ストローク

鋭い振り抜きの為に必要な、シンプルな基本

鋭く振り抜いて、ストロークで狙う。

この技術を磨くには、ある基本が大事になります。

テニスは、ボールに追いついて、返すのが難しい競技。

アナタ自身が目指すところは、ラケットだけをしっかり振り抜く為の準備。

しっかり止まるという基本、が大事です。

 
 

フラフラ、動きながら打ってない?

結構、これが多いですよ。

止まり切れていない、しっかり打点で打つ準備が出来ていないんです。

特に、試合では走り回って返す機会が多いですからね。

フラフラ、止まれていないで打っているケースがほとんど。

それでラケットを振り切る、なんて無理な話なんです。

バウンド後の変化、も予測しよう

遠くのボールを走って追いかけて、追い付いて打つ。

それ以外にも、止まれないでラケット操作が出来ないケースって結構ありますよ。

例えば、高いバウンドでスライス回転がかかっているようなケース。

バウンド後の予測が出来ていないと、前につんのめっていくような感じ、になりますよね。

特に、これは女性の方で多いように思います。

鋭く振り抜きたければ、しっかり打点で待ち構えておくポイント、を作らないと。

バウンド後の変化、を予測して引き付ける。

ストロークではこの感覚が大事になります。

調整する癖を、止めないとダメ

最後、打ちながら調整している人も結構います。

ストロークなのに、前足を踏み込みながら打つ人も要注意。

足がしっかり決まって、踏み込んだ後にラケットの鋭いスウイング、の形を意識しないと。

返れば良い、というレベルのテニスなら良いですけど、試合で勝ちたいなら押し込んでいく鋭さ、回転量が必要じゃないですか。

フラフラ動きながらもダメですが、最後に足で微調整しながら打っているストロークも、結局は鋭さが出ないんです。

鋭く振り抜けるショット、を増やそう!

試合では、この鋭いショットを増やしたい。

合わせるだけ、追い付きながらのショットではダメ。

もちろん、それしか出来ないような場面もありますよ。

でも、鋭く振り抜けるショット、を増やすには何が必要なのかを考えて、先回りする。

先回り、早い準備、早いテイクバック、小さく鋭く振り抜くイメージで。

ぜひ、練習から意識してみて下さい。

   

お勧めの練習法

球出し練習で、かなり先に止まって、打ってみる。

止まって打つことって、なかなかラリー練習だと難しいケースも多いですから。

足を決めて、しっかり振り抜く。

このイメージを養うのは、球出し練習が適しているでしょう。

慣れてきたら、スピン、スライスの球出しもしてもらう。

ここでしっかり振り抜けるように、打点に先回りしておくこと。

そうすれば、コースも隠せてより実戦的な打ち方、フォームになるはずです。



鋭く振り抜く、どんなに練習しても試合で出来ないと意味が無い。

動きながら、になったら絶対に攻撃力は落ちます。

スピン、スライス回転がしっかりかからない人も、この基本から見直してみましょう。

あくまで、試合で打てるように練習していくのが大事、です。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    チャンスをしっかり浅い場所に角度を付けて打てる、ようになれば上級者

    テニスの試合での決定力、の差はどこから生まれるのか。相手が打っ…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    現代のストロークのパワーの源は、「高い位置での速いテイクバック」から生まれる

    最近私が意識しているのは、テイクバック時の「高さ」。プロ選手を…

  3. テニス リターン

    ストローク

    ボールに合わせること、を止めてみよう

    テニスはボールを見て、動いて、止まって打ち返す競技。最初はこれ…

  4. テニス リターン
  5. テニス リターン

    ストローク

    スライスのフォロースルー、実は「長過ぎる」人が多い

    ストロークやボレーでもよく使う、スライスという技術。みなさんは…

  6. テニス フットワーク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. メンタル

    テニスにおいて「ボールが速い=強い選手」、という思い込みは損なだけ
  2. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの切れ味アップのコツは、左手の使い方にあり
  3. テニス 観察

    戦術

    「自分の中でのコツ」を、一番優先して良いんです
  4. テニス ロブ

    練習メニュー

    テニスコートを効率良く使って行う、「2対1のボレー対ストローク」の練習メニュー
  5. テニス メモ

    テニススクール

    今さら聞けない、テニススクールで使う12の専門用語
PAGE TOP