サーブ

シングルスの試合では、自分のサーブが攻略されるスピードも早い

シングルスの試合、どうもサーブの調子が上がらないと感じる方へ。

ダブルスだと調子が良い・・・と思っているのは、もしかしたらアナタの勘違いかもしれません。

だって、よく考えてみて下さいよ。

シングルスの試合は、1対1の戦い、な訳ですから。

 

シングルスの試合では、自分のサーブが攻略されるスピードも早い

 


 

1.2ゲームに1回は自分のサーブ

これがシングルスの試合、です。

ダブルスなら4ゲームに1回、ですよね。

それに、リターンも半分だから、実際にはアナタ自身のサーブをある人が受ける回数、すごく少ないんです。

シングルスの試合は、毎回自分がサーブを打って、相手も同じ。

すると、どうでしょう。

もう、お分かりですよね・・・相手が慣れるスピードは、ものすごく早い。

これがシングルスの試合、です。

 

2.リターンは変化させやすい、のがテニス

サーブはなかなか、試合中は変えられない。

もちろん、自分なりに安定感がある打ち方、で固定しているのがサーブですからね。

では、リターンはどうでしょう?

サーブと比べると、試合中でも試行錯誤して変更したり、相手に合わせたり、前に入ったり・・・と、割と柔軟に対応できますよね。

ここが、強みでもあります。

つまり、シングルスの試合ではこの部分で、サーブ側にハンディがあると私は思っています。

変えられないサーブを、何度も同じ相手に打っていく。

そりゃ、普通に考えたらしんどくなりますよ。

 

3.だからこそ、変化が必要なのがシングルスの試合のサーブ

つまり、自分から緩急をつけていかないと厳しいということ。

ファーストサーブをあえて緩く打ったり、セカンドサーブで速めに打ったり。

クイックサーブや回転を変える、ことも必要でしょう。

とにかく、相手に慣れさせないこと。

よほどのビッグサーブがあれば別ですが、そのビッグサーブの速さにだって、相手は慣れてくるのがシングルスの試合です。

自分から、どういう準備をして挑んでいけるのか。

シングルスの試合では、それが問われているんです。

 

4.もしアナタがリターン側の立場なら・・・

まず、強い相手との対戦なら、とにかく早く攻略する。

そして、攻略した素振り、を見せるようにしましょう。

リターンダッシュをしたり、攻撃的にセカンドを叩いて、相手にプレッシャーをかけていく。

そして、何か変化をつけてくることも予測して、自分からは崩れない。

こういう相手って、シングルスで強いと思いませんか?

サーブに慣れる、のを待たないで自分から前のめりで入っていく。

今、アナタに必要なのはこの姿勢だと思います。

 

シングルスの話でしたが、ダブルスは厳しいですよね。

リターンの回数、が何より少ないですから。

その中で相手のサーブを攻略していく、のは容易ではないでしょう。

シングルスの試合、は逆に攻略されやすい。

この心の準備があれば、練習で必要なもの、見えてきますよね。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. テニス ストローク

    サーブ

    緊張する場面で「しっかりサーブで顔を残す」こと出来てる?

    試合の終盤、緊張した場面でこそサーブの力は試される。自分を信じ…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブで身体が開いて安定しない」人は、肩にアゴを乗せてトスアップを意識してみましょう

    このサイトでもサーブのテーマについて、色々書かせて頂きましたが、やっぱ…

  3. サーブ

    今、急成長中の日本男子選手、「西岡良仁選手の強さ」をサーブの観点から考えてみる

    今年、全豪オープンを予選から突破し本戦入りを果たした西岡選手。…

  4. テニス ガット

    サーブ

    試合で良いサーブを打った後に、「次の攻撃に備えてグリップチョイス」が出来てますか?

    サーブからの攻撃、3球目でしっかりポイントが獲れる・・・。これ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブを安定させたいなら、ボールの回転の向きを斜めに変えてみよう

    今回は、スピンサーブの安定感について。私自身、高校時代にこの感…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    あるレベルを超えると、「試合の流れを断ち切るサービスエース」が打てる選手が増える

    テニスの試合、しっかり勝てる人は、こういう雰囲気を持っている。…

コメント

    • パセリ
    • 2018年 3月 09日

    はい! 肝に銘じておきます。
    普段から単調にならずに色々織り交ぜていきたいと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    メンタル

    試合での対戦相手だって、「ミスをする人間」ですから
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーは腕を伸ばす、のではなく「しっかり胸を寄せて」いこう!
  3. メンタル

    勝ちに執着しないと、次のステージは見えて来ない
  4. テニス 練習

    その他

    試合後の握手の場面、テニス選手としての器はそこに全て現れます
  5. ストローク

    「厚い握りでフォアハンド」プロテニス選手の技術で目がいきがちですが、実は・・・
PAGE TOP