テニス 練習

戦術

「あの人に、これは通じない」って、何で勝手に決めつけるの?

試合に勝てない、なかなか上のステージにいけない人の思考の典型例。

自分で勝手に、相手のことを考え過ぎて諦めている。

こういう人は、もっと自分の技術を使ってみる、という意識が大事。

通じないって決めつけて何もトライしないのは、ただの逃避です。

 

「あの人に、これは通じない」って、何で勝手に決めつけるの?

 


 

1.結果が出ないのが、そんなに怖い?

「あの人に、この作戦は通用しない」と、なぜ決めつけるのか。

それは、アナタ自身が怖いから。

結果が出ない、失敗してしまうのが怖いから出来ないだけ、でしょう。

何も、責めているつもりはありません。

誰だって、何かしら試して結果が出る、というのは怖い。

だから、強い人に対しては作戦を実行出来ない、のが普通なんです。

でも一度その壁を越えると、一気に差は縮まっていきますよ。

 

2.「通用しない」と考える人は、設定が高過ぎ

もしかしたら、ポイントを取ること、試合に勝つこと、が目的になってませんか?

それだと、しんどいだけですよ。

自分の技術、作戦を試すなら、「実行出来ること」がまず大事。

だって、考えてみて下さいよ。

格上相手の選手なら、ボールをコントロールすること、それ自体が難しい。

リターンは相手のサーブを返さないといけないし、サーブだって緊張する。

まず、作戦を実行すること自体が難しい、だから「通用しない」と逃げたくなる。

それなのに、「作戦を成功させて、ポイントを取らないといけない」と考えたら、それは難しいでしょう。

自分で最初のハードルを高く設定し過ぎても、何も良いことは無いですよ。

 

3.「どれくらい通じないのか?」を、測ってみよう

何でそうですが、やってみないと分からない。

アナタ自身の作戦、技術がどの程度通用するのか、しないのか。

やってみないと、何も響かないですからね。

例えばダブルスのポーチでも、まず動いてみてストレートに打たれるのかどうか。

打たれる、ということは警戒してくれたということ。

ではその次、どうするのか。

サーブのコースを変えるのか、動き出すタイミングを変えてみるのか。

最初に試して、感じたことから変えていく。

これが、必要はステップでしょう。

 

4.日々の練習こそ、チャレンジの連続

練習って、誤解されがちですが「同じことを繰り返す」ことじゃない。

日々、工夫と研究の場が練習の場、です。

試合で「通用しないだろう」と諦めている人は、練習から諦めている。

強い人や上手い人に、自分の作戦や技術をぶつけることが出来ていない。

これでは、試合に強い選手には到底なれない。

日々の練習こそ、試合の鏡。

通用しないと諦める前に、まずやってみることから全ては始まります。

 

そもそも、失うものなんてそう多くは無い。

自分で勝手に作り出しているだけ、でしょう。

ちょっとのプライドが、アナタ自身の成長を阻害している。

「通用しないだろう」と逃げるのではなく、まずやってみましょう。

そうすれば、きっと感じるはずですよ。

「もっと早く、色々やっておけば良かった・・・」と。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス 環境

    戦術

    「自分のテニスを変えていく」為には、目先の勝利にこだわらない勇気も大切です

    今、目の前にある試合、1ポイント1ポイントはもちろん大切。です…

  2. テニス スマッシュ

    戦術

    強い選手は、リードした後にアグレッシブに戦術を変える

    テニスの試合って、ポイント形式が特殊ですよね。ゲーム内は、5ポ…

  3. 戦術

    テニスは練習から「混ぜる」のを癖にしよう

    スピンの中に、スライスを混ぜる。センターセオリーの中に、ショ…

  4. テニス ミス

    戦術

    何となく、試合で相手にボールを送るときにチェックしたいポイントとは?

    「え?そんなとこまで、見るの?」と思う方も、多いでしょう。私は…

  5. テニス メンタル

    戦術

    自分のテニスの特徴、どんどん相手に見せていこう!

    テニスの試合、初対面の相手。つい、自分の特徴を「隠そう」と思っ…

  6. テニス メンタル

    戦術

    「勝っている選手には、必ず理由がある」テニスが上手い、以上の理由を自分なりに探してみよう

    アナタの周りにも、「テニスが上手い、試合で勝っている」人はいるはず。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    並行陣のサーブ&ボレーは、「ファーストボレーをストレートに流す準備」が…
  2. テニス 客観視

    その他

    「本気でテニスを上手くなる」段階に入るには、自分自身で恥を知るきっかけが必要です…
  3. テニス メンタル

    その他

    久しぶりにテニスをすると、なぜ調子が良いのか?
  4. シングルス

    シングルスの試合で必要な、素早くフォアハンドで回り込むコツ5つ
  5. テニス サーブ

    サーブ

    試合でサーブが入らなくなる人は、「上方向へ振り抜くこと」が出来なくなるケースが多…
PAGE TOP