テニス ボレー

ボレー

ポーチボレーでいつもミスしてしまうのは、「自分のボディに近いボール」のさばき方を知らないから

「ダブルスの試合、ポーチに出ても決まらなくて・・・」というお悩み、たくさん頂きます。

ミスして結局、あまり出れなくなって後衛を助けることが出来ないで、試合に負けてしまう。

アナタのポーチボレーが決まらないのは、この問題があるから、ではないですか?

ダブルスの前衛には、必須の技術です。

 

ポーチボレーでいつもミスしてしまうのは、「自分のボディに近いボール」のさばき方を知らないから

 

■ポーチボレーに求められるボレー、とは?

まず考えたいのは、この問題。

相手後衛のショットに割り込んでいく、のが前衛のポーチボレー。

割り込んでいく、ということはどういうことか・・・それは、自分の身体の正面近くに来る可能性が高い、ということ。

飛びついて触る、というよりもポーチは先に動いておいて「待ち構えておく」ことが大事。

ですので、自分の身体近くのボレー、さえさばければポーチボレーは決定力が増す。

普段のボレーとは違う部分を、しっかり認識しましょう。

 

■身体の近くのボレー、はなぜ難しいのか

色々な考え方や、アドバイスの方法があると思います。

私は、身体の近くは「ラケットを動かすのが難しい」のと、「自分の身体にボールが迫って来る、恐怖心」があるからだと思います。

速いボールが自分の身体に飛んでくると、やっぱり怖い。

怖いから冷静な判断が出来ないし、身体の近くではラケット操作が難しい・・・から、結果的にポーチボレーでボディに近いボールがさばけなくなるのです。

この点を踏まえて、どういう対応が必要か考えてみましょう。

コツは、とにかくシンプルに・・・です。

 

■目線を低く、ラケット面でボールを飛ばす

まず、ポーチボレーで触るボールには力がある。

相手後衛が打ったボールの力を、そのまま利用する、向きを変えてあげるだけで良い。

ラケット面だけ作って、ムダな動きはしない。

ボレーの基本、ですね。

そしてもう一つ、目線をしっかり落とすこと。

膝を曲げて胸を張る、目線が低くなっていれば、それだけ速いボールへの恐怖心も減ります。

ボディに近いボレー、でもしっかり対応出来るでしょう。

少しだけ意識して、前衛のポーチボレーに挑んでみて下さい。

 

きっと、アナタ自身の苦手意識、が一番の問題。

ポーチボレー、難しくしているのは自分自身。

シンプルな技術と、恐怖心を克服すること。

ボディの近くのボレー、は試合で打つ機会が多い。

打ち易いボレーの練習ばかり、球出しやラリーで練習していても・・・試合では意外と、使う機会が少ないですよ。

ピックアップ記事

  1. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. テニスの試合、急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  5. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    「ボレー上達は、ネットプレー心にあり」テニスの試合で苦手意識を克服する為に

    とにかくボレーが嫌い!高校生の頃はそう感じていたし、高校卒業し…

  2. テニス コントロール

    ボレー

    テニスの試合で「ボレーが安定しない人」のほとんどに共通するのは、両手の距離感の問題

    ソフトテニスを経験していた方は、とてもパンチ力のあるボレーを打ってきま…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    低い位置でのボレー、基本通りだと打ち辛いと思う

    テニスの技術の中で、難しい技術の一つ、ローボレー。足下の低い位…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ローボレーが苦手で浅くなる人は、「もう一度踏み込む足」を意識して下半身から打とう!

    苦手意識があると、テニスではそれが下半身に出る。ローボレー、低…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    相手ボレーヤーに「ハーフボレー」をさせた後は、徹底的に前に詰めて攻撃していこう!

    相手ばボレーをするときに、アナタはどのあたりをチェックしますか?…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    サーブ&ドライブボレーは、現代テニスの必勝形

    私が中学生、高校生くらいの頃は、男子の選手は半分くらいがサーブ&ボレー…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で「パッシングショットをしっかり打ち切る」為には、あえて相手のポジシ…
  2. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出たときに「ボディ正面を突かれたとき」の為に、対処ボレーを覚えてお…
  3. テニス ボレー

    リターン

    テニスの試合では、ダブルフォルトは待ってるだけじゃなくて「積極的にもらいに」いか…
  4. テニス コート

    スマッシュ

    「スマッシュ、チャンスか否か・・・。」テニスの試合ではコースを隠すことでチャンス…
  5. シングルス

    シングルスの試合で、全くネットに出てこない相手ほど楽な相手はいない
PAGE TOP