テニス ボレー

ストローク

打点が身体に近い時は、ラケット動作を止めてブロック返球を

試合の中で、意外と多いのがボディ近くのボールの処理。

ボレーでもストロークでも、リターンでも、この返球が難しいですよね。

慌ててしまうと、つい振ってしまって難しいスウィングになる。

だから、私はコレで良いと思いますよ。

ストロークもボレーも、まずはしっかり返球すること、が大事です。

 

打点が身体に近い時は、ラケット動作を止めてブロック返球を

 


 

1.試合では、身体近くにボールが来る

不思議と、こうなります。

相手もそこまで、狙っている訳じゃないと思うんですが・・・やはり、目に見えるものに向かって打つ、方が狙いやすいですからね。

身体の近くでボールをさばく、ボディ近くをどう処理するのか、は非常に大事なテーマです。

つい、みなさんも慌ててしまって、ラケットを振ったり身体が逃げてしまったり・・・していませんか?

慌てず騒がず、まずは返球することに注力する。

ボレーなんて、まさにそれが大事ですね。

 

2.ラケットは動かさない、ブロックで充分相手コートには返る

出来れば、ボディへのボレーはバックボレーで返したい。

ほとんど、構えた状態から動かさないで良いと思います。

それから、少しだけラケット面を上に向けて、ボールの下を触る。

その結果、山なりなボールで返球出来て、時間をも作れます。

無理にラケットを振ったり、動かしたりしないこと。

ボールの軌道の向きを変えてあげる、だけで充分良い返球になるはず。

それが身体近くのボールのさばき方、の基本です。

 

3.ボールを怖がって、腰が引けないように

これも、大事なポイントです。

つい、身体が逃げてしまいたくなってしまいますが・・・それだと、結果的に上手くいきません。

身体が逃げない、ようにしっかり意識して、むしろどっしりと構えておく。

ボールがどこかに当たっても、そんなに怪我はしませんから。

腰が引けないように、しっかりと相手のボールを受け止める。

ラケットを準備して、相手コートに返す。

この意識を、ぜひ練習から養ってみて下さい。

 

4.イメージはブロック、でラケットを止める

私は、ストロークやリターンでも、これを意識しています。

身体に近い!と思ったら、ラケットを止める。

途中でスウィングを止めて、とにかくコンパクトにボールの軌道を作ることだけに集中する。

当然、勢いのあるボールは打てないですよ。

でも、相手コートには確実に返す。

リターンの時も、相手サーブが食い込んで来ても、何とか返す。

ブロックする意識、でラケットワークを止めてみて下さい。

きっと、思ったよりも楽に返球出来るはずです。

 

試合の中では、打ちやすいボールばかりじゃないですよね。

実際に、身体の近くはテニスでは泣き所。

どうやって返球するのか、のアイデアに乏しい人は試合で泣くことになるでしょう。

ラケットの動作を、しっかり考えておく。

これが、何より大事です。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    前後でストロークに強弱をつけられると、試合慣れしていない相手は戸惑う

    相手からポイントを奪えるのは、速くてライン際のボールだけ?もち…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「深いストロークを合わせるだけの返球」になる人は、考え方から変えましょう

    深く入って来るストローク、アナタ自身、しっかり返球出来ていますか?…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    当たり前だけど、「ネットに近ければ近いほど」ドロップ系のショットは打ちやすくなる

    ドロップ系ショット、皆さんちょっと誤解しているかも。プロ選手の…

  4. テニス ガスケ

    ストローク

    パッシングショットは、「落として抜く」という発想で

    試合で使えるパッシングショット。みなさん、相手が前に出て来たと…

  5. テニス スライス

    ストローク

    「バック側をサーブで攻められて、押される・・・」ときに実戦したい、錦織選手も得意なアノ技術

    サーブでバックハンド側を攻撃される、というのはよくあるパターン。…

  6. ストローク

    並行陣を崩すショートクロス、これで良い

    相手が前に出て来て、並行陣。アナタ自身、ここでどういう対抗策…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. サーブ

    40-0で、とっておきのサーブを
  2. テニス 指導

    メンタル

    チャンスを活かせる人は、いつも気負い過ぎていない
  3. テニス サーブ

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンゲームこそネットプレーを入れていきたい」4つの理由…
  4. ダブルス

    相手の前衛は動く、と信じよう
  5. ロブ

    トップスピンロブは、前足上げで切れ味アップ!
PAGE TOP