テニス ダブルス

リターン

優れたダブルスプレイヤーは、同じリターンを3回連続では打たない

ダブルスが上手い選手は、リターンが上手い。

これは、何度か書いてきましたが、みなさんイメージ出来ますか?

「でも、具体的にどんな感じ?」と疑問に感じる方は、まずこれから始めてみませんか?

試合で、一本調子にならない。

強いサーブ相手でも、常に先手を取る。

これは、ちょっとした法則を実践するだけで、きっとアナタにも出来るはずです!

 

優れたダブルスプレイヤーは、同じリターンを3回連続では打たない

 

1.3回同じリターン、絶対に打たない!

3回目、を意図的に変える。

いや、2回目かも知れないし、もっともっと、パターンがあるかもしれない。

クロスへも速いリターン、遅いリターン、ストレートロブも、スライスとスピンを使い分ける。

細かいですが、リターンの種類がすごく多い。

こういう選手は、全て意図的にプレーしてるんですよね。

3回連続、同じリターンは打たない。

だから相手もリズムに乗れないし、サービスゲームが崩れていく。

すごく頭脳的な戦い方、だと思います。

 

2.相手が慣れる前に、変えるのが大事

リターンは、ダブルスなら2回に1回。

試合の中盤、になればもう相手は慣れて来ます。

サーブ&ボレーが得意な相手なら、「大体、この辺にリターン来そうだな・・・」と思って、予測を立てる。

そこで、予測通りのリターンを打ってもやられるだけ、ですよね。

リターン巧者のダブルスプレイヤーは、そのあたりをよく分かっている。

自分から、どんどん変えていく。

そのイメージが、3回同じリターンを絶対に打たない、ということなんです。

 

3.自分から散らしていく、リターンが効果的

私も、このイメージです。

どんどん、リターンは「散らしていく」ことが大事。

無意識だと、どうしてもクロスへのリターンが一本調子になる。

ポーチにも出られるし、サーブ&ボレーもやりやすい。

リターンの実力は、そのバリエーションを見ればすぐに分かります。

出来るだけ序盤に、散らして手数を見せておく。

こういう意識があれば、アナタもどんどんリターンが大好きになっていきますよ!

 

4.リターン、大好き!と声に出していこう

散らしていくリターン、が身に付けば、相手を翻弄出来る。

「リターン、面白い!大好き!」と思えるようになる、良いきっかけになるでしょう。

サーブを受け止める、苦しいものと考えるのは、もったいないですよ。

特にセカンドサーブなんて、実際チャンスだらけじゃないですか、試合では。

どんどん自分のコース、ショットの回転、バリエーションを磨いて散らせる武器を持っておく。

この意識は、初心者の方でも大事ですよ。

受け身でいても、リターンは嫌いになって苦手になるだけ。

「リターン、大好き!」と小さくつぶやいて、テニスノートにも書いてみて下さい。

きっと、変わりますから。

 

実際に、リターンって面白い。

色々出来る、と思ったら面白くなるんです。

バリエーションが少ないと、辛いし悲しい。

もっと、創造的にプレーしていきましょうよ、相手サーブの場合はアナタのリターンから試合は始まるんですから。

試合がグッと、面白くなるはずですよ。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス リターン

    リターン

    「左利きのサーブが苦手…」な人に贈る、すぐできるリターン意識改革術

    「左利きのサーブにやられた!」そんな経験、ありませんか?でも後…

  2. リターン

    ダブルスのリターンダッシュ、からの並行陣は必須の戦術です

    ダブルスの試合のリターンゲーム。みなさん、どういう戦い方がメイ…

  3. テニス サーブ

    リターン

    テニスの試合の現場では、「振り遅れてエース」になった時こそ堂々としていよう

    「やばっ!」と思ったら、良いところに入った。リターンとか、結構…

  4. テニス ダブルス

    リターン

    パッと見遅いサーブ、に試合では気を付けろ

    強い相手のサーブは、必ず速い?いや、そんな感じでもないと思いま…

  5. リターン

    確実にクロスに返球する、リターンに必要な身体の向きについて

    リターンを確実にクロスに返す。この意識、よりダブルスで必要にな…

  6. テニス ストローク

    リターン

    片手バックハンドのリターンは、ココを意識すると上手くいく!

    バックハンドを片手にしてみたいけど、問題があって・・・。そう、…

特集記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの試合で「速いボールに対しても、安定感あるボレー」を継続する為に気を付けた…
  2. テニス ストローク

    戦術

    大事な試合でミスが続くときに、「触らない方がマシ」という風にだけはならないように…
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    後衛が攻撃するタイミングで、前衛は守備の意識を捨てていこう
  4. テニス ストローク

    その他

    テニスの団体戦って、「結局個人戦を複数回、やるだけでしょ?」という人に、物申す!…
  5. その他

    テニス選手だったら、「テニス語」を使って海外の人とも仲良くなろう!
PAGE TOP