ダブルス

上級者は並行陣、でも実際の試合では…?

テニススクールでも、上級クラスは並行陣。

これが基本の考え方ですよね。

でも、実際に試合ではどうでしょう?

確かに、並行陣で強いペアもいます。

でも、思った以上に多いのは雁行陣のペアじゃないでしょうか?

男子でも女子でも、ここでしっかり対策を取っておかないと試合では勝てない。

それこそ、若いストロークが強い選手を崩すには、苦戦しますからね。

 
 

雁行陣相手に、策はある?

どういう攻撃が出来るだろう?

相手が前に来ない、後衛がベースライン付近でストロークでプレーする。

この陣形を、どう崩していくのか。

みなさんの中にアイデアはありますか?

意外と、これって教わらないし試合でも気付けない。

何となく後衛同士のクロス半面でのシングルス、みたいな感じにならないですか?

テニスの攻撃の基本は、相手を動かすこと

私は、いつもこれを考えています。

相手を動かすことが、テニスにおける攻撃。

だったら、雁行陣の空いているスペース、を使うのが一番効果的。

後衛の前、それから前衛の後ろ、ですね。

ドロップショット、ロブが使えないと辛い

ただ、ストローク同士のラリーだけ、になるでしょう。

ドロップショットで相手後衛の前、ロブで相手前衛の後ろ、を狙っていく姿勢が大事です。

相手を動かすのが狙いなので、カバーさせて良い。

陣形を崩して、ミスを誘いながら連続で攻撃していく。

テニスコートには、相手も2人だけ。

だったら、4分割したら残り2つは空いていますから。

ここを意識して、雁行陣を揺さぶっていきましょう!



スピンだけのストローク、も危険

相手は絶対に、慣れて来る

若い方、学生の方と試合をすると感じます。

「本当に、スピン好きだな…」と。

確かに強力ですし、強いですし脅威にはなりますよ。

ただ、それも最初だけです。

スピンだけ、ならどんなに強力でも慣れて来ます。

そうなると、相手から「動かされる側」になるんです。

スライスを使うメリットは?

ペースを変える、というだけではありません。

スライスって、浅い、深いの打ち分けが出来る。

だから、ドロップショットも打ちやすいし深くも打てる。

ただ、ポーチに出られやすいですよね。

でも、スライスはロブだって同じフォームから打てます。

だから前衛の後ろ、もスライスで狙っておくとそう簡単にはポーチに出られないんです。

ここをしっかり意識出来ると、相手はすごく嫌ですよ。

スピンとスライスを混ぜて、相手を動かす

スピンだけのストローク、を卒業しましょう。

相手を動かす、その為にはスライスも必要。

後衛の選手も、回転が2種類あるだけですごくプレッシャーですしね。

みなさんも、試合でそうじゃないですか?

スライスが混ざって来るだけで、すごく嫌じゃないですか。

雁行陣、スピンのストロークで押していくだけ、では無理ですよ。

   

前衛は先に動く!に限る

相手に打たれる前に、動く

私も、試合では相手の前衛をガンガン狙います。

そこまで、ボレーが得意な人は少ないでしょうから。

ボレーが得意なペアなら、並行陣で来るだろうと。

雁行陣の前衛は、狙い目なんです。

だから、先に動くことを意識して欲しいんです。

ストレートに打たれる前に、ポーチに出てしまう。

こういう積極性が、先手を打つうえでは大事なポイントです。

動かされる側、にならないように

気が付けば、ロブを打たれストレートを打たれ…とならないように。

先に動いて、それを相手が嫌がってくれるように仕向けること。

前衛って、待ちの姿勢になりがちです。

雁行陣を崩すなら、前衛の活躍は欠かせない。

まぁ、抜かれても後衛はベースラインにいますから。

思い切って、どんどん動いていく方が良いでしょう。

雁行陣対策、イメージ出来ますか?

試合で相手が、雁行陣。

ここでどう、戦うかのイメージが大事です。

並行陣相手の練習ばかり、になっていると、試合では上手くいかない。

雁行陣の手堅い相手、をどう崩していくのか、プレッシャーをかけていくのか。

ぜひ、意識して準備してみて下さい。

雁行陣相手、に確実に勝てるペアこそ、トーナメントを勝ち上がれるんです。



意外と、並行陣慣れしてしまっているペア、多いです。

雁行陣相手だと、何をして良いのか分からない、というペアの人多いですよね。

テニススクールだけで練習していると、こうなりがちです。

雁行陣、手堅いですから。

ぜひ、準備して試合に挑んでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

関連記事

  1. テニス 部活

    ダブルス

    ダブルスの試合中に後輩を勇気付ける、先輩の一言集

    先輩とダブルスを組んで、試合に出る。学生ならよくあるシチュエー…

  2. ダブルス

    ポーチに動ける前衛は、この発想でプレー出来ている

    ダブルスの試合でポーチに出たい、だけどミスが怖い・・・というみなさん。…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで相手を騙す、長い打ち合わせの後に正攻法作戦

    ダブルスの試合、相手がちょっと長い打ち合わせをしている・・・。…

  4. ダブルス

    相手が「陣形を作ろうとするショット」を、見逃してはいけない

    ダブルスの試合、で特に大事な考え方。それは、相手に自分たちの得…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの基本、「本当に真ん中」を突くだけで・・・良いの?

    ダブルスの基本はセンター狙い。特に並行陣相手だと、結構意識して…

  6. テニス ダブルス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ポジショニング

    フットワーク

    ストロークが強力な相手にこそ、アナタは下がってはいけない
  2. テニス メンタル

    ダブルス

    前衛のポーチが簡単なのは、並行陣?雁行陣?
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスダブルスに必要な、「斜め後ろに下がりながらポーチ」を使える男性は強い
  4. テニス ダブルス

    メンタル

    今すぐテニス選手としてのメンタルを強くする方法
  5. テニス メンタル

    ストローク

    明らかな相手のチャンスボールを守るときには、「慌てずコンチネンタルグリップ」で守…
PAGE TOP