テニス メンタル

練習メニュー

アドバイスで変われる人、変われない人の違い

コーチや周りの人から、アドバイスをもらう機会。

きっと、みなさんも少なからずあると思います。

このT-PRESSも、そういう場の一つでしょうか。

でも、そのアドバイスを活かせるのか、はアナタ次第。

私が今まで見て感じて来た中で、アドバイスを活かせる人は・・・こんな人でしょう。

 

アドバイスで変われる人、変われない人の違い

 


 

1.常に危機感と劣等感、を持っている人

は、アドバイスで変われます。

きっかけ一つで、すごく上手くなる。

それも、急にその日は訪れることが多いです。

普段から、自分自身で考えて危機感を持ってテニスをしている人は、やはり雰囲気から違う。

また劣等感を持っている人も強い。

自分の至らないところを、自分で受け入れることが出来て、そこから変えていこうという人ですから。

この2つの意識が無い人は、きっとどんなアドバイスもあまり意味をなさない。

私は、そう思います。

2.結局変えるのは、自分自身

どんなに優秀なコーチでも、変わりになることは出来ません。

アナタ自身の代わりに打ち返すことは出来ない、ですからね。

アナタ自身が変わる、自分を変えるという意識を持っている人じゃないと、アドバイスは意味がない。

何となく聞いて、「まぁ、そうだよね」と思って何も変えない。

これが普通ですし、今日もテニススクールではこの繰り返し。

良い悪い、ではなくそういうビジネスですから。

他人からのアドバイスで変われる人は、そう多くないんです。

 

3.危機感を持っている人は、ピン!と来る

もう、本当にいきなり来ます。

これか!という感じで、一瞬で感覚を掴む。

それが言葉なのか、腕を持って動かしてのアドバイスなのか、にもよりますが、とにかくきっかけは小さいこと。

危機感を持っている人は、その一言を見逃さない。

自分の危機感を救ってくれる、小さいきっかけを常に探していますから。

私自身、ボレーを変えた一言は「ラケット面を上向きで、顔を残す」という一言でした。

その一言で、ボレーを全て変えたきっかけ、になったアドバイスでした。

こういうアドバイスは、きっとみなさんにもある。

ですが、そのアドバイスを敏感に感じられる土壌が、アナタ自身にあるかどうか、です。

 

4.良いアドバイス、はいつも目の前にある

「いや、でも私には良いコーチがいなくて」と言う方も、多いでしょう。

確かに、コーチとの相性はあります。

でも、本当にそれってコーチのせいでしょうか?実力不足でしょうか?

まずはアナタ自身が、自分のテニスをどう考えているのか、が大事。

「自分のテニスは、これで良いんだ」と感じていたら、どんなアドバイスも上の空じゃないですか。

良いアドバイス、はいつでも目の前にある。

その意識で、その場はしっかりと頑張る。

そして、どうしても違うと感じたら、また環境を変えれば良いんです。

 

アドバイスをしっかり活かしたい、という人は多い。

でも、その土壌を自分で耕し、しっかり育めている人は少ないでしょう。

全ては、アナタの危機感と劣等感次第。

アドバイスを活かせるかどうか、いつでもそのチャンスを拾う準備が出来ているかどうか。

考えてみる時期じゃないですかね。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    毎日のテニスの練習で1つで良いから、「新しい気付き」を持つ癖を身に付けよう

    練習を自分の中で、習慣化してしまう。これはとても、怖いこと。…

  2. テニス 緊張

    練習メニュー

    試合直後の練習こそ最高、だけど難しいなら・・・どうしましょう?

    「一番良い練習方法、教えて下さい!」というご依頼を、たくさん頂きます。…

  3. テニス 陸上

    練習メニュー

    テニスにおいて部活や練習、試合を「消化している」ような感覚に陥ってはいないか?

    何となく部活に入って、練習して試合をする。テニスのおいて、高校…

  4. テニス 観察眼

    練習メニュー

    テニスを「練習した気」にしてしまう6つのマンネリ化要素

    テニスの練習、しっかり試合につながる内容で出来ているのか。この…

  5. テニス 客観視

    練習メニュー

    部活やサークルで、「指示待ち集団」になっているみなさんへ

    テニスを練習するチーム、みなさんも所属している方が多いと思います。…

  6. 練習メニュー

    「レベルの高い人たちの中での練習」だけになると、危険

    良い練習をしてきたはずなのに、試合で勝てない。こういう経験、み…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「何が何でも、この試合に勝ちたい」と口にして、実践出来ている人は少ない
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    「後ろ足体重で引き付けるストローク」からの展開力を身に付けよう
  3. テニス メンタル

    ダブルス

    サインプレー、はリズムを作る為に必要
  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    ロブを取ろうとして「やっぱや~めた」の前衛は、二度とペアを組んでもらえない
  5. テニス 練習

    スマッシュ

    テニスにおけるスマッシュは、「上げた腕と顔の間くらいにボール」がくると、一番打ち…
PAGE TOP