テニス ストローク

戦術

大事な試合でミスが続くときに、「触らない方がマシ」という風にだけはならないように

これは、自分との闘いです。

ダブルスの試合、調子が最悪で自分が触ると失点する。

そうやって自信喪失してしまうこと、ありますよね。

これも、準備次第、発送次第で対策は出来る。

ダブルスの試合、絶対に誰でも通る道なんです。

 

大事な試合でミスが続くときに、「触らない方がマシ」という風にだけはならないように

 

1.特にミックスダブルスの女性、が陥りがちな病

ミックスダブルス、何とか女性に触らせようとするのは基本中の基本。

そこで、思い通りのプレーが出来ないと・・・試合の中で、「私は参加しない方が良いな・・・」と思い始めるようになる。

すごく気持ちは分かります。

でも、相手からすると「怖気づいてくれる」方が楽だし、触らないようにプレーするのはダブルスでは難しい。

2人、しかいないですからね、コート上には。

大事なのは、「触らないようにする」のではなく自分の「テリトリーをハッキリさせる」ことだと思います。

 

2.「この範囲に来たら触る」ことだけ、決めておく

例えば前衛なら、自分より外側、は絶対に触る。

センター寄りは、思い切ってパートナーに任せても良いでしょう。

自分のリズム、自信が戻ってくるまでは、最低限の自分の守備範囲を確認して、パートナーに伝える。

そして触ってミス、してしまっても、気にしない。

まずいのは、全く触らないで失点、失点と続くとき。

心配しなくても、試合の中盤から後半には調子が戻ってくるケースもある。

自分が出来ることをして、リズムを戻していくという意識は絶対に試合で大事です。

 

3.「今は我慢して!」とパートナーに告げて、自分にコミットする

私だって経験、たくさんあります。

調子が悪い、自分が触ったポイントで失点が続く・・・ときに、大事なのは我慢。

パートナーにも、「また戻ってくるから、センターはお願い」と正直に伝える。

ポイントは、「また戻ってくる」と自分でコミットすること。

試合中に、挽回する、自分を戻す。

テニスの試合、中盤以降で調子が戻ることもあるし、それはメンタル次第なことも多い。

「もう自分はダメだ・・・」と、試合の序盤で試合全体を投げてしまう人は、もったいないですよ。

 

言葉で書いてみると簡単ですが、実際はキツイですよね。

触っていつもミス、だったら、どうするのか。

こういう時って、思った以上に「自分だけがミスしている」ようなことも無い、ですよ。

思い込みが激しい人は、こういう病に陥りやすい。

もっと客観的に、俯瞰して試合を観る。

そして後半勝負、まで我慢する作戦でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    強い相手と試合が終わった後ほど、しっかりと強く握手して欲しい

    みなさん、試合後の握手。どんな感じでしてますか・・・?って、あ…

  2. 戦術

    テニスが上手い人のトスは、何が違うのか?

    サーブのトスが安定しない、そもそもどこが悪いのか分からない・・・という…

  3. テニス 緊張

    戦術

    いつの間にか、相手を助けるテニスになってない?

    試合の中で、気付かないうちに・・・って、多いと思いませんか?気…

  4. テニス 構え

    戦術

    ダブルスの試合、とにかく「相手前衛を避けよう」とは絶対に思わないこと

    ダブルスの試合、強い相手は前衛の存在感が凄い。ポーチはもちろん…

  5. テニス 準備

    戦術

    「失敗しても良いから」の言葉を、勘違いしてはいけない

    みなさんから頂いたアンケートを熟読させて頂いていて、一つの言葉が気にな…

  6. テニス 居場所

    戦術

    ラケットを振れなくなった段階で、試合を投げてしまう人が多過ぎ

    試合でビビって、ラケットが振れなくなる。これって、かなりの人が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス テニススクール

    ボレー

    「ココには速いボールが入ってくるな」と感じることが、ネットプレイヤーの第一歩
  2. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの前衛の選手は、「基本に忠実な動き」だけでは成長できない!自分で変化を付…
  3. テニス知識

    汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. テニス ボレー

    ボレー

    サービスゲーム、ポーチに出るなら…?
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「攻撃的で安定感があるボレー」を身に付けたいなら、軸足から踏み込んでタメを作るこ…
PAGE TOP