テニス チャンス

メンタル

マッチポイントは、一度相手に握らせらるくらいで良い

試合の中で、緊張しやすい人。

特に、相手のマッチポイントのような場面って、身体がガチガチになったりしませんか?

これも、ちょっとしたアイデアで私は変えていけると思いますよ。

大胆な発想ですが、これくらいで良いと思います。

マッチポイントは、一度相手に握らせらるくらいで良い

 

1.特に、タイブレークで必要な発想

例えば、試合が拮抗してタイブレークに突入。

この段階で、私はいつもコレを考えています。

「マッチポイント、を焦らない」と。

つまり、自分が先にマッチポイントを握らなくても、大丈夫。

むしろ、一旦相手に握らせるくらいで良いんじゃないかなとさえ、思っています。

強がりではなく、実際そこからの逆転勝ちって多いんですよ。

だって、テニスってそんな感じじゃないですか?

 

2.マッチポイントを逃す体験を、してもらう

もちろん、危険ではあります。

相手がマッチポイント、あと1ポイントで終わってしまう可能性もある。

でも、そのポイントを凌いでしまえば、実は果てしなく大きなダメ―ジを相手に与えることが出来る、のもテニスです。

実際に、試合の中でマッチポイントを取り切れないで、その先のタイブレークで7-9で負け・・・なんてケース、多いですよね。

要は、それくらいのことを相手にやらせるつもり、で良いんじゃないかなと。

試合前から、こういうことを考えておくのも手です。

 

3.「握られた」じゃなくて、「握らせている」ということ

つまりは、アナタ自身が全てをコントロールしているということですね。

実際に、マッチポイントの相手を見てみて下さいよ。

楽しそう、嬉しそうな人っていますか?

「ここを取らないと・・・」と、何だか切羽詰まったような相手、多いじゃないですか。

そこに、アナタ自身がつけ入る隙があると私は思っています。

そう考えているだけで、実はテニスってすごく楽になる。

苦しんでもらうのは、あくまで相手ですからね。

 

4.実際に、どういうプレーが効果的?

相手のマッチポイント、どういうプレーが効果的でしょう?

これはもう、相手によりますね。

一発で仕留めに来るような相手もいれば、粘ってミス待ち、のような相手も多いでしょう。

私はいつも、その選手の傾向と、マッチポイントになる前にポイント、を思い出すようにしています。

ほとんどの人は、「その前と同じ作戦」で来る可能性が高い。

それくらい、相手も余裕が無いんですよね。

だからこそ、アナタ自身に必要なのは冷静さとしたたかさ。

相手にマッチポイント、握らせてから奈落の底に落としていくイメージ、でいきましょう。

 

もちろん、綺麗に握らせないで勝つこと、が一番ですよ。

でも、そんな試合そう多くないじゃないですか。

競った試合、タイブレークに入るような試合は、何度かマッチポイントは行き来する。

その準備として、どうでしょうか?

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    0-6というスコア、テニスは恥を知る機会が絶対的に少ない

    テニスの試合、ほとんどの試合は1セットマッチ。早ければ30分く…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスというスポーツの怖さを、もう一度確認しておきましょう

    何度か書いてきたテーマですので、またか・・・と思う方もいるでしょう。…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    0-5まで追い詰められて、「吹っ切っていこう!」と思ったら、思い切って試してみたいこと

    相手も強いし自分の調子も悪い。色々思考錯誤してみたけど、どうに…

  4. テニス フットワーク

    メンタル

    多くの一般テニスプレイヤーが、自分を過小評価していることに気付いていない

    試合で結果が出る人、出ない人。ほとんど、実力差は無さそうでも、…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない人同士が試合をすると、こうなる」という典型的なパターン例4つ

    テニスの試合では、強い人同士が試合をするのは珍しくない。ですが…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合とはボールを打ち合うものではなく、主張と主張をぶつけ合うもの

    テニスの試合、何が面白いのか・・・。私は技術的なこと、よりも戦…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ロブ

    ロブ

    試合で使うロブは、もっと低い軌道で調整すれば試合で勝てる
  2. テニス サーブ

    サーブ

    試合に備えて積んでおきたい、サーブ&ボレーの基本練習5つ
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「回転系サーブを覚えよう」テニスの試合で使うにはグリップと身体の向きの調整を!
  4. テニス サイト

    その他

    テニス選手なら、「良いイメージの自分の動画」は常にスマートフォンに入れておこう!…
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの深さは、ネットのどの高さを通すかで調整しよう
PAGE TOP