戦術

前衛のストレートケア、は意識だけで充分です

ダブルスの試合で、いかに前衛として活躍出来るのか。

それは、どうやってセンターのボール、ポーチで参戦出来るかにかかっていますよね。

でも、やっぱり自分の担当のサイド、ストレートを抜かれるのも怖い・・・という、みなさん。

意識だけ、置いておくだけで良いんですよ。

 

前衛のストレートケア、は意識だけで充分です

 


 

1.実際にストレートを守ろうと、ポジションを寄せる必要は無し

実際に、そこまでサイドに寄ってしまうと、当然相手は警戒して打ってきません。

むしろ、「クロスのコースががら空きで、参加しない前衛、楽だなぁ」と思っているはず。

これでは、味方の後衛が苦しくなるだけ。

ストレートケアの意識が高いと、自分のパートナーである後衛に負担をかけてしまう。

だからこそ、ポジションはそこまでサイドに寄らない。

その代わり、意識だけしっかり寄せておく、くらいで良いでしょう。

 

2.意識をストレート、に置いておけばかなりセンター寄りに立てる

と思いますよ、私は。

実際、私もダブルスの試合で前衛に立っているときには、ストレートをケアする、ポーチに出ないときもあります。

でも、サイドには寄らない。

寄ってしまうと、相手にばれますからね。

意識だけ、自分の外側、ストレート側に置いておく。

意識があれば、反応出来ますから。

意識を置いてポジションを変えないので、クロスのボールも甘いボールなら触れる。

いかに、自分が触れるボールを増やせるのか。

この問題を、真剣に考える前衛に、みなさんも成長して欲しいんです。

 

3.どうやったって、相手のナイスショットは捨てるしかない

もうアレーの半分外側、ライン際のショットは捨てる。

これしかないでしょう。

意識を置いておいても、相手がここに速く正確なショットを打たれたら無理です、諦める。

その代わり、安易なストレートアタックは反撃するし、クロスにもプレッシャーをかける。

このバランス感が保てる場所、で意識をストレートに置いておく。

これが前衛として、健全な考え方でしょう。

 

4.そもそも、ストレートに打って来ないような相手なら

意識を置く、必要もないでしょう。

まず、どんどんクロスのボールにポーチに出る。

そこで、相手が変えてきたら意識を置く、という感じでいきましょう。

ストレートをどう考えるのか、は相手次第。

自分はあくまで、一番触れそうな場所で、落ち着いて考える。

前衛が触れば、ダブルスは強いですから。

ミスしても、相手にはプレッシャーをかけられる。

そう思いませんか?

 

ストレートに意識を置いて、ポジションは変えない。

これは、前衛だけじゃなく、使えるテクニックです。

意識をどこに置いているか、は相手からは見えないですからね。

ポジションを変えてしまえば、ばれますけど。

テニスって、そういうスポーツです。

ピックアップ記事

  1. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. 戦術

    考えた時点で、もう遅い

    テニスの試合の現場は、スピード勝負。ラリーが始まったら、もう止…

  2. テニス ダブルス

    戦術

    「自分らしいプレー」は、オールラウンドなテニスの上に成り立つ

    どこか、勘違いしている人も多いんじゃないでしょうか。自分のプレ…

  3. テニス メンタル

    戦術

    相手を動かすショット、こそテニスの試合で使えるショット

    ビッグなショット、決め切るショット。もちろん、それは大事。…

  4. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合、「リードした試合の進め方」がまだまだ甘い人が多い

    試合に勝つために準備していざ試合!となっても、リードを奪ってからの試合…

  5. テニス スマッシュ

    戦術

    強い選手は、リードした後にアグレッシブに戦術を変える

    テニスの試合って、ポイント形式が特殊ですよね。ゲーム内は、5ポ…

  6. 戦術

    挑戦企画を通じて、感じること

    すっかり更新が滞ってまして、失礼致しました…。今回は、先日の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    ジャンピングスマッシュの基本、「コートを蹴る足、着地する足」はどちらかをしっかり…
  2. テニス ミス

    戦術

    緻密なコントロールこそ、試合では最高のプレッシャーになる
  3. その他

    「この程度で良いかな」と思った時点で、テニスの成長は止まる
  4. フットワーク

    速いボールをボレー、スプリットステップのコツ
  5. テニス チャンス

    戦術

    テニスの試合、「リードした試合の進め方」がまだまだ甘い人が多い
PAGE TOP