テニス ボレー

ストローク

ネットプレイヤーの相手の正面を突けば、浮き球を引き出せる

特に、これはダブルスの試合で使えるテクニック。

無理に、空いているコースを狙うとミスが増える、時にはこういうショットが必要なのがテニスの試合です。

チャンスを引き出す、相手がネットにいるときに、上手くボディを突けるかどうか。

試合ですからね、遠慮なくいきましょう。

 

ネットプレイヤーの相手の正面を突けば、浮き球を引き出せる

 


 

1.センター守備、を徹底しているペアには・・・?

ダブルスの試合で強いペアって、とにかく守りが固い。

並行陣で2人の間、センターに打っても、両方で反応して防がれる。

2人の距離感も近いし、なかなか狙いどころが無いような時、試合でありますよね。

こういう時、私はストロークで相手の正面を一度突きます。

イメージは、本当に突く感じ。

狙いは、正面を突いて浮き球、を引き出すこと。

これが出来れば、試合で優位に展開出来ますから。

 

2.突き球、がなぜ有効なのか?

これについて、理由は簡単です。

まず、並行陣のような相手は絶対に意識がセンターの守備、に寄っています。

センターを守る、という意識があるから、自分の正面に打たれると反応が遅れる。

どうしても、人は「空いているスペース」を守りたくなるじゃないですか。

そこに打っても、上手い守備でかわされるだけ。

正面、相手が準備や想定していないような場所、に打つから反応が遅れる。

そして、返球がチャンスになるんです。

 

3.浮き球は、2人でチャージして攻撃!

ダブルスですから、ココで意識を合わせたい。

相手の正面を突いて、引き出したチャンスは2人で攻める。

前衛が触っても良いし、後衛が打って前に出ても良い。

とにかく、「ここで一気にチャージするんだ!」という意識が大事なんですよね。

浮き球を引き出してから、がヨーイドン!

そう思えたら、並行陣だって怖く無いですよね。

 

4.相手の顔に当てなければ、大丈夫

これが出来るかどうか、は意識次第。

「やっぱり、身体は狙えない・・・」と思っている方は、顔狙いだけ避ければOK。

それ以外なら、テニスはラケットがありますから、そう簡単に怪我はしません。

狙っていなくても正面、身体に当たることはありますからね・・・もし、そうなったら、試合中でも一言謝れば大丈夫。

そもそも、浮き球を引き出すボールなので、強打する必要は無いです。

強打すれば相手に見極められてアウト、になる可能性も高いですから。

コントロールショットとして、相手の正面をしっかり狙う。

この意識、絶対に試合で必要です。

 

相手のいないところ、を警戒している相手なら。

無理にそこを狙う必要は無いですよね。

狙いは、相手が想定していないような場所、じゃないと。

正面を突いてチャンスメイク、テニスの基本です。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    フォアハンドが打てない、グリップも分からない症候群に陥ったみなさんへ

    テニスを続けていると、必ずこれは経験します。始めたばかりのころ…

  2. ストローク

    テニスの試合で、「チェンジオブペース、よく分からない…」という人は、攻撃できる場面での選択肢を増やし…

    ベイビーステップの主人公、栄ちゃんの影響で、テニスにおける「チェンジオ…

  3. テニス 練習
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークでしっかり、「ラケットダウンさせてからボールを捉える」ことが出来れば、自然にスピン回転はか…

    ご質問をたくさん頂く中で、一番多いのがストロークでお悩みの方が多いです…

  5. ストローク

    ダウンザラインへ振り切るストロークは、前で終わるから安定する

    ダウンザライン方向への、ストロークの展開力。この精度が、試合で…

  6. ストローク

    相手の打つボールが、「スピンなのかスライスなのか?」を予測する為に必要な観察箇所とは?

    「相手が打つボールを、予測する」ことの大切さは、何度か書かせて頂きまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの練習こそ、チームで取り組むから成果が出る
  2. テニス スマッシュ

    戦術

    テニスの試合に勝つためには、「スタートダッシュが大原則」である
  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスで低い位置からの速いボレー、を打っているうちはまだまだ未熟
  4. テニス サーブ

    サーブ

    クイックサーブを練習して、試合のオプションとして使えるように
  5. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドストロークは、「インパクトと同時に曲げた膝を伸ばしていく」と威力…
PAGE TOP