テニス ボレー

ロブ

ロブは相手を後ろに下げるショット、そこからどうする?

私は思うんですけど、ロブを使わない人ってもったいない。

どこかに、怖さがあるんだと思います。

「スマッシュを打たれたら、どうしよう・・・」と。

でも、私はそれでも良いと思うんですよ。

だって、ロブの役割はこれだと思ってますから。

打たれることを怖がっていては、試合で打てないですよ。

 

ロブは相手を後ろに下げるショット、そこからどうする?

 

1.相手を後ろに下げることが出来れば、それでOK

私がロブを打つときには、この感覚です。

特に、相手がストロークタイプの選手ならそうですね。

下がってスマッシュ、全然怖くない。

むしろ、相手は嫌なはずですよ。

ネットから遠い場所で、ノーバウンドでボールを触る。

このこと自体で、かなりの恐怖心があるはずなんです。

きっと、強烈なスマッシュなんて来ない。

問題は、その次の展開方法です。

 

2.出来るだけ、速くその次のボールから展開を!

相手が下がってスマッシュ、またはハイボレーカットでしょうか。

そんな選手に対して、大事なのはその次です。

だからこそ、私自身は、こう考えています。

出来るだけ、その次のボールを早く展開したい。

相手が後ろに下がっている、次に戻る時間を与えてはいけないんです。

時間を与えれば、相手は下がったりまた前に詰めたり、色々出来る。

だからこそ、大事なのは次のアクションです。

 

3.ロブと自分の動き、を連動させていこう

もし、自分が打ったロブが相手を下げることが出来る、と思ったら前に出る。

いや、そう信じて、自分がロブを打つ動作と前に出る動作、をセットにするべきでしょう。

前に出る、ネットに詰めるつもりでロブを打つ。

これでいきましょう。

もし結果的にスマッシュを打たれるにしても、自分が後ろではなく少し前、のポジションで触る。

よく、ロブが「抜けたら前」と思っている人がいますが、それだと遅いですよ。

ロブが抜けるなんて、最高のチャンス。

そのチャンスを、自分が良いポジション、で迎えないと。

前に出ていく動作、動き、ポジションはきっと、アナタ自身に欠けている部分です。

 

4.相手を下げれば、テニスはそう簡単に失点しない

だからこそ、ロブが必要なんです。

私はそう思いますよ。

一般レベルの私たちの試合、ダブルスでは特にそうでしょう。

相手を、ネットから遠ざける。

この魔法のショットがロブ、なんですよ。

対戦相手が、望んでいることは何でしょう?

前に出て、アナタ自身にプレッシャーをかける。

そこで、ロブがアウト、パッシングショットがネット、じゃないですか。

そこで相手に簡単にポイントを与えてはいけないんです。

これだけは、絶対に意識して欲しいポイントです。

 

ロブのハードルを、勝手に自分で上げている人が多過ぎ。

入りもしないトップスピンロブ、焦ってスライスロブ、は試合では使えません。

アナタ自身が、しっかり「相手を後ろに下げる」ことを目的にしないと。

もっともっと、見直せば使えるショット。

それがロブ、でしょう。

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス メンタル

    ロブ

    試合に強い選手は、ロブで抜かれても全く諦めない

    試合で強い選手って、とにかく諦めない。それがよく分かるのが、自…

  2. ロブ

    ダブルスの試合、ストレートロブからのポジショニングの基本について

    ダブルスの試合で、相手をロブで動かしていく。これが出来ない人っ…

  3. テニス ダブルス

    ロブ

    スライスロブは、自分の顔の近くで「コツン」と当てて打てばOK

    スライスロブ、ダブルスの試合でよく使いますよね。いきなりリター…

  4. テニス ポジショニング

    ロブ

    ポイント前に、「女性の上に上げられたロブは、どうするのか?」を決めておくのがミックスダブルス

    ミックスダブルスの試合に出ている方は、これを決めておきましょう。…

  5. ロブ

    仰け反りながらロブ、とっくに相手にバレている

    いかに、相手にロブを隠すか。これって、特にダブルスでは勝つため…

  6. テニス ストローク

    ロブ

    「浅いボールをギリギリキャッチ・・・」からのストレートロブは、テニスの試合で必ずアナタの助けになる!…

    シングルスでもダブルスでも、試合に強い人には共通する特徴があります…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    ダブルス

    試合中にミスを続けるダブルスペアに、「どういう言葉をかけることが出来るのか?」を…
  2. テニス ボレー

    リターン

    テニスの試合では、ダブルフォルトは待ってるだけじゃなくて「積極的にもらいに」いか…
  3. テニス ロブ

    スマッシュ

    テニスの試合、下がりながらのスマッシュは「ラケットを振る腕と反対の脚を上げる」こ…
  4. テニス ロブ

    ボレー

    試合で勝ちたければ、「ボレーは少しボールの下を触って山なり」に変えていこう
  5. テニス ボレー

    戦術

    イメージ通りのカウントを作っていく、ことがメンタルの安定につながる
PAGE TOP