ボレー

フラット気味のストロークを打つ選手には、ネットプレーが効く

対戦相手の選手が、フラット気味のストロークを打って来る。

こういう相手は、乗せると怖いですよね。

出来るだけ、相手に嫌な感じでプレーしてもらいたい。

私なら、どんどんネットに出ます。

ネットプレイヤーに対しての攻撃が難しい、のがフラット系のボールですからね。

使わない手は無いですよ。

 

フラット気味のストロークを打つ選手には、ネットプレーが効く

 


 

1.なぜ、ネットプレーが効果的なのか?

スピン系、スライス系のショットなら足下に沈めることが出来る。

でも、フラット系のボールはこれが出来ない。

ネットプレイヤーの足下、に打つことが出来ないですから。

直線的で速いボールは打てても、ネットに出ればそのボールはチャンスになる。

ボレーしやすい、楽なショットですからね。

それに、ネットに出るだけで相手はミスしてくれる可能性が高いはずです。

 

2.ちょっとのズレ、でフラット系のショットは崩れる

スピンやスライスと違って、フラット系のショットはデリケートなもの。

少し打点が崩れる、タイミングがズレるだけで、アウトやネットしてくれます。

つまり、アナタ自身のプレッシャーが効きやすいということ。

ネットに出るだけで、相手が力が入ってミスしてくれる可能性が大、でしょう。

フラット系の選手は、当たると怖いですが崩れやすい。

これは、頭に入れておいて損は無いです。

 

3.ベースラインの打ち合い、は避けよう

これが一番、相手が得意とするところ。

フラット系のショットをベースラインで打ち返すのは、結構大変です。

相手も、普段練習はベースライン同士の打ち合いがメインでしょうから、一番得意なはず。

これは避けないといけないですね。

アナタ自身が前に出る、または相手を前に出す。

どちらかの選択が出来れば、フラット系のストロークが得意な選手は怖く無いはずです。

 

4.高い打点で打たせない工夫、が大事

もう一つ、これも大事ですね。

フラット系のストロークが得意な相手には、高い打点が大好き。

ここからのハードヒット、をさせないように工夫していきましょう。

スライスを使ったり、あえて浅いボールを打ったり。

細かい揺さぶり、で必ずミスは増えるはずです。

一番まずいのは、「俺も打ってやる!」と、高い打点からの強打合戦になること。

これでは分が悪いですし、何より体力の消耗も激しい。

安い挑発、には乗らないことが一番です。

 

フラット系のショットが得意な選手、女性の方でも多いですよね。

フラット系のストロークは、繊細で難しい。

本当にモノに出来ている選手なんて、そうはいないはずです。

一見凄いショットでも、必ず化けの皮は剥げる。

そう信じて、粘り強く戦いましょう。

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーのコツは、少しラケット面を内側に向けること

    「どうしても、ボレーが出来ません!」というご相談を、よく学生の…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    タッチ感覚は、「ボールのどこをラケットで触るのか」の方が大事

    ボレーで磨きたい、「タッチ感覚」。柔らかいドロップ系のショット…

  3. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーの基本、「手首をコックしてリラックス」の態勢を作ろう

    ボレーの基本、もうみなさん「分かってるよ・・・」と思うことかも知れませ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーで腰が引けてしまっている人は、簡単に反撃されてしまう

    ボレーが苦手な人は、雰囲気で分かる。腰が引けてしまっていて、ボ…

  5. テニス 練習

    ボレー

    ダブルスで前衛に捕まると、相手は血相を変える

    テニスの試合、相手が感情的になる試合。こういう試合、場面を、増…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    サーブ&ドライブボレーは、現代テニスの必勝形

    私が中学生、高校生くらいの頃は、男子の選手は半分くらいがサーブ&ボレー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    低い打点のストロークでは、「顔の向きと頭の位置」でボールをコントロールできると安…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    「またお前が相手かよ・・・」と、同じ対戦相手との試合は繰り返される
  3. テニス メンタル

    メンタル

    私たちのテニスのレベルで、「ゾーンに入る」とか、そういう話は一旦止めよう
  4. 練習メニュー

    テニスの試合では、「攻撃しながらでも相手の反撃に備える」心の準備が大事です
  5. テニス 不器用

    メンタル

    「自分はテニスに向いていないかも…」と思ったら、不器用な選手に徹してみても面白い…
PAGE TOP