テニス サーブ

戦術

連続ポイント、は意図的に

テニスの試合は、1ポイントずつ。

プレーしては止まり、また結果が出て次のプレー、ポイントが始まりますよね。

ここぞというポイントでは、しっかり「連続奪取」を狙いたい。

求めなければ、狙わなければ取れない、それがテニスの連続ポイントです。

 

連続ポイント、は意図的に

 


 

1.何となく、だからシーソーゲーム

テニスの試合、取ったり取られたりは仕方がない。

ですが、何も考えないで漠然と試合を進めているだけだと、やはりポイントは交互に入りやすい。

実力が拮抗していると、そんな感じじゃないでしょうか?

強い人、勝てる人は、どこかで意図的に連続ポイントを取っていく。

その流れで、ゲームを取ってセットを取り、試合を決めていく。

「ここだ!」と思ったら、連続ポイントを奪取したい。

まずはしっかり狙う、準備するということが大事です。

 

2.パターンAと対極のBを用意する

私が「ここは連続ポイントが欲しい!」と思ったら、やる作戦。

まずAという作戦を実行して、相手を動かす。

浅いボールを使うこと、が多いです。

次のポイントでは、その対極のBという作戦をぶつける。

ドロップ系のショットの後ですから、ロブのような深い山なりのショット。

シンプルですが、こうやってAとBを両方つなげられると、相手は辛いんですよね。

前のポイントの印象は必ず残っているものですから。

シンプルですが、対極の作戦を繰り出していく、というのは試合で効果的です。

 

3.速いボールに頼るのは危険

これに頼るのは、危険です。

入るかどうか分からない、入っても自分のフットワークが付いていかないですからね。

しっかり、配球で攻めるから連続ポイント、になりやすいのがテニスです。

ですが、もし「たまたま速いショットが入ってしまった」という時には、これを活かしましょう。

次は、遅いボールで相手を泳がせる。

ナイスサーブが入ったら、次はあえて遅めのサーブを使ってみるのも良いでしょう。

結果的に、対極の作戦を使うことにつながりますから、効果的です。

 

4.同じことの繰り返し、にならないように

自分から変化を付ける、相手の考えに先回りする。

これが出来る人は、連続ポイントを意図的に作り出しやすい。

シーソーゲームの人は、結局プレーがずっと変わらないんですよね、試合の中で。

最初から最後まで同じリズム、テンポだから相手も慣れてしまう。

だから、ポイントの取得がコントロール出来ないんです。

試合をコントロールする、ここぞという場面では、しっかり連続でポイントを取る。

これが出来る人が、トーナメントを勝ち上がっていくのがテニスです。

 

もちろん、効くこと、効かないこと、出て来るでしょう。

アナタ自身に、意志があるのかどうか、が大事。

「ここは連続で取って、流れを変えるんだ」という意志があれば、取れます、絶対に。

そしてそのための作戦、技術も、自然と身に付いてくるはずです。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  5. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を

関連記事

  1. テニス ボレー
  2. テニス メンタル

    戦術

    知っておいて損は無い、「全員から負けにくくなるテニス」はある

    年末年始に、たくさんご質問を頂きました。「どうしても勝ちたい相…

  3. テニス ストローク

    戦術

    「この相手、何を考えているか分からない・・・」は、テニスでは褒め言葉になる

    アナタが試合をしていて、一番やり辛い相手ってどんな相手ですか?…

  4. テニス 客観視
  5. テニス 雑誌

    戦術

    テニスの作戦、戦術、理論は、「頭だけで覚えようと思ってもダメ」な理由について

    テニスの戦術、作戦が、頭に入らない・・・という人は多い。これっ…

  6. 戦術

    コードボールを返球する、その意欲が大事

    この反応一つで、絶対に変わる。試合の中で、1回あるかないか、の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    センターセオリーを軸に置いて、常にアングルを狙うこと
  2. テニス ミス

    練習メニュー

    「何で、この練習をやるの?」が明確になれば、実力差は関係ない
  3. テニス メモ

    メンタル

    自分の限界は、言葉一つで超えられる
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「綺麗に美しく勝ちたい」と誰もが思いながら、負けていくという事実…
  5. テニス 雪

    練習メニュー

    「挑戦するキャプテン、しないキャプテン」によって、チームの挑戦力の絶対量は決まる…
PAGE TOP