テニススクール

ボレー練習、無意味なのはコチラ

普段の練習、本当に試合で使えるものかどうか。

結構、意識しないと見えて来ないですよ。

特に、ボレー練習。

あるポイントを間違えると、試合ではほぼ使わない技術ばかり練習してしまうことになる。

練習していても、強くはなれないしむしろ勝てないネットプレーになってしまうんです。

 

ボレー練習、無意味なのはコチラ

 


 

1.ネットに詰めて、つなぐボレストって・・・

一番多いのは、これです。

ボレー対ストロークの練習で、ボレー側がネットに詰めてつないでいる人。

みなさんの周りでもいませんか?

ネットが触れるくらい前に詰めて、ストロークの選手と打ち合っている。

恐らく、足下のボレーを打ちたくないんでしょう。

でも、どうでしょう。

試合でこういう場面ってありますか?

ネットに詰めて相手とつなぐって・・・有り得ないはず、なんです。

 

2.ネットに詰めたら、ラリーを終わらせないと

恐らく、試合ではこれが主体です。

ネットに詰めたら、ボレーで決める。

相手が触れないところに打って、しっかり決め切ることがテニスでは大事。

でも、ラリー練習でつなぐ癖がついていると、つい相手につなげたり「いる場所に打つ」癖が付いてしまいます。

ネットに詰めるって、特別な状況ですからね。

ここでつなぐ練習をしていると、試合では本当に危険なんです。

 

3.ネットに詰めてボレー、それって実力?

ネットに詰めて、ボレーとストロークでラリーをする。

これ、普通にやったらめちゃくちゃボレー側が楽です。

だって、足下のボールも無い、ロブも無い、ただミドルボレーかハイボレーしかない訳ですから。

ここまで限定されたら、そりゃ誰だって出来ますよ。

そして、それが実力だと勘違いする。

実際の試合では、ネット際に立ったら間違いなくロブが来ます。

普通のボレー何て、させてもらえないですよ。

しっかりネットから距離を取って、バランスの良いポジションでボレーで対抗しないと。

自分の実力を勘違いしている人は、結構多いです。

ボレーしやすい場所でボレーして、上手いと勘違いしている人。

それは、試合でまず勝てない人です。



4.バランスの良いポジションとは?

では、本来ボレーの為に立つ、バランスの良いポジションはどこでしょう。

基本は、サービスラインより1歩ネット寄り、くらいでしょう。

厳しいロブも取れるし、足下のボレーはハーフボレーでもさばける、ような場所。

自分の脚力を考えて、まずはロブを想定する。

そこから、カバー出来る範囲を計算して、ポジションを確保しないと。

練習しているようで、全く練習になっていないケースがほとんどです。

打ちやすい場所に立って練習、無意味です。

試合では、相手の打ちにくい場所を狙って相手は配球して来ますからね。

 

5.お勧めの練習法

まず、しっかりボレーで下がり目のポジションを取ること。

ボレー対ストロークの練習で、積極的にストローク側がロブを使いましょう。

ストレート半面、でラリーしていく中で、3球に1球はロブを使う。

相手を分からせてあげること、も練習の大事な要素です。

打ちやすい場所に打ち合う練習って、練習じゃない。

それは、ウォーミングアップ段階まで、でしょう。

 

テニススクールではコートの後ろをネットで仕切りますからね。

つい、前に立ちたくなるんですよ、ボレーの側が。

でも、ネットに詰めたらロブが来る、のが試合です。

そのロブをカバー出来るポジション、でしっかりボレー出来るようにしていきましょう。

 

■第3回 読者ミーティングを開催します!

今回のテーマは、「安定してキープにつなげる「サービスゲーム」とは?」です。

サーブにお悩みのみなさんのヒントに、少しでもつながるお話が出来ればと思いますので、参加をご希望の方はコチラよりお願い致します。

ピックアップ記事

  1. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス テニスボール

    テニススクール

    強くなりたいなら、テニススクールを居場所にしてはいけない

    テニススクールで、テニスを頑張るみなさん。ちょっとだけ持って欲…

  2. テニス ポジショニング

    テニススクール

    生徒を上達に導けないテニスコーチは、いつも自分の満足度最優先

    最近、すごくまた考えるんですが・・・。テニススクールって、テニ…

  3. テニス 部活
  4. テニス ダブルス

    テニススクール

    長所を探せる、テニスコーチになって欲しい

    皆さんの周りにも、きっとテニスコーチの方がいるはず。アルバイト…

  5. テニス 調子

    テニススクール

    「テニススクールに通いながら、試合に強くなる」為に必要な10の心得

    テニススクールで、本気でテニスを強くしたい、試合に勝ちたいと思っている…

  6. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールでは教えてくれない、試合で本当に使える4つの技

    テニスの試合で使える技、必ずしも練習で習得できるとは限らない。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    片手バックハンドストロークは、何を武器に戦っていこうか?
  2. 練習メニュー

    「皆で一緒にトレーニング」テニスの試合に向けて継続できる環境を創り出す!
  3. メンタル

    「順調に試合を運べていると感じたら、危ない」試合を勝ち切れない人は、最後の最後に…
  4. テニス 知識

    テニス知識

    「テニスをよく知っている」選手になる為に、何が必要?
  5. テニス ストローク

    シングルス

    意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン
PAGE TOP