テニス ミス

メンタル

「自分はミスをする人間である」と考えておけば、自然にメンタルは強くなる

皆さんは試合中、「ミスは多い方」だと思いますか?

試合以外の場所、で聞いていると「多いですね・・・」と答える方が多いのですが、実際の試合では?

まるで自分が、完全無欠の選手のようにイメージ出来ている人、多くないですか?

起きるであろうミス、に凹んでいる暇なんて試合ではありません。

 

「自分はミスをする人間である」と考えておけば、自然にメンタルは強くなる

 


 

■メンタルが弱い人って、結局、自意識過剰な人が多い

よくメンタルが弱い、試合で勝てない、という悩みをメッセージで頂きます。

皆さん、どれだけ自分が「ミスしない、試合を完遂できる人間」だと思っているんでしょうか・・・。

かなり理想が高い、と客観的には思ってしまいます。

「上手くいかない・・・」と思って凹む人は、きっと練習の時点でも上手くいっていないはず。

もちろん、試合という緊張感は影響しているでしょうが・・・。

とにかく、自意識過剰な自分、に気付くことからスタートです。

 

■「人はミスをする」からこそ、準備が出来る

どんな人でも、ミスはします。

それこそ、外科医の方が人命に関わるようなミス、だって起きてしまう訳ですから・・・。

それを減らす為に、トラブルをシュミレーションしておく、のがテニスの試合でも大事。

怪我やアクシデント、よりも、もっと身近なトラブルはたくさん起きているはずです。

「セカンドサーブが入らない」

「フォアハンドをビビッて、入らなくなってしまう」

「バックハンドを狙われて、辛くなる」

こんなミス、トラブル、たくさん発生しますよね。

それが当たり前、なんですから。

 

■「ミスに対処出来た人」が最後に試合で勝つ

同じようなレベル、多少の実力差では、この原則が当てはまります。

お互い調子が悪い、ミスしていく中で、そこに上手く「対処出来た人」が勝つのがテニスです。

試合に強い人って、ミスを引きずらないし、切り替えが上手い。

同じような失点、ほとんどしないと思いませんか?

それは、彼らは自分が「ミスを繰り返す人間」だと気付いているから。

気付いているから、変えていくのにも慣れている。

これってテニス以外、の部分でも必要なことだと思うんですよね。

 

ミスは起こる、起こってからが勝負。

ミスした自分を責めても、ポイントは返って来ないし試合は続いていく。

仕事でも勉強でも、チャレンジがあるからミスがある。

そしてそのミスの後の準備、まで出来る選手が、結局テニスの試合では強いのです。

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    あるレベル以上になると「リスクを伴わない変化」で、テニスが強くなれる訳が無い

    テニスは、あるレベルまでは「ある程度」自然に上達する。個人差は…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「満足する日」があっても良いけど、翌日まで引きずってはダメ

    テニス選手として、最高に嬉しいこと。それはやっぱり、試合に勝つ…

  3. テニス ボレー

    メンタル

    すごくテニスが上手いのに、「知り合い同士の試合」に弱い人は意外と多い

    皆さんの周りにも、いませんか?草トーや市民大会、団体戦で「知り…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの結果を安定させるには、精神論から脱却して仕組みを変えていかないと

    頑張っているのに、結果が出ない。そんな自分が嫌で、もうテニスや…

  5. テニス 練習

    メンタル

    自分で決められる人は、確実にテニスも強くなる

    テニスが強くなる人、それって特別な人?でしょうか?私はそうは思…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    自分への疑いが晴れれば、自信に変わる

    試合の中で、自分に自信を持ち続けること。難しいですよ。…

特集記事

  1. ダブルス

    破天荒な前衛、がミックスダブルスを変える
  2. ダブルス

    パートナーに伝えることで、自分の迷いも捨てられる
  3. テニス ロブ

    ボレー

    相手のストロークが強打の場面なら、ブロックボレーの準備を
  4. テニス 人脈

    メンタル

    「アイツ、苦手なんだよな・・・」と思う苦手意識は、ココから変えていきましょう
  5. テニス クレーコート

    シングルス

    シングルスの試合で身に付けておきたい、両者ネット際での攻防を制するコツ4つ
PAGE TOP