テニス ストローク

ボレー

相手が打つ度に、「毎回蓋を開けてビックリ」の前衛だと、そりゃ勝てないですよ

ダブルスの試合、前衛で「落ち着いている人」いますよね。

すごく上手い・・・訳でもないけど、慌てないし安定感がある。

これが、ダブルスで強いんですよ。

逆に、毎回慌ててバタバタ、しているような前衛は怖く無い。

こっちのショットに、怯えているように映りますからね。

しっかりみなさんには、落ち着いた前衛、になって欲しいんです。

 

相手が打つ度に、「毎回蓋を開けてビックリ」の前衛だと、そりゃ勝てないですよ

 

1.弾丸が飛んで来るわけじゃない

テニスの試合、ですからね。

もちろん、当たれば痛いですけどね。

でも、前衛で相手のボールが当たる人って、「慌てている人」なんですよ。

ゆったり、落ち着いている人は、しっかりラケットが出る。

慌ててばかりの人は、身体から逃げていって、反応が後ろ向き。

別に弾丸が飛んで来る訳じゃない、ですから。

バタバタしている方が危ないし、結果的にポイントも取れないですよ。

 

2.蓋を開けてビックリ!は、恥ずかしいこと

例えば相手のリターン。

クロスかストレートか・・・予測の結論が出ないで、出たとこ勝負な前衛の人、多いですよね。

こんな「蓋を開けてビックリ」を毎回繰り返していると、疲れませんか?

自分も疲れるし、パートナーも疲れますよ。

テニスは人間がやっている競技、ですからね。

相手の心理を読んで予測する、その予測が外れたら、外れたなりの対応が出来れば良い。

毎回ビックリ!を繰り返している人って、試合向きとは言えないです。

 

3.ペアで動く「根拠」を作ろう

まず、ダブルスですから、しっかりペアでコミュニケーションを取る。

前衛の動きは、相手のリターンを予測して決めておきましょう。

リターン側、のときはリターンのコースを予測しておく。

そしてラリーの出だし、はある程度「想定通り」に進めていくこと、からですね。

自分たちで動く、その根拠を作れば「蓋を開けてビックリ」も少しずつ解消されていくでしょう。

どんなショットにも、選択の根拠は大事ですよ。

 

4.ネットプレーこそ、頭は冷静に

ネットに近いと、急に慌てる人多いですからね。

決める、決められる、は結果ですから。

しっかり自分で落ち着いて、相手を見る。

そして、相手が打つ瞬間には止まって構える、予測を終えておく。

ここまで、しっかり自分で意識しましょう。

ベースラインでは出来る人、もネットに出ると急に頭に血が上る。

もっと練習段階から、ネットに出る数を増やして身体も気持ちも慣れておくこと。

意識しないと、変わらないですよ。

 

5.最後に見るのは、相手のラケット面だけ

「でも、実際どこに来るのか分からないよ・・・」という方は、まずこの基本から。

ボールは、相手のラケットからしか飛び出して来ない。

だからこそ、ラケット面をしっかり見て、予測する。

ストロークなんて、ラケット面見えない、という方も多いでしょう。

シニアの方は、もしかしたら視力が追い付かないかも知れない。

でも、見る、と同時に感じることも出来る。

ボールの出所に意識を集中すれば、きっと身体は反応してくれますよ。

 

蓋を開けてびっくり、の人は、そもそも相手を見ていない。

ボールだけを見て、相手の全体像やポジション、癖やメンタルを考えていないだけでしょうね。

テニスって、ここが面白いんですよ。

蓋を開けなくても、「分かった!」というとき。

テニスの試合では、これが最高に気持ち良い。

ダブルスの前衛で、特に意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について

関連記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    逆クロス方向へのボレーは、「打点が前」だと打ち辛い

    ボレーはとにかく、打点を前に!これは、正しいようで、少し誤解の…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    試合の中でフォアハンドボレーの決定力が無い、と感じている人が意識したい5つのポイント

    フォアハンドボレー、試合の中で打つときには絶対にポイントを取りたい。…

  3. テニス リターン

    ボレー

    ボレーは「グリップの握り込むタイミング」で伸びが変わる!意識したいポイントは?

    ボレーに苦手意識がある人は、まずグリップの握るタイミングを意識してみる…

  4. ボレー

    ダブルスでポーチを決めたいなら、ジグザグフットワークでいこう!

    ダブルスの試合、なかなか前衛で活躍出来ないと感じている方へ。も…

  5. テニス シングルス

    ボレー

    広い守備範囲が求められるシングルスのネットプレーでは、「優先順位を付けて予測」が出来るようになりまし…

    プロテニス選手のシングルスの試合を観ていて、皆さんは何を感じますか?…

  6. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの試合で「速いボールに対しても、安定感あるボレー」を継続する為に気を付けたい、手首の角度とは?…

    安定感のあるボレー、試合で使えるようになると「ネットに出よう!」という…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス サーブ

    サーブ

    実は、右利きのサーブだって強力なんです
  2. テニス マナー

    サーブ

    テニスの試合で、「フットフォルトの反則に鈍感な人」は、今日からすぐに直しましょう…
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの試合において、「ダブルスでペアの連携力を高める」ことができるオンコートで…
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの試合ここ一番で、「ポーチをしっかり決め切る」には、ラケットヘッドを立て…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの逆クロスストロークは、「しっかり振り切る」から試合で使える武器にな…
PAGE TOP