テニス メンタル

メンタル

取れそうで失ったゲーム、を試合で引きずってはいけない

客観的に試合を見直してみて、アナタが気付いて欲しい点。

それは、「どこで落ち込んでしまったか」ということ。

メンタル的に、どこで波があったのか。

きっと、過去の試合を振り返ってみても、こういう場面で切り替えが難しかった経験、あるんじゃないでしょうか?

 

取れそうで失ったゲーム、を試合で引きずってはいけない

 


 

1.テニスの試合って、スコアが独特

テニスって、ルールが他競技とは少し異なりますよね。

まずポイントがあり、それを重ねてゲームがあり、その先にセットがある。

要は、合計得点だけで競う競技じゃない。

大事なのは、いかにゲームを取るのか、セットを取るのか。

私たちの試合は、多くは1セットマッチだと思いますので、いかにゲームを取っていくか、が大事ですよね。

ゲームを取れそうで取れなかった時は、もちろん落ち込んでしまう。

でも、その切り替えが出来れば、勝てる試合も増えて来るでしょう。

 

2.引きずってしまうのは、ある意味しょうがない

どんなに準備していても、実際は凹んでしまいます。

そりゃ、40-0からキープ出来なかったら、落ち込むのが当たり前。

まず、私は一旦落ち込んでも良いと思っています。

大事なのは、無理やり切り替えようとしないこと。

少し時間を取って、ポイント間に時間を使う。

取れそうで取れなかったゲーム、の次のゲームは、あえてゆっくり進めてみると良いでしょう。

ポイント間の時間を使いながら、相手とラリーを進めていく。

焦ってテンポ良く進めてしまうと、きっとどんどんスコア差を付けられてしまいますよ。

 

3.必ず、相手にプレッシャーは残っている

取れそうで取れなかったゲーム、確かに落とすのは痛い。

でも、相手にも充分プレッシャーはかかっていますから。

相手からしても、「危なかった・・・」という印象が残っているので、アナタが思っている程「ラッキー!一気にいくぞ!」とは、ならないはず。

相手にプレッシャーが残っているはずだから、落ち込まず、そのプレッシャーを活かしていけば良い。

どんなに悔しがっても、もちろん失ったゲームは取り戻せないですからね。

痛いのは確かですが、残したものはある、と思って頑張るしかないでしょう。

 

4.サービスゲームは、40-0からが勝負

つい、私たちは油断してしまいますが・・・。

実際に、サービスゲームは40-0からが勝負。

なぜなら、私たちのレベルの試合ではダブルフォルトも多いし、セカンドサーブからのポイント取得率も高くない。

いつでも挽回される、くらいの意識で待っている方が、ちょうど良いでしょう。

相手のプレーが良くならなくても、40-0から自滅する可能性は高い。

だからこそ、そうなっても凹み過ぎないこと、も大事ですね。

 

3ポイントなんて、言ってしまえばあっという間です。

自信を失ってしまえば、すぐにプレーも乱れていくのがテニス。

だからこそ、取れそうで失ったゲーム、はその後が大事。

最後に勝つために、必要なのは気持ちの準備です。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス メモ

    メンタル

    「苦しみながら勝った試合」こそ、テニスノートに記して自分の財産にしていこう

    皆さんのテニスノート、どんな感じで試合の記録を残していますか?…

  2. テニス メンタル
  3. テニス ダブルス

    メンタル

    「ミスが怖くて粘ってる相手」は全然怖くない

    皆さん、粘り強い相手は試合で嫌ですよね。でも、よく見極めて欲し…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に負けたからといって、「苦労や悲しみのシェア祭り」になっている人は本当に痛い

    試合に勝てる日もあれば、当然負ける日もある。試合結果について自…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    メンタルが弱いんじゃなくて、考え方が狭いだけ

    テニスの試合は、メンタル勝負。でも、そんなに差は無いですよ、人…

  6. テニス 戦術

    メンタル

    「俺たちに、簡単に勝てると思うなよ」という気持ち、はすごく大事

    言葉には、力がある。みなさんも、普段からテニスの試合に挑むとき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーで、「ベースライン上からのハーフバウンド」でのライジングショッ…
  2. テニス ロブ

    ダブルス

    テニスの女子ダブルスの試合で有効な、「低くて鋭いロブ」で前衛の頭上を抜くコツ4つ…
  3. テニス メンタル

    シングルス

    「俺はこれくらいのラリー、何十球でも付き合うよ」という意志表示、出来ているか?
  4. テニス ダブルス

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で最初に実践したい「バックハンドを攻める」基本戦術を確認…
  5. テニス ボレー

    ストローク

    両手バックハンドのストロークを振り切れない人は、テイクバックから更に肩を入れよう…
PAGE TOP