テニス 練習

戦術

「あの人に、これは通じない」って、何で勝手に決めつけるの?

試合に勝てない、なかなか上のステージにいけない人の思考の典型例。

自分で勝手に、相手のことを考え過ぎて諦めている。

こういう人は、もっと自分の技術を使ってみる、という意識が大事。

通じないって決めつけて何もトライしないのは、ただの逃避です。

 

「あの人に、これは通じない」って、何で勝手に決めつけるの?

 


 

1.結果が出ないのが、そんなに怖い?

「あの人に、この作戦は通用しない」と、なぜ決めつけるのか。

それは、アナタ自身が怖いから。

結果が出ない、失敗してしまうのが怖いから出来ないだけ、でしょう。

何も、責めているつもりはありません。

誰だって、何かしら試して結果が出る、というのは怖い。

だから、強い人に対しては作戦を実行出来ない、のが普通なんです。

でも一度その壁を越えると、一気に差は縮まっていきますよ。

 

2.「通用しない」と考える人は、設定が高過ぎ

もしかしたら、ポイントを取ること、試合に勝つこと、が目的になってませんか?

それだと、しんどいだけですよ。

自分の技術、作戦を試すなら、「実行出来ること」がまず大事。

だって、考えてみて下さいよ。

格上相手の選手なら、ボールをコントロールすること、それ自体が難しい。

リターンは相手のサーブを返さないといけないし、サーブだって緊張する。

まず、作戦を実行すること自体が難しい、だから「通用しない」と逃げたくなる。

それなのに、「作戦を成功させて、ポイントを取らないといけない」と考えたら、それは難しいでしょう。

自分で最初のハードルを高く設定し過ぎても、何も良いことは無いですよ。

 

3.「どれくらい通じないのか?」を、測ってみよう

何でそうですが、やってみないと分からない。

アナタ自身の作戦、技術がどの程度通用するのか、しないのか。

やってみないと、何も響かないですからね。

例えばダブルスのポーチでも、まず動いてみてストレートに打たれるのかどうか。

打たれる、ということは警戒してくれたということ。

ではその次、どうするのか。

サーブのコースを変えるのか、動き出すタイミングを変えてみるのか。

最初に試して、感じたことから変えていく。

これが、必要はステップでしょう。

 

4.日々の練習こそ、チャレンジの連続

練習って、誤解されがちですが「同じことを繰り返す」ことじゃない。

日々、工夫と研究の場が練習の場、です。

試合で「通用しないだろう」と諦めている人は、練習から諦めている。

強い人や上手い人に、自分の作戦や技術をぶつけることが出来ていない。

これでは、試合に強い選手には到底なれない。

日々の練習こそ、試合の鏡。

通用しないと諦める前に、まずやってみることから全ては始まります。

 

そもそも、失うものなんてそう多くは無い。

自分で勝手に作り出しているだけ、でしょう。

ちょっとのプライドが、アナタ自身の成長を阻害している。

「通用しないだろう」と逃げるのではなく、まずやってみましょう。

そうすれば、きっと感じるはずですよ。

「もっと早く、色々やっておけば良かった・・・」と。

ピックアップ記事

  1. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. テニス ルール

    戦術

    「緊張するタイブレーク」に突入したときに、攻撃的にいく?守備的になる?という作戦について

    1セットマッチ、6ゲームオールになってタイブレークに突入。した…

  2. 戦術

    「テニスの数え方」試合の中でどう戦うかをスコアの中で考えてみる

    テニスのスコアの数え方って面白い。スーパーショットでポイント取…

  3. テニス メンタル

    戦術

    「相手の速いショットも難なく返せ」テニスの試合では粘り強いプレーができるように

    勝つために練習をしている。勝つ・・・というのはモチロン自分より…

  4. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合では、「ボールの滞空時間を作り、奪い合うこと」が勝利への鍵になる

    テニスのラリーの中で、意識して欲しいのは時間の奪い合い。ここに…

  5. テニス ストローク

    戦術

    今すぐダブルスに勝ちたければ、自分はネット、相手はベースライン

    高校生の皆さんでも社会人、ベテランやシニアの皆さんでも、私が一貫してお…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    環境や雰囲気に、自分の感覚が流されてはいけない
  2. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスで4人がつなぎ合うボレーを打破するには、アングルボレーを使うしか無い
  3. テニス 練習

    その他

    テニス部の新1年生に、「しっかり基本からテニスを教えたい」先輩なら意識したい基本…
  4. テニス メンタル

    その他

    テニス部の練習に、「大きな声出し」は必要だろうか?を考えてみる
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスで「ボールタッチの感覚を磨きたい人」は、まずはしっかり脱力してボールの重さ…
PAGE TOP