その他

満たされないから、創造性は高まる

これって、まさに自分自身のことだと思います。

テニスを始めた中学生のころから、ずっと感じて来ました。

満たされないからこそ、考える。

考えるから創造性が高まっていく。

テニスも、まさにそうだと思いますよ。

 
 

運動が苦手、だから考えることが出来る

テニスを続けている、または最近始めたみなさん。

きっと、運動は苦手という方も多いでしょう。

私自身、苦手ではありませんでしたが、身体能力が高い訳でも無いし、ここまでテニスを続けて来れるとも思っていませんでした。

中学で入ったテニス部はコートも無く、高校もコートが無いテニス部。

でも、だからこそ工夫出来たし、考えることで打破して来たように思います。

満たされない環境って、大事なんだと。

私自身、すごく経験で感じます。

「環境に恵まれない」が、チャンスになる

全ては、自分次第ですが。

よく、試合で勝てない人が「練習環境が悪いから・・・」と、愚痴っているのを目にします。

こういう人ほど、環境が良くても変わらないですよ。

現状を憂いているだけでは、何もテニスは変わらない。

むしろ、環境に恵まれていないからこそ、チャンスなんです。

私たちの一般テニス、ベテラン、シニア、女子連のテニスにおいては、恵まれない環境の中でしっかり考えてテニスをする、ことで強くなれる。

そうやって強くなった力は、本物ですしね。

アナタ自身の、大きな財産になるはずです。

試合で勝つには、技術以上に必要なものがある

何でしょう、上手く言葉で言えないのですが・・・。

自立心やたくましさ、のようなものが試合の現場では必要です。

私も長く審判の活動をしていましたが、ここで差が出るんですよね、テニスの試合って。

ジュニアでも大人、全日本レベルの選手でもそうです。

結果が出ない選手に限って、実は環境は恵まれていたりするんです。

恵まれているから、自分で考えたり、工夫したりという創造性が養えない。

本人は、環境は恵まれているのに・・・と焦ってしまう。

こういう人、結構テニス界で多いですよ。

   


創造性は、形にしよう

考えたこと、工夫したことはやってみる。

そうすれば、また新しい創造の種になります。

考えているだけ、ではダメですよ。

考えたことは、何かしら形にしないと。

書いたり、人に話したり、試合でやってみたり。

そうすることで、アナタ自身の満たされない心は、力になっていきます。

そうなれば、もうテニス選手としては充分、自立出来ていると言えるでしょう。



自分で工夫して、創造力を身に付けた人って、たくましい。

試合の結果を、周りのせいにもしないですからね。

私たちのテニスの練習、試合の強さの根源は、この飢餓感にある。

当たり前のことは、当たり前じゃない。

私たちは、常にテニスが出来ること、対戦相手がいることに感謝していかないと、ですね。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス 睡眠

    その他

    「テニスの翌日に、疲労が抜けない・・・」という方に試して欲しい4つの方法

    テニス選手であれば、連日連戦・・・なんてこともある。疲労回復が…

  2. テニス ストローク

    その他

    テニス部における良いキャプテンの要素は、「チームの課題を創り出せる人」です

    良いキャプテン、リーダーって、どんな人物像をイメージしますか?…

  3. テニス 観察眼

    その他

    テニスにおいて、「ボールをよく見て!」と言われるけど、実際どれくらい見れば良いの?

    テニスやボールスポーツの基本は、ボールを良く見ることが何より大事と言わ…

  4. テニス メンタル
  5. その他

    「結果の出せるコーチであれ」試合で勝てるテニス選手を育成する為に

    テニスコーチを最初に始めたのは高校2年生の時なんだけど、当然それまでは…

  6. その他

    「自炊力を養おう」テニスを強くなるには、色々な力があると便利!

    選手にとって体調管理はとても大事なこと。そして体調管理の基本は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    深いストロークの、軌道の頂点はどこ?
  2. テニス ボレー

    フットワーク

    「いつも通りのショット」を打つ為に、必要なフットワークのポイント8つ
  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットプレイヤーを目指すなら、「軌道を見始めてウォッチ」する力は不可欠
  4. テニス ウェア

    フットワーク

    「身体が勝手に反応してくれた」ときの感覚は、テニスで大事にして欲しい
  5. テニス トレーニング

    メンタル

    テニスにおいて良い攻撃を続けていく覚悟は、10球連続でも足りないくらいです
PAGE TOP