テニス ストローク

戦術

大事な試合でミスが続くときに、「触らない方がマシ」という風にだけはならないように

これは、自分との闘いです。

ダブルスの試合、調子が最悪で自分が触ると失点する。

そうやって自信喪失してしまうこと、ありますよね。

これも、準備次第、発送次第で対策は出来る。

ダブルスの試合、絶対に誰でも通る道なんです。

 

大事な試合でミスが続くときに、「触らない方がマシ」という風にだけはならないように

 

1.特にミックスダブルスの女性、が陥りがちな病

ミックスダブルス、何とか女性に触らせようとするのは基本中の基本。

そこで、思い通りのプレーが出来ないと・・・試合の中で、「私は参加しない方が良いな・・・」と思い始めるようになる。

すごく気持ちは分かります。

でも、相手からすると「怖気づいてくれる」方が楽だし、触らないようにプレーするのはダブルスでは難しい。

2人、しかいないですからね、コート上には。

大事なのは、「触らないようにする」のではなく自分の「テリトリーをハッキリさせる」ことだと思います。

 

2.「この範囲に来たら触る」ことだけ、決めておく

例えば前衛なら、自分より外側、は絶対に触る。

センター寄りは、思い切ってパートナーに任せても良いでしょう。

自分のリズム、自信が戻ってくるまでは、最低限の自分の守備範囲を確認して、パートナーに伝える。

そして触ってミス、してしまっても、気にしない。

まずいのは、全く触らないで失点、失点と続くとき。

心配しなくても、試合の中盤から後半には調子が戻ってくるケースもある。

自分が出来ることをして、リズムを戻していくという意識は絶対に試合で大事です。

 

3.「今は我慢して!」とパートナーに告げて、自分にコミットする

私だって経験、たくさんあります。

調子が悪い、自分が触ったポイントで失点が続く・・・ときに、大事なのは我慢。

パートナーにも、「また戻ってくるから、センターはお願い」と正直に伝える。

ポイントは、「また戻ってくる」と自分でコミットすること。

試合中に、挽回する、自分を戻す。

テニスの試合、中盤以降で調子が戻ることもあるし、それはメンタル次第なことも多い。

「もう自分はダメだ・・・」と、試合の序盤で試合全体を投げてしまう人は、もったいないですよ。

 

言葉で書いてみると簡単ですが、実際はキツイですよね。

触っていつもミス、だったら、どうするのか。

こういう時って、思った以上に「自分だけがミスしている」ようなことも無い、ですよ。

思い込みが激しい人は、こういう病に陥りやすい。

もっと客観的に、俯瞰して試合を観る。

そして後半勝負、まで我慢する作戦でいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 今年も半分が過ぎましたので、アンケートを実施させて頂きます
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    ラケットの先端を使うと意外と打ちやすい、技巧派ショット4選

    テニスのショットの技術の中で、「ラケットの先」を使うショット、実はたく…

  2. テニス メンタル

    戦術

    アナタのナイスショットは、相手にとってどうなの?

    結局、テニスはここなんです。相手にとって、どうなのか。…

  3. テニス メンタル

    戦術

    プレーに波がある人は、「上の部分」をコントロールしていこう

    試合中に良いとき、悪いときがハッキリしている人。なかなか試合で…

  4. テニス 練習

    戦術

    ミスが多い相手の雰囲気は、伝染する

    これは、実に怖い病気です。テニスの試合って、実は「伝染病」がコ…

  5. テニス メンタル

    戦術

    「急にテニスが上手くなる」日は、必ず来る

    みなさんの中にも、「急に強くなった人」いるんじゃないでしょうか?…

  6. テニス 練習

    戦術

    試合前に頭が真っ白になる人は、〇〇だけ決めて入ろう

    テニスの試合は、出だしが一番しんどい。ペースを掴めば、ある程度…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 戦術

    ストローク

    スライスストロークで相手を追い込むには、「相手に背中を向けて肩を入れる」くらいの…
  2. その他

    「あなたの労力数値、どれくらい?」テニスの試合を勝ち進むには、労力管理能力が問わ…
  3. テニス フットワーク

    フットワーク

    前にドロップショット、フォアハンドで拾うことが一番
  4. サーブ

    相手のセカンドサーブを正確にチャージ出来れば、「ダブルフォルトが増えて自滅」して…
  5. 戦術

    試合に出るからこそ、自分のテニスが見つかる
PAGE TOP