テニス ボレー

ストローク

打点が身体に近い時は、ラケット動作を止めてブロック返球を

試合の中で、意外と多いのがボディ近くのボールの処理。

ボレーでもストロークでも、リターンでも、この返球が難しいですよね。

慌ててしまうと、つい振ってしまって難しいスウィングになる。

だから、私はコレで良いと思いますよ。

ストロークもボレーも、まずはしっかり返球すること、が大事です。

 

打点が身体に近い時は、ラケット動作を止めてブロック返球を

 


 

1.試合では、身体近くにボールが来る

不思議と、こうなります。

相手もそこまで、狙っている訳じゃないと思うんですが・・・やはり、目に見えるものに向かって打つ、方が狙いやすいですからね。

身体の近くでボールをさばく、ボディ近くをどう処理するのか、は非常に大事なテーマです。

つい、みなさんも慌ててしまって、ラケットを振ったり身体が逃げてしまったり・・・していませんか?

慌てず騒がず、まずは返球することに注力する。

ボレーなんて、まさにそれが大事ですね。

 

2.ラケットは動かさない、ブロックで充分相手コートには返る

出来れば、ボディへのボレーはバックボレーで返したい。

ほとんど、構えた状態から動かさないで良いと思います。

それから、少しだけラケット面を上に向けて、ボールの下を触る。

その結果、山なりなボールで返球出来て、時間をも作れます。

無理にラケットを振ったり、動かしたりしないこと。

ボールの軌道の向きを変えてあげる、だけで充分良い返球になるはず。

それが身体近くのボールのさばき方、の基本です。

 

3.ボールを怖がって、腰が引けないように

これも、大事なポイントです。

つい、身体が逃げてしまいたくなってしまいますが・・・それだと、結果的に上手くいきません。

身体が逃げない、ようにしっかり意識して、むしろどっしりと構えておく。

ボールがどこかに当たっても、そんなに怪我はしませんから。

腰が引けないように、しっかりと相手のボールを受け止める。

ラケットを準備して、相手コートに返す。

この意識を、ぜひ練習から養ってみて下さい。

 

4.イメージはブロック、でラケットを止める

私は、ストロークやリターンでも、これを意識しています。

身体に近い!と思ったら、ラケットを止める。

途中でスウィングを止めて、とにかくコンパクトにボールの軌道を作ることだけに集中する。

当然、勢いのあるボールは打てないですよ。

でも、相手コートには確実に返す。

リターンの時も、相手サーブが食い込んで来ても、何とか返す。

ブロックする意識、でラケットワークを止めてみて下さい。

きっと、思ったよりも楽に返球出来るはずです。

 

試合の中では、打ちやすいボールばかりじゃないですよね。

実際に、身体の近くはテニスでは泣き所。

どうやって返球するのか、のアイデアに乏しい人は試合で泣くことになるでしょう。

ラケットの動作を、しっかり考えておく。

これが、何より大事です。

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「1、2のストローク」のタイミングで打てるようになると、アナタのテニスは変わる!

    高校の頃、素振りをやらされた。皆で一緒にやって、その時に掛け声…

  2. テニス スライス

    ストローク

    スライスストロークをストレートに流す、技術はなぜ必要なのか?

    スライスストローク、まだこの重要性に気付いている人は少ない。そ…

  3. テニス ボレー
  4. テニス ストローク

    ストローク

    ダウンザラインのストローク、シュート回転してない?

    まっすぐ、縦のラインに添ってストロークを打つ。テニスで、これが…

  5. ストローク

    「しっかり下がって打ちましょう」というアドバイスは、時代遅れ

    テニスの基本、ストロークのフォーム。ここで、こういうアドバイス…

  6. テニス 格上相手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    「アプローチショットを深く&ドロップショット」は、黄金パターン
  2. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの逆クロスストロークは、「しっかり振り切る」から試合で使える武器にな…
  3. テニス ガスケ

    リターン

    セカンドサーブを叩くこと、がファーストサーブの力を削ぐことにつながる
  4. 戦術

    速い段階での戦術ミスは、試合で許される
  5. シングルス

    シングルスの試合ではまず、「70点のショットを3連続」を意識しよう
PAGE TOP