テニス ダブルス

ダブルス

並行陣の時に前衛は、ポーチに出る?出ない?

最近よく頂く質問が、こちら。

並行陣を作った後は、前衛は動くべきかどうか・・・という点ですね。

確かに、雁行陣だと前衛がどんどん動いても、後衛が下がっているからカバーもしやすいイメージがあります。

並行陣になったら、前衛はそこまで動かないで良い?

これも、ケースバイケースでしょう。

 

並行陣の時に前衛は、ポーチに出る?出ない?

 


 

1.並行陣を作る、だけだと辛い

試合に出ている方は、経験あるでしょう。

並行陣を作っても、気にしないでどんどんクロスに低く打ち込んでくる相手、はいます。

特に最近ではストロークが得意な選手が多いですからね。

私も、若手ペアとの試合になったら、低く鋭く沈められる、ことを想定して準備しないといけない。

でも、どんなに準備してもやっぱり辛い。

並行陣を作るだけ、だとその後衛の足下にどんどん打ち込まれてしまいますからね。

この対策、は必要です。

 

2.あえてクロスに打たせて、前衛が出る

ですので、1.のようにやられるケースが増えると、前衛が動く方が良い。

相手からすると、「クロスに沈めれば余裕だな」と思っているところに、前衛が潰しにかかる。

並行陣でも、この動きは必要でしょう。

特に、相手が攻めて来るような場面。

クロスにしっかり沈めるようなボールを、ハッキリとネットに詰めてポーチする。

ネット近くで触れば、当たり損ないでも相手コートには返りますからね。

 

3.相手の攻撃、の瞬間に動く!

並行陣の前衛は、ここがポイントです。

相手が攻撃してくる瞬間、に動いてみる。

相手が打って来るコースに、入っていくイメージが大事です。

チャンスを決める、というイメージでは無いですね。

パートナーの後衛が攻撃されている、ところを横から助けにいく感じの方が近い。

並行陣が出来ていれば、チャンスは後衛でも決めることが出来ますからね。

雁行陣以上に、相手が攻めて来る、沈めて来るような場面での洞察力、が求められるでしょう。

 



 

4.クロスを潰した後は・・・?

私なら、そこまで動きません。

雁行陣ではないので、どうしても相手のロブが増えるのが並行陣。

1回クロスのボールに出て脅かした後は、ストレートに誘ったりロブを待つ。

それで充分、並行陣は相手の脅威になりますから。

全くポーチに動かない人は、並行陣の前衛としても不十分でしょう。

相手の攻撃を潰し、その後は自分の担当エリアに誘ってみる。

ぜひ、意識してプレーしてみて下さい。

 

5.お勧めの練習法

難しいポーチですが、相手の打ち込んでくるボールをボレーしてみる。

高い打点から相手がクロスに打つ、足下に沈めようとする、そのボールをポーチする。

並行陣対雁行陣の形式で、雁行陣の後衛の選手に少し甘い球出し、から始めてみましょう。

それを、クロスにしっかり打ったところに並行陣の前衛がポーチに出る、ところからスタート。

この練習は、「速く低いクロスのボールを、しっかりポーチする」のが目的。

恐怖心を克服すべく、しっかり最後までボールを見ながらポーチに出ることを意識してみて下さい。

 

並行陣になった途端に、前衛が我関せずになっている人。

後衛1人で戦うのは、しんどいですよ。

相手がクロスに沈めるタイミングが分かったら、思い切って動きましょう。

相手に気持ち良くテニスをさせないのが、前衛の仕事ですから。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「自分で決めるより、パートナーが決める方が嬉しい」と思えるように

    ダブルスの試合が上手い選手は、この感覚を持っている。「パートナ…

  2. テニス フットワーク

    ダブルス

    ミックスダブルス必勝法は、「序盤で女性が相手の男性に向かっていく」ことに尽きる

    テニスの試合、基本は「やられたら嫌なこと」から考えてみる。そう…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルス中級者から身につけたい、「前衛がサーバーに出すサイン」の基本を覚えよう

    ダブルスの試合で、よく前衛がサーバーにサインを出しているケース、ありま…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの雁行陣で下がった相手には、ショートクロスで攻めるのが有効

    ダブルスの試合、雁行陣で粘り強い相手は、嫌ですよね。後衛同士の…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスのセンターセオリー、が分からない人の為に必要な5つのアイデア

    「センターセオリー」と言われても、何をやったら良いのか分からない・・・…

  6. テニス サーブ

    ダブルス

    ポーチのコースの打ち分けは、センターラインを超えるかどうかで決める

    ダブルスの試合で、私自身が前衛で意識していること。もちろん、基…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    中級者から上級者への壁、そこには必ず「サービス力」がある
  2. テニス メンタル

    その他

    【読者の皆さまへ】3ヶ月に1回のアンケートに、ぜひご協力下さい
  3. テニス ボレー

    ストローク

    ストロークのラリー戦で鍵となる、「クロス方向への深いショット」を打つ為のコツ5つ…
  4. テニス サポーター

    テニス知識

    テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. ダブルス

    「技術だけじゃダメってことか」とダブルスで感じれば、テニスの試合はまだまだ勝てる…
PAGE TOP