テニス メンタル

練習メニュー

アドバイスで変われる人、変われない人の違い

コーチや周りの人から、アドバイスをもらう機会。

きっと、みなさんも少なからずあると思います。

このT-PRESSも、そういう場の一つでしょうか。

でも、そのアドバイスを活かせるのか、はアナタ次第。

私が今まで見て感じて来た中で、アドバイスを活かせる人は・・・こんな人でしょう。

 

アドバイスで変われる人、変われない人の違い

 


 

1.常に危機感と劣等感、を持っている人

は、アドバイスで変われます。

きっかけ一つで、すごく上手くなる。

それも、急にその日は訪れることが多いです。

普段から、自分自身で考えて危機感を持ってテニスをしている人は、やはり雰囲気から違う。

また劣等感を持っている人も強い。

自分の至らないところを、自分で受け入れることが出来て、そこから変えていこうという人ですから。

この2つの意識が無い人は、きっとどんなアドバイスもあまり意味をなさない。

私は、そう思います。

2.結局変えるのは、自分自身

どんなに優秀なコーチでも、変わりになることは出来ません。

アナタ自身の代わりに打ち返すことは出来ない、ですからね。

アナタ自身が変わる、自分を変えるという意識を持っている人じゃないと、アドバイスは意味がない。

何となく聞いて、「まぁ、そうだよね」と思って何も変えない。

これが普通ですし、今日もテニススクールではこの繰り返し。

良い悪い、ではなくそういうビジネスですから。

他人からのアドバイスで変われる人は、そう多くないんです。

 

3.危機感を持っている人は、ピン!と来る

もう、本当にいきなり来ます。

これか!という感じで、一瞬で感覚を掴む。

それが言葉なのか、腕を持って動かしてのアドバイスなのか、にもよりますが、とにかくきっかけは小さいこと。

危機感を持っている人は、その一言を見逃さない。

自分の危機感を救ってくれる、小さいきっかけを常に探していますから。

私自身、ボレーを変えた一言は「ラケット面を上向きで、顔を残す」という一言でした。

その一言で、ボレーを全て変えたきっかけ、になったアドバイスでした。

こういうアドバイスは、きっとみなさんにもある。

ですが、そのアドバイスを敏感に感じられる土壌が、アナタ自身にあるかどうか、です。

 

4.良いアドバイス、はいつも目の前にある

「いや、でも私には良いコーチがいなくて」と言う方も、多いでしょう。

確かに、コーチとの相性はあります。

でも、本当にそれってコーチのせいでしょうか?実力不足でしょうか?

まずはアナタ自身が、自分のテニスをどう考えているのか、が大事。

「自分のテニスは、これで良いんだ」と感じていたら、どんなアドバイスも上の空じゃないですか。

良いアドバイス、はいつでも目の前にある。

その意識で、その場はしっかりと頑張る。

そして、どうしても違うと感じたら、また環境を変えれば良いんです。

 

アドバイスをしっかり活かしたい、という人は多い。

でも、その土壌を自分で耕し、しっかり育めている人は少ないでしょう。

全ては、アナタの危機感と劣等感次第。

アドバイスを活かせるかどうか、いつでもそのチャンスを拾う準備が出来ているかどうか。

考えてみる時期じゃないですかね。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス トレーニング

    練習メニュー

    自分が好きな練習しか出来ない人は、結局その程度のテニス選手

    年が明けて新規一転。今年こそテニスを頑張るぞ!と思っている方、…

  2. テニス 練習

    練習メニュー

    テニス部に必要なのは、基礎練習から個性を伸ばす視点だと思う

    熱心なテニス部のみなさんから、たくさんご質問を頂きます。中でも…

  3. 練習メニュー

    練習は何のためにやるのか、という基本

    練習は、何のためにやるのか。この問いかけを、最近アナタ自身行い…

  4. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ボレー対ストロークのリズム、を体感しよう

    ボレー対ストローク、のリズム。これがしっかり身に付いていると、…

  5. 練習メニュー

    練習が締まるかどうか、を人任せにしてはいけない

    良い練習が出来るときと、あまり出来ないとき。この差って、みなさ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. 戦術

    いつも必死の形相でボールを打つ人に、勝てそうな雰囲気は生まれない
  2. サーブ

    サーブ&ボレー、必勝のコツ
  3. テニス リターン

    ストローク

    ストロークでショートクロスが上手く打てない人は、「自分の背中の方向に打球を飛ばす…
  4. ダブルス

    ダブルスのストレートアタック、決めるのは前のポイントの終了直後がベスト
  5. テニス 栄養

    テニス知識

    テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
PAGE TOP