テニス ストローク

シングルス

スライスで遠くのボールを凌ぐ、シングルスのストローク術5つ

シングルスの試合、これが出来ないとなかなか上に勝ち上がれない。

それなのに、なかなかきちんと練習しようという人は少ないですよね。

スライスを、実際にどう試合で使っていくのか。

男性でも女性でも使える、シングルスの「凌ぐ」ポイントについて考えてみましょう!

 

スライスで遠くのボールを凌ぐ、シングルスのストローク術5つ

 

1.バックハンドは背中を向けるくらいで良い

まず、一番大事なポイントから。

バックハンドスライス、で遠くのボールを触って返球する、ようなケースもあるでしょう。

ここで、シングルスの守備力が決まると言っても過言ではない。

この時に、しっかりと相手側に背中を向ける、くらいの意識でちょうど良い。

その方が、打点が後ろでも力が入るし、上から抑えることが出来る。

本当に厳しいボール、まで触ろうと思ったら、背中を向けることを意識してみて下さい。

 

2.フォアハンドスライスは、手首をしっかり固めること

バックハンドでもそうですが、まず相手に攻撃されて「まずい!」と思ったら手首を固める。

しっかりとコックして、遠くのボールに向かって走って、腕を伸ばす。

手首が固まっていないと、相手のボールに弾かれてしまうんですよね。

ラケットの先、はしっかり上を向くように立てる。

これだけで、相手の強打にも充分対抗出来るはずですよ。

 

3.しっかりと回転をかける

左右に振り回されると、当てにいくようなラケットの振り方、になりませんか?

これでは、守備が難しい。

しっかりと回転をかける、上から入ってスライス回転をかける。

回転量が多いから、ボールの速度がゆっくりになって時間も稼げるんです。

スライス回転、しっかりかけていくこと、が大事。

ラケットはしっかりと振ること、が守りのストロークでも大事です。

 

4.正しいポジションで守ること

例えば、ドロップショットが無いような相手ならどうでしょう。

少し下がり目、でも問題無いですよね。

前を使って来る相手なら、ベースラインの1歩後ろ、くらいが限界でしょう。

相手の特徴に合わせて、正しいポジションで守ること。

相手が打つ前に、自信を持って立てるかどうか、が守備でも肝になります。

 

5.クロスへのスライスストローク、を磨こう!

特にシングルスでは、これが鍵になります。

プロの試合でも、バックハンドスライスをクロスに返球、して態勢を立て直すケースは多いですよね。

クロスは深く打ってもインになる、非常に守備に使えるショット、コースですから。

バックハンドでクロスにスライス、しっかりと打てますか?

背中を向けたような状態からでも、しっかりラケットをボールの外側に入れてクロスへ運ぶ。

普段の練習から意識してみて下さい。

 

スライスストローク、で相手の攻撃を凌ぐ。

これがきっと、見落とされがちだけど大事な技術、ですからね。

スライスを使うこと、練習から実は少ないんじゃないですか?

シングルスの試合で勝ちたいなら、欠かせないポイントだと思いますよ。

ピックアップ記事

  1. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で求められるネットプレーは、より「相手のミスを誘う」要素が求められる

    シングルスの試合と、ダブルスの試合。特に学生の皆さんの試合だと…

  2. テニス リターン

    シングルス

    シングルスの試合、苦しければとにかくセンター深くに返球を

    シングルスの試合で、相手から押される苦しい場面。なぜか、こうい…

  3. シングルス

    シングルスの試合でストローク戦を優位に展開する、「バックハンドの前後揺さぶり」攻撃について

    シングルスの試合で、ストロークから相手を揺さぶる。色々と相手の…

  4. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、「クロスロブ」の精度を上げていこう

    シングルスの試合で、相手がガンガン前に出て来るタイプだったら・・・どう…

  5. テニス ストローク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのプレーで、「ネットプレーでラケットが視界から消える人」は、テイクバックが…
  2. テニス メモ

    メンタル

    「苦しみながら勝った試合」こそ、テニスノートに記して自分の財産にしていこう
  3. テニス メモ

    その他

    テニスノートの基本的な書き方について、ポイントは「客観性と具体性を盛り込むこと」…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合は、極論ですが「ブレイクされなければ、負けない」のは確かです
  5. テニス 序盤

    その他

    格上相手のテニスの試合では、「序盤の相手の様子見」を見逃してはいけない!
PAGE TOP