テニス メンタル

ロブ

テニスの試合で有効なロブショットは、「ショット自体の精度よりも打つタイミング」で全てが決まる!

最近改めて個人的に、大事だなと感じているのがロブ。

今までは、ダブルスでしか使わない、どちらかと言うと「前に出来た相手に対して、前衛に対して」打つショット、という感じで私も考えていました。

でもこれが上手く使えると、試合の幅がグッと広がるし勝てる試合も増える。

特に大事なのは、精度よりもタイミング。

ロブショットの特性を考えると、その有効性が見えてきます。

 

テニスの試合で有効なロブショットは、「ショット自体の精度よりも打つタイミング」で全てが決まる!

 

■「自分が打たれて嫌なロブ」って、どんなロブ?

少し考えてみて下さい。

自分が前にいて、打たれて嫌なロブってどんなロブでしょう?

高くて深いロブ?

でもそれだと追いつけてスマッシュ、または一回落としてラリーに持ち込めますよね。

打つ方もアウトになるリスクが高い。

それよりも・・・自分が構える前に、低くて速いタイミングでロブが来ると、すごく嫌じゃないですか?

 

■「よし、ロブだ!」と誰もが思う瞬間に打っても、効果0

ロブを打つのが慣れていない、下手な人はロブを打つ雰囲気がすごく出ている。

だからこそ相手も備えるし、高くて深い、いわゆる普通のロブになりがち。

試合で勝てる選手は、ロブを上げるタイミングが早い。

ライジング気味に相手がスプリットステップを踏む前に打ったり、深いボールはそのままロブボレーで上げてくる。

これがすごく、前にいる選手にとっては脅威になるんですよね。

 

■ロブが得意になったら、どんどん「相手を前に」おびき出そう!

ロブが身に付くと、試合で攻撃パターンが増えます。

とにかく一度、相手を前に出してみて、そこから上を攻撃していくことが出来ますよね。

ドロップショットは、甘くて良いんです。

攻撃はあくまで、その返球をロブで後ろに下げる展開で。

触られるくらいでも、良いと思います!

決まるとすごく気持ちが良いですし、相手の体力を奪うことが出来る有効な攻撃パターンになるはずです!

 

山なりのボールで、どういう軌道で打てばコートに収まるのか。

ドッカンドッカンとストロークを打ってばかりだと、こういうタッチ系のショットは身に付きません。

いつもの練習から、しっかり「低くて速い、タイミングも早いロブ」を練習しておきましょう。

試合での武器がきっと増えて、相手を翻弄出来るテニスに近付くはずです!

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. ロブ

    実際にネットプレイヤーを相手にしたときに、「トップスピンロブ」をしっかり使っているかい?

    ダブルスの試合の中でよくロブは使う方なんだけど、どっちかというとスライ…

  2. ロブ

    ロブが上がると消極的になる、ではトーナメントで勝ち上がれない

    試合の中で、相手からロブを打たれる。この時の反応で、実は強い相…

  3. テニス フットワーク

    ロブ

    前衛の上に上げるのがロブ、だけじゃないですよ

    ダブルスの試合でのロブ、って、基本的に「前衛の上」に打ちますよね。…

  4. テニス ダブルス

    ロブ

    ロブは後衛がカバーする、という発想がダブルスを弱くしていく

    前衛の後ろ、打たれたロブを後衛がカバーしていく。これって、テニ…

  5. テニス ボレー

    ロブ

    ミックスダブルスの試合に勝てるペアの、ロブの使い方はココが違う!

    ミックスダブルスで、今年は結果を出していきたいみなさん。まず、…

  6. テニス 予測

    ロブ

    自分が打ったロブは、必ず入ると信じて動き切ろう

    アナタがもし、相手が前にいるのでロブを打つとしましょう。そのロ…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. メンタル

    「無意識のうちにテニスをやらされている」人は、いつまでたっても強くはなれません
  2. テニス メンタル

    テニス知識

    「この暑さを乗り越える!」テニスの試合で必要な熱中症対策5つ
  3. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーのパンチ力アップには、「軸足セット」がポイント
  4. テニス 客観視

    戦術

    相手の得意ショットを攻略しないと、余裕は無くならない
  5. テニス 準備

    その他

    「自分の球出しって、もしかしてみんな打ち辛い・・・?」と感じた方は、試して欲しい…
PAGE TOP