テニス ボレー

ストローク

打点が身体に近い時は、ラケット動作を止めてブロック返球を

試合の中で、意外と多いのがボディ近くのボールの処理。

ボレーでもストロークでも、リターンでも、この返球が難しいですよね。

慌ててしまうと、つい振ってしまって難しいスウィングになる。

だから、私はコレで良いと思いますよ。

ストロークもボレーも、まずはしっかり返球すること、が大事です。

 

打点が身体に近い時は、ラケット動作を止めてブロック返球を

 


 

1.試合では、身体近くにボールが来る

不思議と、こうなります。

相手もそこまで、狙っている訳じゃないと思うんですが・・・やはり、目に見えるものに向かって打つ、方が狙いやすいですからね。

身体の近くでボールをさばく、ボディ近くをどう処理するのか、は非常に大事なテーマです。

つい、みなさんも慌ててしまって、ラケットを振ったり身体が逃げてしまったり・・・していませんか?

慌てず騒がず、まずは返球することに注力する。

ボレーなんて、まさにそれが大事ですね。

 

2.ラケットは動かさない、ブロックで充分相手コートには返る

出来れば、ボディへのボレーはバックボレーで返したい。

ほとんど、構えた状態から動かさないで良いと思います。

それから、少しだけラケット面を上に向けて、ボールの下を触る。

その結果、山なりなボールで返球出来て、時間をも作れます。

無理にラケットを振ったり、動かしたりしないこと。

ボールの軌道の向きを変えてあげる、だけで充分良い返球になるはず。

それが身体近くのボールのさばき方、の基本です。

 

3.ボールを怖がって、腰が引けないように

これも、大事なポイントです。

つい、身体が逃げてしまいたくなってしまいますが・・・それだと、結果的に上手くいきません。

身体が逃げない、ようにしっかり意識して、むしろどっしりと構えておく。

ボールがどこかに当たっても、そんなに怪我はしませんから。

腰が引けないように、しっかりと相手のボールを受け止める。

ラケットを準備して、相手コートに返す。

この意識を、ぜひ練習から養ってみて下さい。

 

4.イメージはブロック、でラケットを止める

私は、ストロークやリターンでも、これを意識しています。

身体に近い!と思ったら、ラケットを止める。

途中でスウィングを止めて、とにかくコンパクトにボールの軌道を作ることだけに集中する。

当然、勢いのあるボールは打てないですよ。

でも、相手コートには確実に返す。

リターンの時も、相手サーブが食い込んで来ても、何とか返す。

ブロックする意識、でラケットワークを止めてみて下さい。

きっと、思ったよりも楽に返球出来るはずです。

 

試合の中では、打ちやすいボールばかりじゃないですよね。

実際に、身体の近くはテニスでは泣き所。

どうやって返球するのか、のアイデアに乏しい人は試合で泣くことになるでしょう。

ラケットの動作を、しっかり考えておく。

これが、何より大事です。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    チャンスで打ち込みたい瞬間こそ、「次」を意識する

    試合の中で、ストロークを打ち込める場面。高い打点で前に入って、…

  2. テニス ダブルス

    ストローク

    いわゆるテニスの「普通のストローク」とは、全て打点が低いと自覚しよう

    「ストロークの打点は高い方が良いって、どれくらい高くないとダメですか?…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    ロブは、「先に軌道をイメージして、乗せるだけ」の意識で!

    試合の中で、大事な場面で必要になるロブ。コントロールを磨いてお…

  4. テニス フットワーク
  5. ストローク

    対ネットプレーのストロークの、大前提は?

    対ネットプレーの、ストローク術。しっかり出来る人は、試合でも…

  6. テニス 準備

    ストローク

    テニスにおいてストロークで「低く滑るスライス」を沈めて返球するには、かなりの技術が必要です

    私が考える、テニスにおいて最も難しい技術の一つが「低く滑るスライス」を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    試合の後半で体力を消耗したときに、「しっかりファーストサーブを入れていく」のに必…
  2. 戦術

    甘い攻撃こそ、上の試合では格好の餌食になる
  3. ボレー

    テニスのネットプレーでは、「相手がいる位置よりも空きスペース」を意識してラリーす…
  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    相手の大チャンス、ダメ元で予測して動くときには「利き腕側」に動くと覚えておこう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    テニスにおいて、速い球と重い球って全くの別物
PAGE TOP