたい「テニスにおけるスライスのメリット」5つ

    もうすぐテニスの一大イベント、ウィンブルドンが開幕。男子は錦織…

  5. テニス メンタル

    ストローク

    「使ってない軸足ありませんか?」テニスのストロークで意識したい自分のスタンスについて

    テニスのプレーにおいて、軸足の使い方はかなり重要である。右足と…

  6. テニス ストローク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「セカンドサーブが、どうしても安定しない」試合で全く入らなくなったときの、緊急対…
  2. テニス 並行陣

    サーブ

    安定した回転系のサーブは、こするのではなく「弾く」感覚で
  3. テニス ミス

    戦術

    緻密なコントロールこそ、試合では最高のプレッシャーになる
  4. テニス ロブ

    ストローク

    身長が高いテニスプレイヤーは「ボディへのアタック」から崩す、が大原則です
  5. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドのリターンが安定しない人は、「後ろ側の腕の脇」を締めて打つ
PAGE TOP