ボレー

フラット気味のストロークを打つ選手には、ネットプレーが効く

対戦相手の選手が、フラット気味のストロークを打って来る。

こういう相手は、乗せると怖いですよね。

出来るだけ、相手に嫌な感じでプレーしてもらいたい。

私なら、どんどんネットに出ます。

ネットプレイヤーに対しての攻撃が難しい、のがフラット系のボールですからね。

使わない手は無いですよ。

 

フラット気味のストロークを打つ選手には、ネットプレーが効く

 


 

1.なぜ、ネットプレーが効果的なのか?

スピン系、スライス系のショットなら足下に沈めることが出来る。

でも、フラット系のボールはこれが出来ない。

ネットプレイヤーの足下、に打つことが出来ないですから。

直線的で速いボールは打てても、ネットに出ればそのボールはチャンスになる。

ボレーしやすい、楽なショットですからね。

それに、ネットに出るだけで相手はミスしてくれる可能性が高いはずです。

 

2.ちょっとのズレ、でフラット系のショットは崩れる

スピンやスライスと違って、フラット系のショットはデリケートなもの。

少し打点が崩れる、タイミングがズレるだけで、アウトやネットしてくれます。

つまり、アナタ自身のプレッシャーが効きやすいということ。

ネットに出るだけで、相手が力が入ってミスしてくれる可能性が大、でしょう。

フラット系の選手は、当たると怖いですが崩れやすい。

これは、頭に入れておいて損は無いです。

 

3.ベースラインの打ち合い、は避けよう

これが一番、相手が得意とするところ。

フラット系のショットをベースラインで打ち返すのは、結構大変です。

相手も、普段練習はベースライン同士の打ち合いがメインでしょうから、一番得意なはず。

これは避けないといけないですね。

アナタ自身が前に出る、または相手を前に出す。

どちらかの選択が出来れば、フラット系のストロークが得意な選手は怖く無いはずです。

 

4.高い打点で打たせない工夫、が大事

もう一つ、これも大事ですね。

フラット系のストロークが得意な相手には、高い打点が大好き。

ここからのハードヒット、をさせないように工夫していきましょう。

スライスを使ったり、あえて浅いボールを打ったり。

細かい揺さぶり、で必ずミスは増えるはずです。

一番まずいのは、「俺も打ってやる!」と、高い打点からの強打合戦になること。

これでは分が悪いですし、何より体力の消耗も激しい。

安い挑発、には乗らないことが一番です。

 

フラット系のショットが得意な選手、女性の方でも多いですよね。

フラット系のストロークは、繊細で難しい。

本当にモノに出来ている選手なんて、そうはいないはずです。

一見凄いショットでも、必ず化けの皮は剥げる。

そう信じて、粘り強く戦いましょう。

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    ハイボレーを深く・・・と見せて、ドロップボレーを打てれば試合で勝てる!

    今回も、私が試合で実際によく使う手をご紹介します。ダブルスの試…

  2. ボレー

    クロスでのボレー対ストローク、のボレーヤー側の基本スタンスについて

    クロスでのボレー対ストローク、みなさんもよく練習するメニューだと思いま…

  3. テニス ロブ

    ボレー

    バックハンドの高い打点で打たせつつ、ネットに出るのが大正解

    ダブルスでもシングルスでも、ネットに出る流れで使えるテクニック。…

  4. ボレー

    ファーストボレーの後に、相手のショットを読み切ろう

    ネットプレーの選手にとって、一番大事なこと。私は、この「予測力…

  5. テニス ロブ

    ボレー

    ボレー対ボレーのラリーになったら、バックボレーが主役!

    この意識、大事です。ボレー戦のようなラリーになったときに、自分…

  6. テニス 練習

    ボレー

    なぜ、上級者のドロップボレーは触れないのか?

    みなさんも、試合で相手に打たれた経験、あると思います。「今の、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. シングルス

    「相手の逆を突ける」選手になれないと、シングルスの試合は勝てない
  2. テニス チャンス

    練習メニュー

    「良いフォームは自分で開発出来なきゃなきゃダメ!」テニスの試合で苦しいときに実力…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会でシード選手に勝ちたければ、「私生活から誰かを特別扱い」する癖を止め…
  4. テニス知識

    ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. テニス ボレー

    ボレー

    柔らかいボレーを磨くには、バランスボールを・・・?
PAGE TOP