テニス ロブ

ボレー

ボレー対ボレーのラリーになったら、バックボレーが主役!

この意識、大事です。

ボレー戦のようなラリーになったときに、自分でバックボレーを主役にもっていく。

この意識があれば、しぶとく粘れるし、角度を付けたボレーも打てる。

とにかく、良いことずくし。

ぜひ、初心者の方も苦手意識克服の意味でも、トライしてみて下さい。

 

ボレー対ボレーのラリーになったら、バックボレーが主役!

 

1.ウォーミングアップのボレーボレーから、バックボレー主役!

みなさん、練習前のウォーミングアップ、しっかりボレーボレーでバックボレー、使えてますか?

ここからフォアハンドボレーだけ、になっている方が本当に多いんですよね。

お互い、続けることが目的になってフォア側にしか打たない。

初心者の方でも、何球かラリーが続いたらバックボレーを入れていきましょう。

打ったら構える、相手のバック側にもしっかり打っていく。

この姿勢が、試合でも活きてきます。

試合の中でバックボレーを使う意識は、練習開始からもうトレーニングしていかないとダメです。

 

2.フォアボレーは、誰でも反応出来る

極論、これです。

フォアボレーは、多少遅れても反応出来るし、打点が後ろでもコントロール出来る。

でもバックボレーは、そうはいかない。

とにかく遅れがちですし、しっかり打てる自信が無いからか反応も遅い。

フォアボレーに意識を置かない、というわけでは無いんですが、速いラリーになったらバックボレー中心で考えて良い。

それくらい、割り切ってバックボレー主役、で良いと思いますよ。

 

3.バックボレーのメリットは、正面に強いこと

まず、これが一番でしょう。

何度も書いて来ましたが、ボレー戦になったときに、急所は身体の正面です。

しかも、ここに打たれるケースは多い。

身体の正面、にバックボレーのラケット面を用意しておけば、合わせるだけで楽に返球出来る。

これは、ボレー戦の基本です。

正面をバックボレーでさばく、と考えると、必然的に主役はバックボレーになります。

ここに気付けるかどうか、ですね。

「なんだ、こっちの方がやりやすいな」と思えたら、アナタはもう立派なネットプレイヤーです。

 

4.ラケット面を作りやすいのも、実はバックボレー

私の感覚では、アングルボレーやロブボレー、もバックボレーの方が打ちやすい。

力が入り辛い分、ラケット面を繊細に作れるんだと思います。

両手の方も、一緒です。

出来るだけ、利き腕で無い方の手でしっかりラケット面を作る、ことを意識してみて下さい。

バックボレー主役で、コース勝負。

これが、ボレー戦のキーワードになると思いますよ。

 

きっと、フォアボレーは反応出来ます。

バックボレーが遅れる、正面が不安定になることが、何より怖い。

ボレー戦になって、いける!と思ったときほど冷静に。

バックボレー主役で待つ、ことを忘れないでおいて下さい。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  5. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…

関連記事

  1. ボレー

    低いボレーを低く狙うよりは、積極的にロブボレーを使おう

    浮いたら相手に決められる、これがダブルスの試合。4人で前に出る…

  2. テニス サーブ

    ボレー

    ハイボレーは下に叩き付ける、のではなくまっすぐ打って重力でコートに入れるくらいのイメージで充分

    ハイボレー、頭より高い位置のボレーは皆さんどうでしょうか?結構…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    どうしても、「ボレーの独特の癖が抜けない」と感じている人に、試して欲しい7つのこと

    ソフトテニス、バドミントンなどを経験されて、硬式テニスを始められた皆さ…

  4. テニス サーブ

    ボレー

    今一度、基本から見直したい、「ファートボレーがグダグダになってしまう人」の改善策5つ

    ボレーが上手い人・・・は、ファーストボレーのタッチが上手い。そ…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでネットミスが多い人は、ボールの上側を触っている

    ボレーでここぞ!という場面でミスが多い人。それはきっと、ボール…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスでハイレベルな戦いになると、「ファーストボレーに前でプレッシャー」をかけ…
  2. リターン

    シングルスの試合での、リターン必勝法はこれ!
  3. ダブルス

    相手がポーチに出て来てからストレートに打っても、それは後手の策
  4. テニス 構え

    ストローク

    相手の深いストロークを、いかに振り切れるかが試合では大事
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合の現場で絶対に欲しいポイント、をイメージしながら練習しないと
PAGE TOP