テニス メンタル

ロブ

テニスの試合で有効なロブショットは、「ショット自体の精度よりも打つタイミング」で全てが決まる!

最近改めて個人的に、大事だなと感じているのがロブ。

今までは、ダブルスでしか使わない、どちらかと言うと「前に出来た相手に対して、前衛に対して」打つショット、という感じで私も考えていました。

でもこれが上手く使えると、試合の幅がグッと広がるし勝てる試合も増える。

特に大事なのは、精度よりもタイミング。

ロブショットの特性を考えると、その有効性が見えてきます。

 

テニスの試合で有効なロブショットは、「ショット自体の精度よりも打つタイミング」で全てが決まる!

 

■「自分が打たれて嫌なロブ」って、どんなロブ?

少し考えてみて下さい。

自分が前にいて、打たれて嫌なロブってどんなロブでしょう?

高くて深いロブ?

でもそれだと追いつけてスマッシュ、または一回落としてラリーに持ち込めますよね。

打つ方もアウトになるリスクが高い。

それよりも・・・自分が構える前に、低くて速いタイミングでロブが来ると、すごく嫌じゃないですか?

 

■「よし、ロブだ!」と誰もが思う瞬間に打っても、効果0

ロブを打つのが慣れていない、下手な人はロブを打つ雰囲気がすごく出ている。

だからこそ相手も備えるし、高くて深い、いわゆる普通のロブになりがち。

試合で勝てる選手は、ロブを上げるタイミングが早い。

ライジング気味に相手がスプリットステップを踏む前に打ったり、深いボールはそのままロブボレーで上げてくる。

これがすごく、前にいる選手にとっては脅威になるんですよね。

 

■ロブが得意になったら、どんどん「相手を前に」おびき出そう!

ロブが身に付くと、試合で攻撃パターンが増えます。

とにかく一度、相手を前に出してみて、そこから上を攻撃していくことが出来ますよね。

ドロップショットは、甘くて良いんです。

攻撃はあくまで、その返球をロブで後ろに下げる展開で。

触られるくらいでも、良いと思います!

決まるとすごく気持ちが良いですし、相手の体力を奪うことが出来る有効な攻撃パターンになるはずです!

 

山なりのボールで、どういう軌道で打てばコートに収まるのか。

ドッカンドッカンとストロークを打ってばかりだと、こういうタッチ系のショットは身に付きません。

いつもの練習から、しっかり「低くて速い、タイミングも早いロブ」を練習しておきましょう。

試合での武器がきっと増えて、相手を翻弄出来るテニスに近付くはずです!

ピックアップ記事

  1. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス ストローク

    ロブ

    ロブが上手く打てない人は、「目の前に2メートルの壁」があると思って打てばOK

    ロブを打つ時に、どうしても「入れる感じ」になってしまう方、多いですよね…

  2. テニス フットワーク

    ロブ

    前衛の上に上げるのがロブ、だけじゃないですよ

    ダブルスの試合でのロブ、って、基本的に「前衛の上」に打ちますよね。…

  3. テニス ストローク

    ロブ

    「浅いボールをギリギリキャッチ・・・」からのストレートロブは、テニスの試合で必ずアナタの助けになる!…

    シングルスでもダブルスでも、試合に強い人には共通する特徴があります…

  4. テニス ダブルス

    ロブ

    ロブは後衛がカバーする、という発想がダブルスを弱くしていく

    前衛の後ろ、打たれたロブを後衛がカバーしていく。これって、テニ…

  5. テニス 予測

    ロブ

    自分が打ったロブは、必ず入ると信じて動き切ろう

    アナタがもし、相手が前にいるのでロブを打つとしましょう。そのロ…

  6. テニス ボレー

    ロブ

    強そうな相手ほど、実はロブが効く

    見るからに強そう、体格も良い。そんな相手が対戦相手になると、ち…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス 練習

    ストローク

    「左利き vs 左利きの対戦で有効な、フォアハンドの回り込み」からの攻撃で意識し…
  2. メンタル

    「対戦相手の応援がうざい・・・」と思った人、残念ですがそう感じている時点でアナタ…
  3. その他

    「リーダー作り」テニス部の部活動に必要なリーダーの育成について
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブのトスアップのとき、ボールを持つ手の形」を見直すだけで、アナタのサーブは…
  5. テニス ミス

    練習メニュー

    県内No.1のアノ選手だって、技術の9割はコピペです
PAGE TOP