サーブ

シングルスの試合では、自分のサーブが攻略されるスピードも早い

シングルスの試合、どうもサーブの調子が上がらないと感じる方へ。

ダブルスだと調子が良い・・・と思っているのは、もしかしたらアナタの勘違いかもしれません。

だって、よく考えてみて下さいよ。

シングルスの試合は、1対1の戦い、な訳ですから。

 

シングルスの試合では、自分のサーブが攻略されるスピードも早い

 


 

1.2ゲームに1回は自分のサーブ

これがシングルスの試合、です。

ダブルスなら4ゲームに1回、ですよね。

それに、リターンも半分だから、実際にはアナタ自身のサーブをある人が受ける回数、すごく少ないんです。

シングルスの試合は、毎回自分がサーブを打って、相手も同じ。

すると、どうでしょう。

もう、お分かりですよね・・・相手が慣れるスピードは、ものすごく早い。

これがシングルスの試合、です。

 

2.リターンは変化させやすい、のがテニス

サーブはなかなか、試合中は変えられない。

もちろん、自分なりに安定感がある打ち方、で固定しているのがサーブですからね。

では、リターンはどうでしょう?

サーブと比べると、試合中でも試行錯誤して変更したり、相手に合わせたり、前に入ったり・・・と、割と柔軟に対応できますよね。

ここが、強みでもあります。

つまり、シングルスの試合ではこの部分で、サーブ側にハンディがあると私は思っています。

変えられないサーブを、何度も同じ相手に打っていく。

そりゃ、普通に考えたらしんどくなりますよ。

 

3.だからこそ、変化が必要なのがシングルスの試合のサーブ

つまり、自分から緩急をつけていかないと厳しいということ。

ファーストサーブをあえて緩く打ったり、セカンドサーブで速めに打ったり。

クイックサーブや回転を変える、ことも必要でしょう。

とにかく、相手に慣れさせないこと。

よほどのビッグサーブがあれば別ですが、そのビッグサーブの速さにだって、相手は慣れてくるのがシングルスの試合です。

自分から、どういう準備をして挑んでいけるのか。

シングルスの試合では、それが問われているんです。

 

4.もしアナタがリターン側の立場なら・・・

まず、強い相手との対戦なら、とにかく早く攻略する。

そして、攻略した素振り、を見せるようにしましょう。

リターンダッシュをしたり、攻撃的にセカンドを叩いて、相手にプレッシャーをかけていく。

そして、何か変化をつけてくることも予測して、自分からは崩れない。

こういう相手って、シングルスで強いと思いませんか?

サーブに慣れる、のを待たないで自分から前のめりで入っていく。

今、アナタに必要なのはこの姿勢だと思います。

 

シングルスの話でしたが、ダブルスは厳しいですよね。

リターンの回数、が何より少ないですから。

その中で相手のサーブを攻略していく、のは容易ではないでしょう。

シングルスの試合、は逆に攻略されやすい。

この心の準備があれば、練習で必要なもの、見えてきますよね。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  3. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  4. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. サーブ

    サーブ&ボレー、良いサーブの時こそ集中力キープが大事

    並行陣に必要なサーブ&ボレー、みなさんどうでしょうか。ダブルス…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で勝ちたければ、「サービスごとのポイント獲得率」をしっかり意識しましょう

    試合に強い選手は、数字に強い。試合内容で自分が把握している数字…

  3. テニス メンタル

    サーブ

    セカンドサーブからのポイント獲得率は、50%で良い

    自分の試合を、しっかり客観視出来ている人。それは、こういう目標…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合は、「4回に1回は自分のサーブ」だから・・・?

    ダブルスの試合、自分のサービスゲーム。これは、4回に1回、必ず…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    相手に読まれにくいサーブ、ってどんなサーブだろう?

    錦織選手の試合、惜しかったですね・・・。改めて感じたのは、「サ…

  6. テニス 構え

    サーブ

    「サーブを打つコースが決まらない・・・」ときに参考になる、相手のリターンポジションの大原則4つ

    サーブは苦手じゃないんだけど、特にコースは意識していない・・・という方…

コメント

    • パセリ
    • 2018年 3月 09日

    はい! 肝に銘じておきます。
    普段から単調にならずに色々織り交ぜていきたいと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    その他

    「引退」高校テニスを振り返ってみて
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「回り込みフォアハンド」を活かす為に意識したい5つのポイント
  3. テニス メンタル

    練習メニュー

    「おうちで出来る練習」は工夫次第でテニスの上達の助けになります!
  4. テニス フットワーク

    その他

    力強いストロークを打つ為に、「テイクバックは早く済ませて、更に身体をひねる」動き…
  5. Q&A

    Q&A「ダブルスの試合で、相手のジャッジがそれぞれインとアウトで分かれま…
PAGE TOP