戦術

調子が悪いなら、動こうよ

「調子が上がらないで、負けた・・・」という試合、多くないですか?

口に出すのは嫌だけど、自分でも調子の悪さが気になって集中出来ない。

そんな試合あって当然、人間ですから。

でも、問題はその時、試合中に何が出来たかですね。

ここでの基本スタンス、を決めておくと良いでしょう。

 

調子が悪いなら、動こうよ

 


 

1.調子が悪いなら、選手交代!

シングルスの試合でも、私はすぐに選手を交代します。

ストローカーから、ネットプレイヤーに。

その逆も、当然あります。

テニスの試合は、攻撃も守備も両方やりますからね。

それを、どこでやっても良い。

調子が悪ければ、悩んでいないでハッキリとポジションを変える。

そうすれば、まるで別な選手になったみたいな感じで、プレー出来ると思いますよ。

 

2.ダブルスなら、雁行陣と並行陣

最低でもこの2つ、を持っておくこと。

得意不得意があって全然OK、大事なのは、とっさに選択出来るかどうかです。

ストロークの調子が悪いなら、並行陣で挑んでみる。

多少ミスしても、気持ち的に楽じゃないですか?何かを変えた方が。

人は目の前の景色、光景が変われば、気持ちも変わるもの。

ダブルスなら前衛もいますし、後衛のアナタ一人で頑張る必要はありませんからね。

前でも戦えるし、後ろでも打ち合える。

そんな試合向きな選手、をイメージしていきましょう。

 

3.とにかく、落ち込まないこと!

調子が悪い、くらいで落ち込まないこと。

これは、試合慣れしていない人ほど、顕著に現れるんですよね。

自分が不甲斐ない、こんなはずじゃないと思っても、しょうがない。

落ち込まないで気楽にプレーしていると、意外と試合の後半には調子が戻って来たりもします。

それも、アナタ自身が動いていれば、の話。

ポジションを変えてスタイルを変えて、試行錯誤してみる。

そういう感じでもがく、という行為は試合で大事ですよ。

 

4.動ける人が、主体的に経験を積める

誰から教わったことでもなく、自分で見つけたこと。

これは本当に財産です、アナタ自身の。

人から与えられるのではなく、自分で掴みにいく。

今回のように、調子が悪くて動けるって、なかなか出来ないですけど・・・その先でつかめたものは、アナタの大事な力になります。

「調子が悪いときは、こうしましょう」と言われてやって、勝てると思いますか?

そんなに甘いものじゃないですよ、試合って。

自分の血を見ながら、じゃないと強くなれない。

主体的に経験を積むには、調子が悪い時ほど動くという姿勢、が大事です。

 

動けない人は、ずっと負け続けます。

調子が悪いまま、相手のペースで試合終了。

その次、またその次も、大事な試合ほどそうなっていくでしょう。

動いてダメなら、しょうがないじゃないですか。

その試合、自分は何が出来たのか。

本気で考えられる人が、試合で強くなって結果を出していけるんです。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. 戦術

    強い気持ちがある人しか、真の準備は出来ない

    試合前の、準備が大事。これは何度も書いて来たことですし、私自身…

  2. テニス ミス

    戦術

    午後のテニスの試合、は実は要注意な件

    テニスの試合が、行われる時間について。みなさんは、どんな感覚を…

  3. テニス ストローク

    戦術

    試合では、意図的に「長い」「短い」を作ってみよう

    試合の中で、自分のペースを作りたい。細かいことは考えずに、何か…

  4. テニス ミス

    戦術

    「自分らしい失点、自分らしくない失点」という視点

    自分の獲ったポイント、ナイスなショットはしっかり覚えている。で…

  5. テニス テニスノート

    戦術

    サーブもリターンも、一発ずつでは無く「試合の中でトータル」で考えること

    テニスの試合は、サーブかリターン。必ずこの両方、でスタートしま…

  6. テニス メンタル

    戦術

    暗くてボールが見えない、ときのテニスの試合の戦い方について

    今はまさに、日が長い時期。日照時間が長いので、テニスの試合も結…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーで、「ベースライン上からのハーフバウンド」でのライジングショッ…
  2. テニス メンタル

    その他

    なぜテニスプレイヤーのみなさんは、最初から完璧を求めてハードルを上げるんだろう?…
  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「最後は楽しんだもん勝ち」な感覚も大事
  4. テニス 試合

    メンタル

    「なぜ、アナタは見た目だけでテニス選手の実力」を判断してしまうのか?という問題は…
  5. テニス ストローク

    その他

    「上手い選手のここを見ておけっ!」ポイントを絞れば、テニスは観察・実践で上達が早…
PAGE TOP