テニス ボレー

ボレー

ポーチボレーでミス、「自分のボディに近いボール」のさばき方を知らないだけ

「ダブルスの試合、ポーチに出ても決まらなくて・・・」というお悩み、たくさん頂きます。

ミスして結局、あまり出れなくなって後衛を助けることが出来ないで、試合に負けてしまう。

アナタのポーチボレーが決まらないのは、この問題があるから、ではないですか?

ダブルスの前衛には、必須の技術です。

 

ポーチボレーでミス、「自分のボディに近いボール」のさばき方を知らないだけ

 


 

■ポーチボレーに求められるボレー、とは?

まず考えたいのは、この問題。

相手後衛のショットに割り込んでいく、のが前衛のポーチボレー。

割り込んでいく、ということはどういうことか・・・それは、自分の身体の正面近くに来る可能性が高い、ということ。

飛びついて触る、というよりもポーチは先に動いておいて「待ち構えておく」ことが大事。

ですので、自分の身体近くのボレー、さえさばければポーチボレーは決定力が増す。

普段のボレーとは違う部分を、しっかり認識しましょう。

 

■身体の近くのボレー、はなぜ難しいのか

色々な考え方や、アドバイスの方法があると思います。

私は、身体の近くは「ラケットを動かすのが難しい」のと、「自分の身体にボールが迫って来る、恐怖心」があるからだと思います。

速いボールが自分の身体に飛んでくると、やっぱり怖い。

怖いから冷静な判断が出来ないし、身体の近くではラケット操作が難しい・・・から、結果的にポーチボレーでボディに近いボールがさばけなくなるのです。

この点を踏まえて、どういう対応が必要か考えてみましょう。

コツは、とにかくシンプルに・・・です。

 

■目線を低く、ラケット面でボールを飛ばす

まず、ポーチボレーで触るボールには力がある。

相手後衛が打ったボールの力を、そのまま利用する、向きを変えてあげるだけで良い。

ラケット面だけ作って、ムダな動きはしない。

ボレーの基本、ですね。

そしてもう一つ、目線をしっかり落とすこと。

膝を曲げて胸を張る、目線が低くなっていれば、それだけ速いボールへの恐怖心も減ります。

ボディに近いボレー、でもしっかり対応出来るでしょう。

少しだけ意識して、前衛のポーチボレーに挑んでみて下さい。

 

きっと、アナタ自身の苦手意識、が一番の問題。

ポーチボレー、難しくしているのは自分自身。

シンプルな技術と、恐怖心を克服すること。

ボディの近くのボレー、は試合で打つ機会が多い。

打ち易いボレーの練習ばかり、球出しやラリーで練習していても・・・試合では意外と、使う機会が少ないですよ。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーを深くスライスでつなげるようになると、ダブルスの試合で勝てる

    簡単なようで難しい、のがハイボレー。特に試合では、攻撃したいけ…

  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    やっと届いたボレーは、実はドロップボレーにしやすい

    今回も、少し裏技的なお話を。実際に、やっている人も多いと思いま…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    「ドロップボレーはラケットを振らない?」いやいや、スライスをしっかりかけるから安定します

    ドロップボレーに対しての意識は、中級者と上級者では大きな違いがあること…

  4. ボレー

    「ボレー、多方向へ打てるかい?」テニスの試合では、人のいないコースを狙おう!

    ラリー練習ってよくやるでしょ?ストロークラリーもよくやるし、ボ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ボールの軌道に先回り、がボレーの基本中の基本

    ボレーはシンプルに、出来るだけラケットを動かさないこと。この基…

  6. テニス スマッシュ

    ボレー

    ボレーで決めることが出来ない…人は、「相手がボールを打つ少し前」に、打つコースを決めてしまおう

    ボレーの決定力、自分はある!と自信を持って言えますか?なかなか…

特集記事

  1. テニス リターン

    フットワーク

    打った後に、ゆったり戻る・・・癖を直さないと
  2. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合で「初中級者でもサーブで攻めていきたい!」ときに、有効なコースを考え…
  3. テニス知識

    これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  4. テニス ドロップショット

    ストローク

    バックハンドがいつも浅くなる人が、見直したいストローク5つの基本
  5. テニス メンタル

    メンタル

    取れそうで失ったゲーム、を試合で引きずってはいけない
PAGE TOP