テニス チャンス

メンタル

マッチポイントは、一度相手に握らせらるくらいで良い

試合の中で、緊張しやすい人。

特に、相手のマッチポイントのような場面って、身体がガチガチになったりしませんか?

これも、ちょっとしたアイデアで私は変えていけると思いますよ。

大胆な発想ですが、これくらいで良いと思います。

マッチポイントは、一度相手に握らせらるくらいで良い

 

1.特に、タイブレークで必要な発想

例えば、試合が拮抗してタイブレークに突入。

この段階で、私はいつもコレを考えています。

「マッチポイント、を焦らない」と。

つまり、自分が先にマッチポイントを握らなくても、大丈夫。

むしろ、一旦相手に握らせるくらいで良いんじゃないかなとさえ、思っています。

強がりではなく、実際そこからの逆転勝ちって多いんですよ。

だって、テニスってそんな感じじゃないですか?

 

2.マッチポイントを逃す体験を、してもらう

もちろん、危険ではあります。

相手がマッチポイント、あと1ポイントで終わってしまう可能性もある。

でも、そのポイントを凌いでしまえば、実は果てしなく大きなダメ―ジを相手に与えることが出来る、のもテニスです。

実際に、試合の中でマッチポイントを取り切れないで、その先のタイブレークで7-9で負け・・・なんてケース、多いですよね。

要は、それくらいのことを相手にやらせるつもり、で良いんじゃないかなと。

試合前から、こういうことを考えておくのも手です。

 

3.「握られた」じゃなくて、「握らせている」ということ

つまりは、アナタ自身が全てをコントロールしているということですね。

実際に、マッチポイントの相手を見てみて下さいよ。

楽しそう、嬉しそうな人っていますか?

「ここを取らないと・・・」と、何だか切羽詰まったような相手、多いじゃないですか。

そこに、アナタ自身がつけ入る隙があると私は思っています。

そう考えているだけで、実はテニスってすごく楽になる。

苦しんでもらうのは、あくまで相手ですからね。

 

4.実際に、どういうプレーが効果的?

相手のマッチポイント、どういうプレーが効果的でしょう?

これはもう、相手によりますね。

一発で仕留めに来るような相手もいれば、粘ってミス待ち、のような相手も多いでしょう。

私はいつも、その選手の傾向と、マッチポイントになる前にポイント、を思い出すようにしています。

ほとんどの人は、「その前と同じ作戦」で来る可能性が高い。

それくらい、相手も余裕が無いんですよね。

だからこそ、アナタ自身に必要なのは冷静さとしたたかさ。

相手にマッチポイント、握らせてから奈落の底に落としていくイメージ、でいきましょう。

 

もちろん、綺麗に握らせないで勝つこと、が一番ですよ。

でも、そんな試合そう多くないじゃないですか。

競った試合、タイブレークに入るような試合は、何度かマッチポイントは行き来する。

その準備として、どうでしょうか?

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!

関連記事

  1. テニス 雑記

    メンタル

    テニスノートは「試合後よりも試合前」に書くのをお勧めする理由

    ベイビーステップでもお馴染み、テニスノート。自分の練習や試合で…

  2. テニス メンタル
  3. メンタル

    「自分の弱さを知らない」選手は、いつまで経っても強いテニス選手にはなれない

    アナタは、自分をどんな人間だと思いますか?少し大きなテーマにな…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    本当にテニスの試合に強くなりたければ、「真剣勝負の場数を増やす」ことを最優先に考えたい

    試合になるとラケットを振れない、サーブを置きにいってしまう・・・という…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で格上シード選手と戦うときに、一番の強敵は間違いなく「自分自身」です

    テニスの大会では、シード制度というものがある。テニス以外のスポ…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    人から盛り上げてもらえないと動けない、そんなテニス選手は強くなれない

    テニススクールで、よく見ていて思うんですが。コーチが一生懸命、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. サーブ

    サービスゲームの40-30でポーチに出ておく、ことがその先にもつながっていく
  2. テニス ストローク

    スマッシュ

    「身体の開きを抑えれば見違える!」テニスのスマッシュを安定させるコツ
  3. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの試合での逆転の常套手段、「相手の勝ちビビリ」を、絶対見逃すな!
  4. 戦術

    その他

    関東最大規模のテニスコート「大宮健保(けんぽ)グラウンド」で注意するべきこと
  5. テニス ガット

    メンタル

    試合に強いメンタルを養う為に、普段の練習で実践したいこと4つ
PAGE TOP