テニス メンタル

ストローク

テニスの試合で有効なロブショットは、「ショット自体の精度よりも打つタイミング」で全てが決まる!

最近改めて個人的に、大事だなと感じているのがロブ。

今までは、ダブルスでしか使わない、どちらかと言うと「前に出来た相手に対して、前衛に対して」打つショット、という感じで私も考えていました。

でもこれが上手く使えると、試合の幅がグッと広がるし勝てる試合も増える。

特に大事なのは、精度よりもタイミング。

ロブショットの特性を考えると、その有効性が見えてきます。

 

テニスの試合で有効なロブショットは、「ショット自体の精度よりも打つタイミング」で全てが決まる!

 

■「自分が打たれて嫌なロブ」って、どんなロブ?

少し考えてみて下さい。

自分が前にいて、打たれて嫌なロブってどんなロブでしょう?

高くて深いロブ?

でもそれだと追いつけてスマッシュ、または一回落としてラリーに持ち込めますよね。

打つ方もアウトになるリスクが高い。

それよりも・・・自分が構える前に、低くて速いタイミングでロブが来ると、すごく嫌じゃないですか?

 

■「よし、ロブだ!」と誰もが思う瞬間に打っても、効果0

ロブを打つのが慣れていない、下手な人はロブを打つ雰囲気がすごく出ている。

だからこそ相手も備えるし、高くて深い、いわゆる普通のロブになりがち。

試合で勝てる選手は、ロブを上げるタイミングが早い。

ライジング気味に相手がスプリットステップを踏む前に打ったり、深いボールはそのままロブボレーで上げてくる。

これがすごく、前にいる選手にとっては脅威になるんですよね。

 

■ロブが得意になったら、どんどん「相手を前に」おびき出そう!

ロブが身に付くと、試合で攻撃パターンが増えます。

とにかく一度、相手を前に出してみて、そこから上を攻撃していくことが出来ますよね。

ドロップショットは、甘くて良いんです。

攻撃はあくまで、その返球をロブで後ろに下げる展開で。

触られるくらいでも、良いと思います!

決まるとすごく気持ちが良いですし、相手の体力を奪うことが出来る有効な攻撃パターンになるはずです!

 

山なりのボールで、どういう軌道で打てばコートに収まるのか。

ドッカンドッカンとストロークを打ってばかりだと、こういうタッチ系のショットは身に付きません。

いつもの練習から、しっかり「低くて速い、タイミングも早いロブ」を練習しておきましょう。

試合での武器がきっと増えて、相手を翻弄出来るテニスに近付くはずです!

関連記事

  1. ストローク

    ストロークラリーで走らされているときには、「スライスのグリップで走り続ける」覚悟を持とう

    試合に強い人と、弱い人。上手い人はたくさんいるけど、なかなか試合に…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合でコースを突いて攻めても拾われ、最後はミスしてしまうときは・・・?

    皆さん、胸に手を当てて考えてみて下さい。思い出してみて下さい。…

  3. テニス スライス

    ストローク

    シングルスの試合こそ、「ロブの技術には精度」が求められる、その理由とは?

    シングルスの試合、強い選手の特徴って、どんな部分が目立ちますか?…

  4. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークがビビって入らないときは、打点が近過ぎることが多いことに気付こう!

    試合中に、まず皆さん経験したことがあるでしょう。ストロークが、…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    「オープンスタンスでの守備的なストローク」は、軸足をしっかり意識して体重を乗せると安定する

    相手のストロークが深い、ようなときに、皆さんもオープンスタンスを使う機…

  6. テニス スライス

    ストローク

    「攻撃的なスライスと守備的なスライス」をしっかり使い分けたストローク術とは?

    スライスの使い手、まだ学生の皆さんの中には少ないかも知れない。…

スカイクレイパー広告枠

  1. テニス サーブ

    サーブ

    重たいサーブを打ちたければ、相手に背中を向けてトスアップしてみよう
  2. テニス ロブ

    ストローク

    ロブがいつも甘くなる人は、「軌道の頂点をどこに置くか?」をまず考えて打てば攻撃的…
  3. リターン

    回り込みの攻撃的なリターンを活かせるかどうかは、アナタの決断力次第です
  4. その他

    「今勝つテニスと将来勝つテニス」目の前の試合で勝つことだけを考え過ぎないこと
  5. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合での決定打に!「フォアハンドのダウンザラインショット」を磨く練習…
PAGE TOP