テニス ボレー

ロブ

ロブは相手を後ろに下げるショット、そこからどうする?

私は思うんですけど、ロブを使わない人ってもったいない。

どこかに、怖さがあるんだと思います。

「スマッシュを打たれたら、どうしよう・・・」と。

でも、私はそれでも良いと思うんですよ。

だって、ロブの役割はこれだと思ってますから。

打たれることを怖がっていては、試合で打てないですよ。

 

ロブは相手を後ろに下げるショット、そこからどうする?

 

1.相手を後ろに下げることが出来れば、それでOK

私がロブを打つときには、この感覚です。

特に、相手がストロークタイプの選手ならそうですね。

下がってスマッシュ、全然怖くない。

むしろ、相手は嫌なはずですよ。

ネットから遠い場所で、ノーバウンドでボールを触る。

このこと自体で、かなりの恐怖心があるはずなんです。

きっと、強烈なスマッシュなんて来ない。

問題は、その次の展開方法です。

 

2.出来るだけ、速くその次のボールから展開を!

相手が下がってスマッシュ、またはハイボレーカットでしょうか。

そんな選手に対して、大事なのはその次です。

だからこそ、私自身は、こう考えています。

出来るだけ、その次のボールを早く展開したい。

相手が後ろに下がっている、次に戻る時間を与えてはいけないんです。

時間を与えれば、相手は下がったりまた前に詰めたり、色々出来る。

だからこそ、大事なのは次のアクションです。

 

3.ロブと自分の動き、を連動させていこう

もし、自分が打ったロブが相手を下げることが出来る、と思ったら前に出る。

いや、そう信じて、自分がロブを打つ動作と前に出る動作、をセットにするべきでしょう。

前に出る、ネットに詰めるつもりでロブを打つ。

これでいきましょう。

もし結果的にスマッシュを打たれるにしても、自分が後ろではなく少し前、のポジションで触る。

よく、ロブが「抜けたら前」と思っている人がいますが、それだと遅いですよ。

ロブが抜けるなんて、最高のチャンス。

そのチャンスを、自分が良いポジション、で迎えないと。

前に出ていく動作、動き、ポジションはきっと、アナタ自身に欠けている部分です。

 

4.相手を下げれば、テニスはそう簡単に失点しない

だからこそ、ロブが必要なんです。

私はそう思いますよ。

一般レベルの私たちの試合、ダブルスでは特にそうでしょう。

相手を、ネットから遠ざける。

この魔法のショットがロブ、なんですよ。

対戦相手が、望んでいることは何でしょう?

前に出て、アナタ自身にプレッシャーをかける。

そこで、ロブがアウト、パッシングショットがネット、じゃないですか。

そこで相手に簡単にポイントを与えてはいけないんです。

これだけは、絶対に意識して欲しいポイントです。

 

ロブのハードルを、勝手に自分で上げている人が多過ぎ。

入りもしないトップスピンロブ、焦ってスライスロブ、は試合では使えません。

アナタ自身が、しっかり「相手を後ろに下げる」ことを目的にしないと。

もっともっと、見直せば使えるショット。

それがロブ、でしょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  4. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス リターン

    ロブ

    試合で使えるロブは、コートの1メートル内側の落とす感覚で良い

    試合で使えるロブ、みなさんもう一度イメージしてみましょう。綺麗…

  2. テニス ダブルス

    ロブ

    ロブは後衛がカバーする、という発想がダブルスを弱くしていく

    前衛の後ろ、打たれたロブを後衛がカバーしていく。これって、テニ…

  3. テニス メンタル

    ロブ

    試合に強い選手は、ロブで抜かれても全く諦めない

    試合で強い選手って、とにかく諦めない。それがよく分かるのが、自…

  4. ロブ

    トップスピンロブは、前足上げで切れ味アップ!

    試合で使えるトップスピンロブ。今の自分の打ち方から、どこを変え…

  5. ロブ

    後衛にバックボレーでカットさせる、のがダブルスの試合でのナイスロブ

    ダブルスの試合、どんなレベルでも有効な作戦。それは、こういうロ…

  6. テニス ロブ

    ロブ

    ロブで粘り強く戦う相手を、どこかで舐めてはいないか?

    皆さん胸に手を当てて、聞いてみて下さい。シングルスでも、ダブル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. その他

    「俺に今出来ること」テニスを通じて何が出来るのかを考え続ける
  2. ストローク

    テニスの試合のストロークで、「ボールが持ち上がらない・・・」と感じている人に、必…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ハーフボレーは、ラケット動作を止めて待って良い
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークに威力が出ないのは、テイクバックが遅くて不十分だから
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブに苦手意識がある人こそ、しっかり狙う癖を付けよう
PAGE TOP