サーブ

シングルスの試合では、自分のサーブが攻略されるスピードも早い

シングルスの試合、どうもサーブの調子が上がらないと感じる方へ。

ダブルスだと調子が良い・・・と思っているのは、もしかしたらアナタの勘違いかもしれません。

だって、よく考えてみて下さいよ。

シングルスの試合は、1対1の戦い、な訳ですから。

 

シングルスの試合では、自分のサーブが攻略されるスピードも早い

 

1.2ゲームに1回は自分のサーブ

これがシングルスの試合、です。

ダブルスなら4ゲームに1回、ですよね。

それに、リターンも半分だから、実際にはアナタ自身のサーブをある人が受ける回数、すごく少ないんです。

シングルスの試合は、毎回自分がサーブを打って、相手も同じ。

すると、どうでしょう。

もう、お分かりですよね・・・相手が慣れるスピードは、ものすごく早い。

これがシングルスの試合、です。

 

2.リターンは変化させやすい、のがテニス

サーブはなかなか、試合中は変えられない。

もちろん、自分なりに安定感がある打ち方、で固定しているのがサーブですからね。

では、リターンはどうでしょう?

サーブと比べると、試合中でも試行錯誤して変更したり、相手に合わせたり、前に入ったり・・・と、割と柔軟に対応できますよね。

ここが、強みでもあります。

つまり、シングルスの試合ではこの部分で、サーブ側にハンディがあると私は思っています。

変えられないサーブを、何度も同じ相手に打っていく。

そりゃ、普通に考えたらしんどくなりますよ。

 

3.だからこそ、変化が必要なのがシングルスの試合のサーブ

つまり、自分から緩急をつけていかないと厳しいということ。

ファーストサーブをあえて緩く打ったり、セカンドサーブで速めに打ったり。

クイックサーブや回転を変える、ことも必要でしょう。

とにかく、相手に慣れさせないこと。

よほどのビッグサーブがあれば別ですが、そのビッグサーブの速さにだって、相手は慣れてくるのがシングルスの試合です。

自分から、どういう準備をして挑んでいけるのか。

シングルスの試合では、それが問われているんです。

 

4.もしアナタがリターン側の立場なら・・・

まず、強い相手との対戦なら、とにかく早く攻略する。

そして、攻略した素振り、を見せるようにしましょう。

リターンダッシュをしたり、攻撃的にセカンドを叩いて、相手にプレッシャーをかけていく。

そして、何か変化をつけてくることも予測して、自分からは崩れない。

こういう相手って、シングルスで強いと思いませんか?

サーブに慣れる、のを待たないで自分から前のめりで入っていく。

今、アナタに必要なのはこの姿勢だと思います。

 

シングルスの話でしたが、ダブルスは厳しいですよね。

リターンの回数、が何より少ないですから。

その中で相手のサーブを攻略していく、のは容易ではないでしょう。

シングルスの試合、は逆に攻略されやすい。

この心の準備があれば、練習で必要なもの、見えてきますよね。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. サーブ

    サーブの安定感は「真似する」ところから!プロテニス選手の打つ前の動作を観察して分かること

    サーブが良い、自信のある選手はその「構え」にオーラがあります。プロ…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合のサービスゲーム、「0-40からキープに繋げるために」必要な準備と心構えとは?

    試合の流れを大きく変えるのは、0-40からのキープのような我慢でゲーム…

  3. テニス 練習

    サーブ

    ファーストサーブをネット、から全て崩れていく

    ファーストサーブを、パサッとネットする。何気ない光景のようです…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    「両手両足を動かさないサーブ」のメリットを考えてみると、アナタのサーブは改善できる!

    ジョコビッチ選手のサーブ、正直地味ですけど抜群の安定感がありますよね。…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    安定感の無い選手のほとんどが、サーブに力を使い過ぎている気がします

    サーブに皆さん、どの程度力を使っているでしょうか?「大事なショ…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    安定したセカンドサーブを打つには、「小指から振り出していく基本」を確認して練習すること

    サーブを安定させるときに、意識したいポイントとして「振り出していく指」…

コメント

    • パセリ
    • 2018年 3月 09日

    はい! 肝に銘じておきます。
    普段から単調にならずに色々織り交ぜていきたいと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. ダブルス

    ダブルスの試合、ペアとの話し合いは「事実確認、背景予測、対応提案」の順で考えると…
  2. テニス サーブ

    ストローク

    ウィンブルドンの前に確認しておきたい「テニスにおけるスライスのメリット」5つ
  3. サーブ

    サービスゲームの40-30でポーチに出ておく、ことがその先にもつながっていく
  4. テニス メンタル

    その他

    テニス部を「引退」していく学生の皆さんに、私から伝えたいメッセージ
  5. テニス チャンス

    戦術

    試合の緊迫した場面で、「相手が取りに来るポイント」を感じよう
PAGE TOP