テニス メンタル

メンタル

取れそうで失ったゲーム、を試合で引きずってはいけない

客観的に試合を見直してみて、アナタが気付いて欲しい点。

それは、「どこで落ち込んでしまったか」ということ。

メンタル的に、どこで波があったのか。

きっと、過去の試合を振り返ってみても、こういう場面で切り替えが難しかった経験、あるんじゃないでしょうか?

 

取れそうで失ったゲーム、を試合で引きずってはいけない

 


 

1.テニスの試合って、スコアが独特

テニスって、ルールが他競技とは少し異なりますよね。

まずポイントがあり、それを重ねてゲームがあり、その先にセットがある。

要は、合計得点だけで競う競技じゃない。

大事なのは、いかにゲームを取るのか、セットを取るのか。

私たちの試合は、多くは1セットマッチだと思いますので、いかにゲームを取っていくか、が大事ですよね。

ゲームを取れそうで取れなかった時は、もちろん落ち込んでしまう。

でも、その切り替えが出来れば、勝てる試合も増えて来るでしょう。

 

2.引きずってしまうのは、ある意味しょうがない

どんなに準備していても、実際は凹んでしまいます。

そりゃ、40-0からキープ出来なかったら、落ち込むのが当たり前。

まず、私は一旦落ち込んでも良いと思っています。

大事なのは、無理やり切り替えようとしないこと。

少し時間を取って、ポイント間に時間を使う。

取れそうで取れなかったゲーム、の次のゲームは、あえてゆっくり進めてみると良いでしょう。

ポイント間の時間を使いながら、相手とラリーを進めていく。

焦ってテンポ良く進めてしまうと、きっとどんどんスコア差を付けられてしまいますよ。

 

3.必ず、相手にプレッシャーは残っている

取れそうで取れなかったゲーム、確かに落とすのは痛い。

でも、相手にも充分プレッシャーはかかっていますから。

相手からしても、「危なかった・・・」という印象が残っているので、アナタが思っている程「ラッキー!一気にいくぞ!」とは、ならないはず。

相手にプレッシャーが残っているはずだから、落ち込まず、そのプレッシャーを活かしていけば良い。

どんなに悔しがっても、もちろん失ったゲームは取り戻せないですからね。

痛いのは確かですが、残したものはある、と思って頑張るしかないでしょう。

 

4.サービスゲームは、40-0からが勝負

つい、私たちは油断してしまいますが・・・。

実際に、サービスゲームは40-0からが勝負。

なぜなら、私たちのレベルの試合ではダブルフォルトも多いし、セカンドサーブからのポイント取得率も高くない。

いつでも挽回される、くらいの意識で待っている方が、ちょうど良いでしょう。

相手のプレーが良くならなくても、40-0から自滅する可能性は高い。

だからこそ、そうなっても凹み過ぎないこと、も大事ですね。

 

3ポイントなんて、言ってしまえばあっという間です。

自信を失ってしまえば、すぐにプレーも乱れていくのがテニス。

だからこそ、取れそうで失ったゲーム、はその後が大事。

最後に勝つために、必要なのは気持ちの準備です。

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    セルフジャッジはクリーンに、しておいた方が良い理由4つ

    セルフジャッジについて、改めて確認しておきたことがあります。よ…

  2. テニス メンタル
  3. テニス メンタル

    メンタル

    人から評価されることが、目的になってはいないか?

    T-PRESSを始めて4年、最近私も感じていることがあります。…

  4. メンタル

    テニスの試合の中で、「最期の最期」は、自分の技術と決断力を信じよう

    テニスの試合の中で、いつも決断が求められる。実力が伴っていない…

  5. メンタル

    「テニスノートが続かない…」理由を真剣に考えてみる

    「今年こそテニスノートを付けて、レベルアップするぞ・・・!」と意気込ん…

  6. テニス ストローク

    メンタル

    スコア差があっても無くても、集中力に差が生まれてはいけない

    すごく、難しい話です。普通の人は、まずできない。でも、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで「身体を開いてはいけない」は、誤解の元
  2. フットワーク

    「ボールをよく見るためには?」テニスの基本の部分を見直すには?
  3. テニス ストローク

    ボレー

    脱・ネットプレー中級者、の為には「打った方向へ詰める基本」を再度徹底しましょう!…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    逆境に燃える心は、テニスコートだけでは養えない
  5. テニス メンタル

    ボレー

    ハイボレーを、「力の入らない場所」で打ってないですか?
PAGE TOP