戦術

相手から時間を奪う、その打ち方は?

テニスの試合で勝ちたいなら、考えておきたいこと。

それは常に、相手から時間を奪うという発想です。

相手が戻る前に、オープンスペースを突く、動こうとしている相手の逆を突く。

それをどうやって、実践していくのか。

どういう技術が求められるのか、を一緒に考えてみましょう。

テニスの基本、という枠を取っ払ってしまう勇気も大事だと思いますよ。

まず有効なのは、ボレー

相手に近付けば、それだけで奪える

アナタ自身がネットに出て、ボレーをすればどうでしょう。

相手は、それだけで時間を奪われる。

ベースライン同士の打ち合いよりもテンポが上がる、気付かれないように前に出ることが出来れば本当に有効ですよね。

テニスコートは縦に長い、その特性を利用して相手との距離を詰める。

それだけで、実は試合で有効なプレッシャーって生まれるんです。

焦ってはいけない

何より、アナタ自身が前に出て時間を奪う時に、意識したいこと。

それは、焦らないということです。

ボレーにせよ、前に入って打つストロークにせよ「早く相手コートにバウンドさせたい!」とつい、焦ってしまいます。

そうなると手に力が入って良いショットも打てないし、ミスになる。

普通で良いんです、普通で。

時間を奪うということは、特別なプレーじゃない。

いつも通りのアナタのショットで大丈夫、ですよ。

徐々に、徐々に奪っていく

テニスの試合、特にシングルスではこういうイメージが大事。

一気に奪うんじゃなくて、時間は徐々に奪っていく。

息の根を止める為に、3回くらいは段階を踏む。

これくらいの意識で、楽にいきましょう。

相手が苦しくなっていく、自分はある程度安全にプレーする。

時間を奪うのは、徐々に、で良い。

一気に決めよう、と狙うと良いことは無いですから。

どういう打ち方が有効?

ストロークの体重移動、それは必須?

私は、前に入って打つ時には必要無いと思っています。

基本から逸脱しているように感じますが、後ろ足から前足を踏み込んで、体重移動をして打つ、と打点が落ちてしまいがち。

速いタイミングで前に入ってシンプルに打つ、為に必要なのはシンプルな打ち方。

パ、パ―ンと打つ感じで、重たい動作にならないことが大事。

どうでしょう、イメージ湧きますか?

ライジングショット、オープンスタンス

これがキーワード、です。

相手から時間を奪うなら、早いタイミングでシンプルに打てる打ち方、で相手コートに返したい。

打点も高い位置で、少しフラット気味で打てると相手も追いつくのが難しくなる。

しっかりと身体を使ったストローク、ではないかもしれません。

でも、今のラケットとガットなら私たち一般レベルでもこういった打ち方は出来る。

「何だよ、手打ちじゃないか」と思う方も、いるでしょう。

でもその手打ちの概念も、現代テニスでは変わってきていると私は思いますよ。

もう一つ、必要な技術

それは、決断力です。

相手から時間を奪って、このポイントを攻めるんだという意志。

この決断力が無いと、全ては上手くいかない。

逆に決断出来てプレーがハッキリ出来れば、実は焦らないんです。

焦る人は、決めることがそもそも出来ていない人ですから。

時間を奪って前に入って、自分から距離を詰めてポイントを取る。

この意志を強く持って、コートに入りましょう。

私たちの未来、がそこにある

パワーでも、強靭なフットワークでも無い。

時間を奪って駆け引きで相手をリードして、試合を制する。

何度か書いて来ましたが、これこそ私たちの未来のテニスだと思いますよ。

そこに必要なモノを、真剣に考えられるかどうか。

実践しては失敗し、それでも挑戦し続けた人が、気付くんです。

「あ、これで良いんだ」と。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道

関連記事

  1. 戦術

    テニスでも「ボールをキープする」という感覚が大事

    テニスは、相手から来たボールを打ち返す競技。サッカーやバスケ…

  2. テニス コントロール

    戦術

    テニスの試合に強くなりたいなら、「チャンスボールからのバリエーション」を意識しよう

    ナイスなコースにショットが決まって、「良し!」となる。でも、本…

  3. 戦術

    6割の力で試合を進める、ことに慣れよう

    試合に勝つ、そう意気込んで試合に入る。でも、いざ始まってみると…

  4. テニス 準備

    戦術

    リードしている相手だって、「実は苦しい」ことに気付けると、挽回の芽は見えてくる

    テニスの試合、リードして、されての繰り返し。つい、リードされた…

  5. 戦術

    ポジションを下げされたら、まず戻すボールを使おう

    テニスの試合で、大事になるポジショニング。試合の中では、どうし…

  6. テニス メンタル

    戦術

    「挽回っ!」という言葉だけ出す癖、負け癖への第一歩

    テニスの試合会場でよく聞く言葉。ダブルスの試合で、ペアと一番掛…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ドロップボレーが上手い並行陣プレイヤーは、強引に4アップの陣形に持ち込めば良い
  2. テニス メンタル

    戦術

    「見てないフリをして見ている」が効くから、テニスでは周辺視野が欠かせない
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、球速が遅くても決まるコースが必ずある
  4. テニス フットワーク

    フットワーク

    ラケットを先に出すと、人は走れない
  5. テニス メンタル

    メンタル

    ショットが入るかどうか、は重要な要素じゃない
PAGE TOP