ダブルス

テニスにおいて、前衛は2種類しかいない

私が試合に出ていて、感じること。

ダブルスの試合、前衛って大きく分けて2種類しかいない。

この事実、アナタ自身もっと深く考えておくことをお勧めします。

自分は、どうなのか。

今日の対戦相手は、どうなのか。

2種類だけと思えたら、対策も立てやすいと思いませんか?

 
 

動く前衛か、動かない前衛か

自分で動くのか、動かないのか。

ボールを待つのか、後衛のボールまで奪いにいくのか。

大きく分けると、この2種類なんですよね、前衛って。

本人のスタンス、ペアの作戦、色々あるでしょうが、やはり前衛の動きってすごくテニス観が現れる。

動いて来る前衛は、プレッシャーをかけたいと必死だし、動かない前衛は慎重派。

もちろん出たり、出なかったりはあると思いますが、上のレベルになるとより特徴が鮮明になると思いますよ。



どちらが良い、という話ではありません

一概に、どちらが良い、という話ではありません。

例えば、完全に縦割りでプレーするダブルスもいますしね。

シングルスが好きな選手、強いペアが組むと、ハッキリとこうなりますからね。

プロ選手の試合では、こういうペアの方が試合で勝ち残ったりもします。

でも、この完全縦割り分業制で勝ち上がれるのって、個人のショット力が必要。

私たちが目指すのは、出来るだけ少ない力で相手にプレッシャーをかけて、良いプレーをさせないテニス、なはず。

そうなると、動ける前衛になった方が絶対に得ですよ。



一度なってしまえば、後は楽

正直、動かなくても相手へのプレッシャーになる。

試合の序盤にポーチに動いて、動ける前衛になったら、その後は動かないでも効果が発揮される。

「次はいつ、動いて来るのか・・・」と、気になるじゃないですか、相手も。

一度動ける前衛になってしまえば、後は楽なのがダブルス。

動かない前衛は、後衛への負担も大きい。

自分もその負担の大きい後衛でプレーする、というなら良いですけど。

私たちの試合は、1日に何試合も短時間でこなして、勝ち上がらないといけない。

そう考えると、動ける前衛方が私はお勧めです。

   

技術は後から、付いて来る

「よし!じゃあ来年はしっかりボレーを練習して、動ける前衛になろう!」と思ったら。

思い立ったら、まず動いてみる。

技術は後から付いて来ますし、工夫しながらカスタマイズ出来ますから。

そもそも、まず動くだけで良いんです。

足を動かして、ポジションを変えるだけなら、誰でも出来る。

あとは、本当にやるか、やらないか。

動ける前衛になっておけるかどうか、はアナタ次第です。



2種類しかいない、今日の相手はどっちだろう?

という確認から、まず入りましょう。

自分が動けるようになると、動いて来る相手だって怖く無い、気持ちが分かるようになります。

「プレッシャーかけようとしてるな・・・」と気付ければ、もうプレッシャーは半減しているようなもの。

ぜひ、試合の中で意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  4. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  5. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

関連記事

  1. テニス 戦術

    ダブルス

    ダブルスの並行陣では、「片方の選手が詰めたら、パートナーはT字まで下がる」ことでコートカバーを

    ダブルスの醍醐味、それって思い切って前衛が動けるところ、だと思います。…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ストレートを守っている相手」にこそ、ストレートを打っていこう

    ダブルスの試合で、一気に相手の雰囲気を悪くする。自分たちに流れ…

  3. ダブルス

    テニスの大会で上位を目指したい、並行陣のレベルアップ術7つ

    ダブルスの試合で、並行陣で戦いたい。そして、テニスの大会をし…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの後衛の選手、センターに戻り過ぎてない?

    ダブルスの試合、雁行陣の陣形で気になるパターン。特に、学生のみ…

  5. ダブルス

    横軸で見ると、ダブルスの穴は3か所ある

    ダブルスの試合で、相手のどこを狙うのか。基本的には、穴は3つあ…

  6. ダブルス

    挑戦企画は、こういうペアにお勧めです

    今年の9月から実施させて頂いております、佐藤・土居ペアに挑戦の企画。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ストローク

    「いつもは入っていたストロークが入らない!」のであれば、まずガットの状態からチェ…
  2. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    大チャンスなスマッシュでは、早く足を決め過ぎないこと
  3. テニス ストローク

    サーブ

    ボディへのサーブからのサーブ&ボレーは、基本の型
  4. テニス ストローク

    ストローク

    せっかくサーバーの相手を追い詰めているのに、「セカンドサーブを強打してミス」する…
  5. 戦術

    調子が悪いなら、動こうよ
PAGE TOP