テニス ボレー

ロブ

強そうな相手ほど、実はロブが効く

見るからに強そう、体格も良い。

そんな相手が対戦相手になると、ちょっとビビりますよね。

私だって、そうです。

でも、私はこうも考えます。

きっと、こういう相手にこそ、ロブが効くんだと。

 

強そうな相手ほど、実はロブが効く

 

1.強い相手は、前に詰めてくる

ダブルスの試合は、特にそうでしょう。

前に詰める、その迫力が凄い。

強い相手に対して、これをプレッシャーに感じてミスが増えるのが普通、です。

でも、ここで冷静になって欲しい。

前に詰めるということは、上が空く、後ろにスペースが出来るということ。

これは、つい見落とされがちですが、きっと強い相手こそ必要な要素。

そう、強い相手にこそ、ロブは効くんです。

 

2.スマッシュ、打たれても大丈夫!

私たちは、つい怖がってしまう。

強そうな相手に、スマッシュを打たれてしまうことを。

確かに、怖いです。

ですが、しっかりロブで相手を後ろに下げることが出来れば、怖くない。

ネットから遠い位置で打たれるなら、スマッシュだって恐れる必要は無いんです。

もったいないのは、これ自体を怖がって、ロブを上げないようなテニスになってしまうこと。

強そうなオーラに押されて、ロブを打てなくなること。

ロブが無い、というだけで、相手は楽。

強い相手でも、それは一緒ですよ。

 

3.強い相手ほど、自分から仕掛けよう

対戦相手、の気持ちになってみて下さい。

自分たちより格下、劣る相手でも、しっかり動かしてくるような相手は嫌ですよ。

ロブだって、その代名詞。

ほとんどの選手が、強い相手に力勝負、真っ向勝負で自滅する。

ロブなんて発想が無い。

自分たちから仕掛けていく、リターンからのロブなんて最高じゃないですか。

格上相手にこそ、こういうショットが必要。

私はそう思いますよ。

 

4.ロブを使う人、使わない人はハッキリ分かれる

特にダブルスの試合、はそうですよね。

ロブを使う人、使わない人。

考えているペア、考えていないペア、はハッキリ分かれます。

この意味、分かりますか?

きっと、アナタ自身も、相手に判断されているということです。

ロブが無い選手、というだけで、相手はやりやすい。

ロブがある、という選手は格上相手に強い。

それくらい、相手を動かすショットですから。

もう一度言います。

ロブを打ちましょう!みなさん。

 

強い相手は、スマッシュが上手い?

そうでも無いですよ。

少なくとも、ネットから遠い場所から打たれるスマッシュは怖くない。

どんどんロブを使って、打たせていきましょう。

それだけで、相手は前に詰めて来れなくなる。

アナタはロブを、打てる選手なはずです。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス 前衛

    ロブ

    ロブが上手い人は、相手の反応を見るのが上手いんです

    繰り返し書いてきましたが、特にダブルスの試合はロブが大事。この…

  2. テニス ストローク

    ロブ

    テニスの試合で、「ロブで逃げる」という発想を卒業しよう

    試合に慣れて来ると、「ロブ」を皆さん意識して使うようになりますね。…

  3. テニス ストローク

    ロブ

    ダブルスの試合、相手をロブで走らせたら「つなぎ球」を仕留める態勢で待ちかまえよう

    ダブルスの試合、結構ロブを使うのが上手い方は多い。でも、本当に…

  4. テニス フットワーク

    ロブ

    ロブを打つ時のテイクバックの癖を無くせば、もう立派な「ロブ名人」です

    凄いショットがある訳じゃないのに、試合で強い人。こういう人は、…

  5. テニス ストローク

    ロブ

    深いボレーをトップスピンロブで返したいときには、「後ろ足で後ろにジャンプ!」をやってみましょう

    深いボレ―をどうストロークで処理するか・・・は難しい問題です。…

  6. テニス 守備

    ロブ

    ダブルスの試合で、相手がナイスなファーストボレーをした後にはロブ、に限る

    ダブルスの試合、もっと試合の中でどんどん「変化」を付けていく。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 知識
  2. テニス メンタル
  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュを強化したいなら、「結論から入る」フットワークでいこう!
  2. ストローク

    相手の足元に沈めるストロークを打つには、「縦方向にラケットを使う」ことを意識しま…
  3. テニス ボレー

    ロブ

    ダブルスで並行陣のサーブ&ボレーでは、「厳しいリターンへの対応」をロブボレーで準…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    しっかりスピン回転をかけたストロークに共通する、打ち終わりのイメージとは?
  5. テニス メンタル

    ボレー

    「速いボールがボレー出来ない、怖い」のは、ただアナタの目線が高いから
PAGE TOP