テニス メンタル

ダブルス

ダブルスの試合で、「ケアー!」と叫ぶ後衛って・・・どうでしょう?

ダブルスの試合で、雁行陣で後衛のボールが甘くなる。

思わずパートナーの前衛に「ケアー!」と叫んだ経験、ありませんか?

私も、あります。

でも、今ではあまりそういう声掛け、やらないようにしています。

良い悪い、ではなくて、アナタ自身がどう思うのか、が大事です。

 

ダブルスの試合で、「ケアー!」と叫ぶ後衛って・・・どうでしょう?

 


 

1.そんなにストレート、来る?

後衛のボールが浅い、弱いと、ついこう考えてしまいます。

「ストレートに、打たれるんじゃないか」と。

女子ダブルスの試合では、特にこの声掛けが多いように思います。

後衛の選手も、叫びながら「ごめん!自分のボールが甘いから!」と、心の中では思っているでしょう。

だから、前衛をサポートするつもりで声を出しているんだと思います。

でも、どうでしょう。

そんなにストレートに来ますか?そのボール。

 

2.叫んだ段階で、相手にも聞こえている

当然、相手も聞こえます。

相手選手の後衛が、前衛に「ケアー!」と叫んでいるので、そう簡単には打てないですよね。

それでも打って来るなら、相当試合慣れしているか、メンタルが強い強気の選手でしょう。

叫んだ段階で、自然とストレートケアになっている。

だからこそ、考えて欲しいのは「結局前衛は、どうするの?」という問題。

私ならあえて・・・もう、お分かりですね。

 

3.「ケアー!」と叫んだ後に、ポーチに出る

なんだか、嘘つきみたいですが。

これは試合前に、ペアとも話しておきます。

「浅くなったら、あえて出てみるから」と伝えておきます。

ですから、「ケアー!」と叫ぶけど、ケアしない。

これも一種の作戦、なんです。

相手は安全にクロスに返したつもりが、ポーチに出られるのでたまったもんじゃないですよね。

でも、私はこれで良いと思いますよ。

だって、甘いボールをクロスに強打されても、どっちみち辛いじゃないですか。

だからこそ、必要なのは逆転の発想です。

相手を騙す、それも味方の後衛も騙すくらいのつもりで、トライしてみましょう。

 



 

4.でもやっぱり、あまり推奨しません

私は、「ケアー!」と叫ぶこと自体、あまり推奨しません。

だって、まるで前衛を信頼していないみたいじゃないですか?

私が前衛だったら、あまり言われて嬉しい言葉ではない。

ケアするかどうかは自分で判断するし、相手のチャンスこそ実はポーチチャンス、だったりしますからね。

守備的なロブを打つ前の、「上げる!」という声は欲しいですよ、自分のポジションを変えますから。

でも、前衛に立っていて後衛から、「ケアー!」「ケアー!」と何度も叫ばれると、何だか嫌になりませんか?

前衛のモチベーションコントロールも、大事な後衛の仕事です。

 

5.お勧めの練習法

雁行陣同士の設定で、片方のペアの後衛に少し浅いボールを球出し。

そこから試合形式、でやってみましょう。

最初から、クロスに打っても良いしストレートでも良い。

それを相手の前衛が、いきなりポーチに出てもOK。

浅いボールって、意外と攻撃出来るようで出来ない、ことにも気付けるはずです。

同時に、実は浅くても打点が低いストロークは、チャンスだということも分かるはず。

球出し役を1人設定して、5人でローテーションしながら出来ると良いですね。

人数が多い時には、球拾い役も入れて回してみましょう。

 

「ケアー!」と叫ばれたら、出てみる。

後衛からすると「何で出たの??」と思うかも知れませんが、このあたり、どう戦うかペアで大事なポイントです。

私なら、普通じゃないことをした方が、試合では有効だと思いますけど。

あとは、みなさん次第です。

言えることは、後衛の声掛け一つで、前衛のやる気はすごく変わる、ということです。

ピックアップ記事

  1. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    並行陣を相手にしたら、真ん中を狙って相手にボレーさせればOK!

    ダブルスの試合、「並行陣」を相手が繰り出してきたときに、どうするのか。…

  2. テニス ドロップショット

    ダブルス

    雁行陣で粘る学生ペアには、「ドロップショットで前に引っ張り出す」戦術は必要です!

    学生の皆さんはストローク主体。なのでダブルスは必然的に雁行陣主…

  3. テニス ポジショニング

    ダブルス

    ダブルスの前衛にいるときは、横目で後ろまで見る感覚を養っておこう

    ダブルスの試合で、ちょっとしたことだけど大事なこと。その一つは…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「自分で決めるより、パートナーが決める方が嬉しい」と思えるように

    ダブルスの試合が上手い選手は、この感覚を持っている。「パートナ…

  5. テニス チャンス

    ダブルス

    「ロブは無い!」と思ったら、並行陣のポジションはここまで上げられる

    並行陣、イマイチポジションが分からない・・・という方。「ロブケ…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスを強くなりたければ、必ず「上」に強くなる必要がある

    今回は、かなり厳しいお話を少し。どうも皆さん、ちょっと勘違いし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. フットワーク

    左右に振られた時の、スピードコントロールのコツ
  2. テニス ボレー

    練習メニュー

    2対2のボレーボレー、4アップの陣形から前衛が動いていく為の練習メニュー
  3. テニス 準備

    戦術

    勝負球を絞ったうえでの失点は、大歓迎のスタンスでいこう!
  4. テニス ラケット

    日々の雑記

    辛いときは遠慮なく、テニスから離れましょう
  5. テニス ダブルス

    フットワーク

    最後のネットイン、まで信じて走れる選手になれてるだろうか?
PAGE TOP